デザイン

本物の「月」のような幻想的なランプを部屋に置いたりつるしたりできる「Luna」


「空に浮かぶ月を眺めることで疲れを癒やす」ということが、月が出ていない時でも行えてしまう幻想的なランプが「Luna」です。クレーターまで浮かぶリアルな見た目となっており、つるしたり置いたりすると、部屋の雰囲気を一気にがらっと変えることができそうです。

Luna: Bring the moon along with you | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/luna-bring-the-moon-along-with-you/

Lunaがどんなランプなのかは以下のムービーから確認できます。

Luna - Bring the moon along with you. - YouTube


「Luna」は月を部屋に置いているかのように見える幻想的なランプ。


こんな感じで天井からつるして部屋に月を浮かべることも可能。


ランプを消した状態だと普通のボールのように見えますが……


光を点灯している時は以下のように月の影が浮かび上がります。


あくまで美しさや幻想的な雰囲気を追求したランプなので、月面の影などは正確な科学に基づいてはいないのですが、子どものイマジネーションを刺激すること間違いなし。


ゆったりした空間を演出したり……


ロマンチックなデートの小物としても最適。コードの長さは約4mなので、広めの部屋でも好きな場所に置けそうです。


大小さまざまなサイズがあるので、部屋のメインのランプとしてや……


ナイトスタンドとしても使えます。


Lunaは台湾のブランド「ACORN STUDIO」によって、全て手作業で作られています。


素材はガラス繊維と非中毒性のラテックスを混合したもの。耐水・耐熱性を備えており、衝撃に強く、明るさは1~5ルクスまで調節できるようになっています。


大きさは、直径が3.2インチ(約8.1cm)のXXS、5.9インチ(約15cm)のXS、7.9インチ(約20cm)のS、11.8インチ(約30cm)のM、15.8インチ(約40.1cm)のL、19.7インチ(約50cm)のXL、23.6インチ(約60cm)のXXLの7種類。XXSはLEDランプと電池を使用したもので、XS~Mは28W・110VのE27型の電球を使用し、L~XXLgは42W・110VのE27型の電球を使用します。なお、XXS以外はいずれも明るさの調整が可能です。


LunaはクラウドファンディングプラットフォームのIndiegogoで目標額4万ドル(約480万円)を掲げて出資を募っていたところ、既に70万ドル(約8400万円)以上の出資を集めることに成功しています。当初はハロゲン電球を使用する予定だったのですが、出資が目標額以上に集まったためLED電球に変更され、さらに秘密のアクセサリーも付属するとのこと。


LunaをゲットするにはIndiegogo上で出資を行う必要があります。XXSサイズのLunaは既に品切れで、XSサイズLunaは150ドル(約1万8000円)、Sサイズは200ドル(約2万4000円)、Mサイズは305ドル(約3万7000円)、Lサイズは410ドル(約4万9000円)、XLサイズは610ドル(約7万3000円)、XXLサイズは875ドル(約10万5000円)でゲット可能となっており、いずれも全世界に発送されますが、別途送料がかかってくるので注意。


出荷までのスケジュールはこんな感じ。2015年12月に生産が行われ、2016年3月に第1弾のLunaが出荷され、第2弾は5月に出荷される予定です。


なお、締め切りは2015年11月1日となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
LED電球なのに音が出るソニーの「LED電球スピーカー」で実際に音楽を聴くとこんな感じでした - GIGAZINE

フィラメントの輝きと機能美を堪能できるデザインLED電球「Siphon」レビュー - GIGAZINE

電球内を液体シリコンで満たした冷却システム採用&光が290度まで広がるLED電球「SWITCH」を使ってみました - GIGAZINE

世界で一番エネルギー効率のいいLED電球「NanoLight」 - GIGAZINE

スイッチ一つで色を切り替えられる調色タイプLED電球3種を試してみました - GIGAZINE

1600万色以上のカラーを表現できるLED電球「Philips hue」であらゆる色に変えまくってみました - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.