乗り物

小型の飛行機が自動車用の道路に突然あらわれ、そのまま着陸を断行するハプニングを収めたムービーが公開中


飛行機は滑走路に着陸するのが一般的な方法ですが、アメリカ・カリフォルニア州にある幹線道路に突如として小型の飛行機が飛来し、そのまま着陸してしまうというハプニングが発生しました。その様子を撮影したムービーが公開されています。

OCC plane lands on local road - Coast Report Online : News
http://www.coastreportonline.com/campus_news/news/article_68ba024e-617b-11e5-8c29-47fc1ef178b5.html

道路を走っていた自動車に取り付けられたドライブレコーダーが捉えた、ハプニングの一部始終を収めたムービーがコレ。

One small airplane landed on Red Hill Avenue, Irvine this evening. - YouTube


交差点を右折しようとして信号で停止した自動車。ここまでは特に変わりない光景ですが……


交差する道路を何かが横切りました。「ギュギュ!」という飛行機のタイヤが接地するような音も聞こえます。


そのままびゅーんと画面右へと消えていきます。


その様子に「!?」となったドライバーはそのまま右折し、後を追いかけると……


自動車用の道路では非常に違和感をおぼえる乗り物を発見。


他の車もあっけにとられたのか、ゆくっり走って近づいたりしながら小型機の横を通り過ぎていきます。どうやら見た感じにはダメージはなく、けが人などもいない様子。エンジントラブルによる不時着を行ったようです。


この飛行機が不時着したのは、カリフォルニア州アーバインにある「レッド・ヒル・アベニュー」という通りでした。ハプニングが起こったのは夕方の18時18分頃だったのですが、通りは帰宅ラッシュの時間帯だったので事故がなかったのは不幸中の幸いといえそう。


この飛行機は近くのコスタ・メサにあるOrange Coast Collegeの学生が操縦していましたが、トラブルが発生してすぐに同校の技術課の教官が操縦を交代したとのこと。教官はエンジントラブルが原因であると語っているのですが、機体は20飛行時間前に整備が行われたばかりで、前日の飛行でも全く問題はなかったとのことでいったい何が起こったのか判明していない状態だそうです。

乗っていた学生は、同校の「パイロットトレーニングプログラム」に参加して初めてのフライトだったとのこと。氏名は公表されていませんが、教官によると着陸直後はとても興奮した様子で、またすぐに飛び立ちたいと語っていたそうです。

・関連記事
車輪の出なくなったスピットファイアが胴体着陸する決定的瞬間 - GIGAZINE

切り刻まれた飛行機など、旅客機・軍用機のハプニングシーンが撮影された写真いろいろ - GIGAZINE

2機の飛行機が300km/hオーバーのランデブー状態で格納庫内を通り抜ける超絶フライトムービー - GIGAZINE

航空機の操縦席にみるユーザーインターフェース設計によるミス防止策とは - GIGAZINE

世界初の「ハイブリッド飛行機」を可能にする飛行機用モーターの開発が進行中、2015年には新たな実機テストも実施予定 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logx_tm