取材

デレマス×サガンの「スターライ☆鳥栖☆ステージ」で大量のプロデューサーがベアスタに降臨


佐賀県鳥栖市をホームタウンとするJ1所属のサッカークラブ「サガン鳥栖」と、ゲームにアニメに絶好調の人気コンテンツ「アイドルマスター シンデレラガールズ」がコラボしてグッズを販売したりイベントを開催したりしてサッカーの試合を盛り上げようというのが「スターライ☆鳥栖☆ステージ」です。つい数日前にiOS版アプリがリリースされたばかりの「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」を「これしかない!」という形で完璧にもじることに成功した同イベントですが、サガンティーノとプロデューサーは果たして相容れるのか、そして一体どんなイベントになってしまうのか気になったのでベストアメニティスタジアムに実際に行ってきました。

9/12(土)「スターライ☆鳥栖☆ステージ」イベント情報、グッズ販売のお知らせ - サガン鳥栖
http://www.sagan-tosu.net/news/info.html?seq=645

「スターライ☆鳥栖☆ステージ」は、2015年9月12日、26日、10月17日の計3回サガン鳥栖のホームゲームで開催されるイベント。9月12日は同イベントの初戦が、サガン鳥栖のホームスタジアムであるベストアメニティスタジアム、通称ベアスタで開催されました。


最寄り駅はJR鳥栖駅。博多駅から電車で20分程度で着きます。


駅を出た右手に歩道橋があるのでこれを渡ると……


歩道橋の途中でベアスタを発見。


アップで見るとこんな感じ。国内ではそれほど多くないフットボール専用スタジアムで、収容人数は2万4490人。


ベアスタは駅から徒歩1、2分という駅近にあるのでアクセスはかなり良さげ。


スタジアム前には当日の対戦カードや案内図がありました。


試合開始の4時間以上前に到着しましたが、既にスタジアム周辺には複数のサポーター&屋台。


スターライ☆鳥栖☆ステージのポスターもいたるところで発見しました。


「イベントはまだだけどコラボグッズはもう売られているハズ……」ということでスタジアム周辺をぐるぐるしていたところ、スタジアムの隣にある公園の……


端っこで物販を発見。グッズ販売は10時からスタートしており、11時30分にはいったん落ち着いたとのことで、15時前に向かった際はこんな感じですぐにグッズを購入できる状態でした。


イベント初戦ではコラボグッズが全部で6種類販売されていたのですが、中でもタオルマフラーは完売していました。なお、缶バッジAセットは事後物販が決定しています。


「コラボイベントといえばコラボユニフォーム!」ということで、同イベントのコラボユニフォームTシャツはこんな感じ。


表面は普通のサガン鳥栖ユニフォーム。背番号は「サガンティーノ」と呼ばれるサガン鳥栖サポーターの背番号である「17」です。


背面にはシンデレラプロジェクトのロゴと、島村卯月、渋谷凛、本田未央、赤城みりあ、緒方智絵里、城ヶ崎美嘉の6キャラクターのいずれかの名前が入っています。ぱっと見は普通のユニフォームと同じような見た目で、アニメファンも周りの目を気にせず着用できそうなデザインになっています。


他にも、イベント限定で販売されたCD「青空エール」のサガン鳥栖仕様オリジナル差替えジャケットや……


A4クリアファイルは4枚セットなどがありました。


同公園内ではサガン鳥栖イレブンの等身大パネルと記念撮影できるスペースがあったり……


芝生の上で試合が待ちきれずサッカーをしているサガンティーノがいたり……


子ども向けのキックターゲットがあったり……


行列のできる屋台で腹ごしらえしていたりとさまざま。


これはスタジアムの北入口。約1時間後、ここにものすごい列ができあがりますが、このときはのんきに「まだ全然人来てないし余裕かな」と思っていました……。


スタジアムのチケット売り場では当日券も販売しているので「急に無性にサッカーが観戦したくなった」という人の要望にもバッチリ応えてくれます。


この日の試合では当日券が試合開始3時間半前にスタートしました。


というわけでスタジアムに入るまではしばしスタジアム周辺をぶらぶらしていると、スタジアムから「スターライ☆鳥栖☆ステージ」限定CDの「青空エール」が流れてきました。

ベアスタで「スターライ☆鳥栖☆ステージ」限定CD「青空エール」が流れる - YouTube


徐々にサポーターが増えてきたので、コラボユニフォームを着用したプロデューサー兼サガンティーノの中から販売された6キャラクター全てを見つけられるかチャレンジしてみました。

島村卯月


渋谷凛


赤城みりあ


緒方智絵里、と4人分までは簡単に発見できたものの、本田未央と城ヶ崎美嘉のコラボユニフォームだけ行方不明なまま。


もしかすると物販の周りに購入したばかりのコラボユニフォームを着た人がいるかもと思って行ってみると、いつの間にか長蛇の列が出来上がっていました。


これはマッチデープログラムの販売列。マッチデープログラムは130円で購入できて……


これが当日販売されていたもの。マッチデープログラムの表紙を飾っているのは、サガン鳥栖のユニフォームを着たニュージェネレーションの3人でした。


そしていつの間にか北入口には入場を待つサガンティーノの長蛇の列が。これは列のほんの一部で、他にもいろんな場所に列ができまくりだったので、早めに並んでおくと好みの座席に座れそう。


列に並んでいる際にプロデューサー兼サガンティーノ×2を発見。


さらにさっきまで見つからなかった城ヶ崎美嘉と2度も遭遇。


そしてついに本田未央のコラボユニフォームも……!


ついでにコラボタオルマフラーも発見しました。


いよいよスタジアムに入場。入場時はチケットと一緒にカバンの中身をチェックしてもらう必要あり。


入場ゲートのすぐそばではコラボマッチオリジナルチケットを交換できます。


「スターライ☆鳥栖☆ステージ」では3試合全てでコラボマッチオリジナルチケットを購入&来場した人限定で、イベントのためにベアスタまで訪れてくれた大空直美さん、黒沢ともよさん、佳村はるかさんのサイン入りユニフォームTシャツが当たる抽選に参加できます。これは開幕戦の記念チケットと3枚分のチケットが飾れる台紙。


コラボマッチオリジナルチケットはこんな感じで、ここにもニュージェネレーションの3人。


台紙はこんな感じ。コラボチケットは1戦1戦異なるイラストが採用されるのでしょうか……?


チケットを引き替えたらスタジアムへゴー。


ベアスタはピッチに最も近いのが2階席と……


その1段上に設けられた3階席があります。


今回はぐるりとスタジアム内を回って……


メインスタンドの3階自由席へやってきました。陸上トラックのないフットボール専用スタジアムだけあって、ピッチまでの距離が非常に近く、3階席は「ピッチから近いのに俯瞰で試合を見られる」というステキ座席でした。


3階メインスタンドから見たサイドスタンド北側。ホーム側の最も濃い応援が行われるエリアです。


メインスタンドはこんな感じで、3階席は勾配が強くなっているので座席の間隔が狭いです。その代わり、前に座っている人の頭が視界に入ることもなく非常に快適に観戦できました。


メインの電光掲示板にも「スターライ☆鳥栖☆ステージ」の文字。


ピッチを見ていると、ゴール裏の電光掲示板に「アイドルマスター シンデレラガールズ」の文字を発見しました。


こんな感じで、ゴール裏の電光掲示板には時折「スターライ☆鳥栖☆ステージ」が表示されていました。


実際にどんな風だったのかは以下のムービーを見れば分かります。

「スターライ☆鳥栖☆ステージ」時のゴール裏電光掲示板 - YouTube


スタジアムに入ったのが17時頃で、17時50分にはアイドルマスター シンデレラガールズのキャラクターボイスを務める大空直美さん(緒方智絵里役)、黒沢ともよさん(赤城みりあ役)、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)による両チーム紹介&トークタイムがスタート。

イベントには3人がサガン鳥栖のユニフォームを着用して登場しており、その際に撮影した写真が大空さんの公式Twitter上にアップされていました。


最初に行われた両チームの紹介では、3人がそれぞれシンデレラガールズのキャラクターボイスでサガン鳥栖というサッカークラブにを紹介し、2015シーズンのクラブスローガンが「Next Stage~挑戦~」であることや、サガン鳥栖のマスコットキャラクターであるのウィントス君は佐賀県の県鳥である「カササギ(カチガラス)」であることなどを紹介。そして、「サガンティーノのみなさん、今日も大きな声で熱い声援を選手に送ってくれるかな~!?」と、サポーターを盛り上げてくれました。


その後、トークショーがスタート。トークショーではスタジアムDJがゲストの3人にサッカーにまつわる質問をしています。例えば「スタジアムでサッカー観戦した経験は?」という質問に対して、佳村さんは大阪出身なのでガンバ大阪の練習を見に行ったことがある、とコメント。さらに、実際にサッカーをプレイしたことがあるか聞かれ、黒沢さんは小学生の頃に休み時間にサッカーで遊んでいたことを明かしています。この質問に対して佳村さんは、学生時代にサッカーではなく柔道をやっていたことを明かし、会場を驚かせていました。また、大空さんは、名字がキャプテン翼の主人公と同じであることからよくサッカーに勧誘されたことを明かしています。

