動画

「ついにメトロイドが映画化!」と思うくらいにハイクオリティなファンムービーが登場してファン震撼


1986年にファミリーコンピュータ ディスクシステム用ゲームとして登場して以来、数々のシリーズ作品を生み出してきたSFアクションゲーム「メトロイド」は日本生まれのコンテンツですが海外でも強い人気を誇っています。そのメトロイドを題材に、アメリカの映像制作会社Rainfall Filmsが作成したファンムービーが「METROID:THE SKY CALLS」で、「映画化した!?」と目を疑うくらいにハイクオリティな映像になっています。

METROID:THE SKY CALLS // a Rainfall Films Intergalactic Odyssey - YouTube


星空に浮かぶ黒い影。


キラッと光る緑色のライトは宇宙船の光でした。


宇宙船の中には誰もおらず……


ただ過去に記録されたムービーが再生されているだけです。


モニターのひとつには「INCOMING BEACON SIGNAL(受信したビーコン信号)」とだけ表示されています。


その宇宙船の下には分厚い雲の層があり……


さらにその下には荒野のような土地。


そこに1体のパワードスーツがたたずみます。


このスーツの中にいる金髪の女性がメトロイドの主人公であるサムス・アラン。


何かの信号を受信してこの星にやってきた模様。


そうこうしていると……


急に体が浮かび上がります。


目の前に巨大な岩が接近しますが……


パワードスーツの右腕にあるアームキャノンからロンググラップリングビームを発射。


これを岩にくっつけて……


危機一髪で回避に成功。


そこで青く光る何かを発見。


宇宙船で検知していたビーコンはここから発信されているようです。


と言うわけで、さっそくアームキャノンで攻撃。


そして謎の遺跡の中へ。


外の荒れた土地とは異なり、遺跡の中は明らかに何かしらの手により開発されていることが分かります。


ここで急に宇宙船側に警告が表示され……


星に降り立ったサムス側でも扉が閉まり遺跡の外に出られなくなるというトラブル発生。


それでも遺跡を奥に奥に進んでいくことで、ようやく何かを発見します。


ビーコンはこの奥から発信されているようですが……。


パワードスーツを着たサムスではとても入れないような小さな穴に見えます。


すると、サムスの視界に「MORPH BALL ENGAGED」と表示され……


バシュっと小さな球状に変化。


「まるまり」ことモーフボールに変化することで小さな穴を抜けます。


そしてたどり着いた遺跡の最下層。


真っ暗で何も見えません。


アームキャノンで明かりをともすと……


謎の像が目の前に。


サムスと比較してもかなり大きめ。


その手には球状の何か。


「CHOZO SOURCE CONFIRMED」と書かれており、サムスの身に着けるパワードスーツなどを作った「鳥人族」に関係するものであることが分かります。


ここに手を当てると……


急に警告が表示され……


突然パワードスーツごと吹き飛ばされます。


パワードスーツの電源が落ちてしまったようで、サムスはかなり焦りながらスーツを起動させようとします。


すると、モニターに自分の映ったムービーが再生されて……


スーツも何とか起動。


すると急に、何かの座標が表示され……


座標に何かがそろうまでのタイムリミットが表示されます。


急いで遺跡を脱出するサムス。


しかし、遺跡の外ではどこからかぎつけたのか、スペースパイレーツが待ち構えています。


そしてついに戦闘開始。


アームキャノンからミサイルランチャーを発射して……


敵を撃退。


その後も激しい戦闘が繰り広げられるのですが……


ミサイルを撃ち尽くしてしまい万事休す。この後サムスが一体どうなってしまうのか気になる人は、ムービーで続きを確認してみて下さい。


「METROID: THE SKY CALLS」は2015年11月2日にアップロードされたのですが、わずか2日で58万回再生を突破し、現在もグングン再生回数を伸ばしています。YouTubeのコメント欄を見てみると「これはフルバージョンの映画にすべき」や「銀河一のスペースハンターのアナザーストーリーとしては非常に素晴らしいものだ」などムービーを絶賛する声が多数あがっています。なお、監督を務めたのはSam R. Balcomb氏、サムス・アランを演じたのはJessica Chobot氏、パワードスーツを着用したサムスはAmerica Young氏の動きをモーションキャプチャーすることで再現しています。

2013年の8月に同じく非公式に制作が進められていたファン作成の実写映画「Metroid : Enemies Within」がKickstarter上で制作資金を募集していましたが、こちらのプロジェクトは任天堂が著作権侵害を理由に申し立てを行ったことで中止となっています。

Official Metroid: Enemies Within Kickstarter Campaign - YouTube

・関連記事
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を現在の技術で作ったファンムービー「Project 2501」 - GIGAZINE

もし「スター・ウォーズ エピソード7」をジョージ・ルーカス監督が作っていたら予告編はこうなる - GIGAZINE

「ラブホテルを経営」「Wiiのセンサーバーはろうそくで代用可能」など任天堂に関する20の事実 - GIGAZINE

ゲームの歴史の中で最も撃破困難なボストップ10 - GIGAZINE

任天堂がファイアーエムブレムやメトロイドプライム最新作を発表 - GIGAZINE

涼宮ハルヒの憂鬱っぽい雰囲気のファン作成アニメーションムービー「Insert Title Here」 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii