乗り物

メルセデス・BMW・プジョーに実際の燃費は公表値を50%も下回るという指摘


フォルクスワーゲンのNOx規制回避ソフトウェア問題のせいで、その信頼性が揺らぎつつあるヨーロッパ車に対して、「公表している燃費よりも実際には50%もパフォーマンスが悪い」という指摘が出されています。

Some Mercedes, BMW and Peugeot models consuming around 50% more fuel than official results, new study reveals | Transport & Environment
http://www.transportenvironment.org/press/some-mercedes-bmw-and-peugeot-models-consuming-around-50-more-fuel-official-results-new-study

ヨーロッパの交通環境問題に取り組む非営利団体Transport & Environment(T&E)は、世界の主要な自動車をテストして実走行時の燃費を計測し、メーカーが公表している燃費とどれだけ乖離があるのかを調査しました。すると、メルセデスベンツのAクラス、Cクラス、Eクラスには実測値と公表値との間に50%以上もの乖離があることが発覚。さらに、BMWの5シリーズ、プジョー 308なども40%以上の乖離があることが判明しました。


なお、フォルクスワーゲンの主力車ゴルフも約40%の乖離、BMWの3シリーズも約30%の乖離と、ヨーロッパの主要車が軒並み公表値からかけ離れた実測値が計測されたのに対して、トヨタのオーリスは20%を下回る乖離にとどまっています。


テスト環境などの違いにより、メーカー公表の燃費の値と実測値が異なることは多いものですが、相対的にヨーロッパ車の乖離が著しいのは明らかです。T&Eは、「今回の試験結果から、ただちにフォルクスワーゲンがNOx試験をくぐり抜けるために行った偽装プログラムの様な、消費者を欺くようなプログラムが使われていると言うことはできない」、としながらも、「フォルクスワーゲンの調査に乗り出したEUの各国政府はNOx排出規制だけでなく燃費と大きく関連性のあるCO2排出規制についても調査範囲を広げるべきだ」と述べています。

・関連記事
フォルクスワーゲンに約2兆円の罰金が科される排ガス不正を見つけた研究の内容とは - GIGAZINE

ガソリン1リットルで100km走れる「フォルクスワーゲン 1L」は2010年に市場へ - GIGAZINE

低燃費35km/l、価格80万円で2016年発売予定の二人乗り三輪自動車「Elio」 - GIGAZINE

空気抵抗を下げると車の燃費はどれくらい変化するのか? - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by logv_to