試食

濃厚な和栗ソースとあずきで和菓子とモンブランが融合したようなハーゲンダッツ「ジャポネ<和栗あずき>」試食レビュー


やさしい味わいの和栗アイスクリームと濃厚な和栗ソース、隠し味の塩が利いたこしあんソースなどを層のように重ね、本格的な和風甘味の味わいを表現したのがハーゲンダッツの「ジャポネ<和栗あずき>」です。2015年10月20日からセブン-イレブン限定で販売されるとのことだったので、実際に買って食べてみました。

和栗とアズキのぜいたくな組み合わせ ハーゲンダッツ『ジャポネ<和栗あずき>』10月20日(火)、全国のセブン‐イレブン限定で新発売
http://www.haagen-dazs.co.jp/company/news/2015/10/-1020-1.html

これが「ジャポネ<和栗あずき>」


種類は「アイスクリーム」で、原材料名には和栗ソース、あずき甘納豆、砂糖、和栗ペースト、こしあんソースなど。冒頭の「クリーム」がなければ和菓子を作っているのかと思ってしまいそうな素材が並んでいます。


パカリとフタを外し……


内ぶたをペリペリ剥がすと、アイスの上にはケーキのモンブランっぽい、和栗のソースがかけられていました。


アイスは和栗ソース・和栗アイスクリーム・こしあんソース・アズキ粒・赤糖の入ったミルクアイスクリームが層になっているとのことだっだので、まずは全ての層を一緒に食べてみます。


口に入れると、ハーゲンダッツ特有のリッチでコクのあるアイスクリームと一緒にモンブランの香りがふんわりと広がります。こしあんのソースは隠し味に塩が使われており、ほんの少しのしょっぱさがアイス全体の甘さを引き立てているようでした。赤糖のミルクアイスクリームと和栗アイスクリームはいまいち層の分かれ目が分からなかったのですが、一緒に食べると練乳のようなミルキーさを感じました。


試しに和栗ソースだけで食べてみると、舌触りはねっとりしていて、渋皮の味まで感じられ、かなり濃厚。量としてはそこまで多くないのですが、和栗の香りと味が圧倒的なので、アイス全体でも和栗の存在感が強く感じられました。


カップの底には小豆がごろごろ。小豆はやや堅めで食感が楽しめますが、かなり栗の風味が強いので小豆の味はほんのり感じる程度でした。


それぞれの層ごとに食べてもレベルが高いのですが、全ての層を一緒に食べることでワンランク上の和菓子のような仕上がりになるのが「ジャポネ<和栗あずき>」。少しの渋みや塩気を加えることにより、いつものハーゲンダッツよりも甘さを感じやすい作りになっていたので、コーヒーやお茶と一緒に食べると良さそうです。


なお、希望小売価格は税込383円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「きのこの山」とイタリア栗のモンブランアイスをこんもり盛ったスシローの秋のデザート「きのこの山のモンブランパフェ」を食べてみた - GIGAZINE

圧倒的栗づくしなスタバの新ドリンク「ロースト ナッティ チェスナッツ ラテ&フラペチーノ」を飲んできた - GIGAZINE

和栗・豆乳アイス・あんペーストなどの和菓子で秋を味わう「和栗のパフェ」をトラヤカフェで食べてきた - GIGAZINE

ほくほくカボチャを濃厚なモンブラン仕立てにした秋のデザート「もんぷきん」をコメダ珈琲店で食べてきた - GIGAZINE

創業130年を超える京都の焼き芋屋さん「丸寿」へ行ってみました - GIGAZINE

とろんと柔らかいもちソース&もち粉入りアイスが相性抜群な「和菓子アイス わ匙みたらし」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.