動画

コーヒーを自宅で作る方法をまとめた「An Instant Guide to Making Coffee」


コーヒーの作り方には、インスタントコーヒーを溶かして作る方法や、カプセル式のコーヒーマシンを使うお手軽な方法から、ゆっくりと時間をかけて抽出する水出しコーヒーまでさまざまな種類があり、作り方にこだわるコーヒー好きの人もいます。そんな自宅でできるコーヒーの作り方をまとめたムービー「An Instant Guide to Making Coffee」が公開されています。

An Instant Guide to Making Coffee


まずはオーソドックスなドリッパーとマグカップが登場。


中挽き~細挽きのコーヒー豆をドリッパーにセットして、数回に分けてお湯を注ぎます。これは「プア・オーバー(pourover)」と呼ばれる作り方で、4分程度でコーヒーが完成します。


続いては、底の丸い三角フラスコの上に漏斗が合体したような形の「CHEMEX」のコーヒーメーカーを使う方法。中挽き~粗挽きのコーヒー豆をドリッパーにセットして、4分間かけてコーヒーを抽出します。


フレンチプレス」は、コーヒープレス機に粗挽きのコーヒー豆を入れて、お湯を注いでしばらく浸した後に……


フタをゆっくりと押し下げることで、豆に含まれるコーヒーオイルも一緒に抽出してオイル感を楽しむことができる抽出方法。


中挽き~細挽きの豆を使用して、フレンチプレスと同じくお湯に豆をしばらく浸した後に……


圧力をかけながら、紙製もしくは金属製のフィルターを通してコーヒーを抽出する方法が「エアロプレス」です。


コーヒーサイフォン(vacuum pot)」は中挽き~細挽きの豆を上部の容器に入れて、下部のフラスコには水を入れてアルコールランプで加熱します。


水が沸騰すると蒸気圧によってフラスコ内の気圧が上がり、お湯が容器の上へ移動してコーヒー豆と混ざります。


火を止めるとフラスコが冷えて気圧が下がり、コーヒーがフラスコへ下りてくるという仕組み。容器の中央部分にフィルターがセットされていて、豆が取り除かれて液体だけを抽出できるようになっています。ドリップ式に比べて時間がかかる作り方ですが、抽出時の香りが強いことや、独特な器具の形状などを好んでサイフォンを使う人もいます。


モカポット」は上下二段になったポットの下部に水を入れて、直火にかけて使用する器具です。


水が沸騰して蒸気が中央のフィルターを通り、コーヒーが抽出されるという仕組みです。


抽出後はポットを火からおろして、そのままコーヒーをカップに注げば完成です。


なお、ムービー中に登場するコーヒーの抽出方法は、以下のサイトで豆の挽き方からお湯の注ぎ方までムービーと写真付きで詳しく紹介されています。

Brewing Guide Learn To Brew the Best Coffee | Stumptown
https://www.stumptowncoffee.com/brew-guides

・関連記事
コーヒーを愛する人たちの物語と6通りのコーヒー抽出法がわかるショートムービー - GIGAZINE

コーヒーにバターをドボンと入れた「防弾コーヒー」など、予想外の材料で作るコーヒーのアレンジレシピ6つ - GIGAZINE

コーヒーを自宅でいれる時に陥りがちな7つの落とし穴 - GIGAZINE

コーヒーと仮眠の効果をいいとこ取りした裏技「コーヒーナップ」とは? - GIGAZINE

ポタポタ落ちる水で作る「水出しコーヒー」を専用のサーバーで淹れてみた - GIGAZINE

練乳入りがくせになるベトナムコーヒーが自宅で楽しめる「ベトナムコーヒーセット」を使ってみた - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by darkhorse_log