次の「サッカーするならどこのポジション?」という質問に対して、黒沢さんは「ドリブルとか苦手だしディフェンス!」とコメント。スタジアムDJの「サガン鳥栖に移籍してくれる?」という問いには、346プロをクビになったらお世話になります、と華麗に質問をかわしてまたまたスタジアムを沸かせました。同質問時には佳村さんがイベントのためにサッカーボール買って河原でキックの練習をしていることをバラされています。


そして「サガン鳥栖に対するイメージは?」という質問時には、佳村さん、大空さん、黒沢さんがそれぞれサガン鳥栖のことを独自で勉強してきたことが明かされます。特に、大空さんは18歳ルーキーでこの日の試合でスタメン出場を果たした鎌田大地選手に注目していることを明かし、会場を驚かせます。これに対して黒沢さんは、鎌田選手が自身と同年齢であることから大空さんと同じく注目していたことを明かしていました。対して佳村さんは、「スターライ☆鳥栖☆ステージ」に際してサガンティーノがデレマスファンに観戦時のアドバイスをしていたところを発見したらしく、サガンティーノは「なんと良いサポーターなんだ」と感じたそうです。

選手紹介とトークショーはあっという間に終わってしまったのですが、その間、スタジアムからは何度かゲストの名前を叫ぶ野太い声援があがっていました。

トークショーのあとはクラブの月間MVP発表や、両チームのキャプテンによる差別撤廃宣言、さらにはJリーグ通算300試合出場&4年連続15ゴールを達成した豊田陽平選手のためのセレモニーなども行われ、最後に佳村さん、大空さん、黒沢さんによるキックインで試合がスタート。

試合の途中で雨が降り出しましたが、サガンティーノの声援はほとんどなく、J1所属チームの一体感を味わわされました。


サガンティーノの応援時の様子は以下のムービーで見られます。

サガン鳥栖の応援 - YouTube


試合開始される頃にはスタンドはどこもかなり埋まっているように見えましたが、当日の来場者数は1万520人だったそうです。


試合は前半30分にサガン鳥栖が絶好機を迎えますが、シュートは相手キーパーに阻まれます。その直後には高卒ルーキーの鎌田選手がカットインからシュートを放ちますが、ボールはポストのわずか外でまたしても得点ならず。この瞬間はとても盛り上がった瞬間で、サガンティーノが鎌田選手に対して並々ならぬ期待感を抱いていることがとても伝わってきました。

また、ハーフタイムには「サガンティーナ」が青空エールでダンスを披露して会場を沸かせました。

サガンティーナがハーフタイムに「青空エール」でダンスを披露 - YouTube


両チームとも得点できないままに前半を折り返すと、後半は清水エスパルスに押し込まれる時間が増えます。しかし、サガン鳥栖の守護神であるGKの林選手が神がかったセーブを連発し、サガン鳥栖はなんとか無失点で試合を終えます。

試合のハイライトは以下から見られます。

【ハイライト】サガン鳥栖×清水エスパルス「J1リーグ 2nd 第10節」 - YouTube


ホームで勝ちきれなかったサガン鳥栖ですが、試合後はサガンティーノから温かい拍手が送られていました。


「スターライ☆鳥栖☆ステージ」に参加してまず感じたのは、「とにかくベアスタでのサッカー観戦は格別!」ということ。とにかく観客席とピッチが近く、試合の臨場感はハンパじゃありません。また、サガンティーノの応援も迫力があり、90分の試合を通してサポーターの声が鳴り止むことはなく、気付くと周りと一緒にチャントを口ずさんでしまうくらいでした。

イベントにゲストとして登場した黒沢さんもご満悦の模様。


そんなサガンティーノがアニメコラボイベントに対してどのような反応をとるのか不安と期待が入り交じった複雑な心境だったのですが、イベントが始まってみると老若男女のあらゆるサガンティーノが温かい声援と拍手を声優さんたちに送っており、佳村さんが言った通り「なんと良いサポーターなんだ」と強く感じました。

なお、スタジアム周辺をぐるぐる回っていると、コラボユニフォームを着たサガンティーノ兼プロデューサーな人たちにかなりの頻度で遭遇したので、イベントにつられて初めてベアスタを訪れた新参サガンティーノや、まさかのデレマスコラボイベント開催でこの日を今か今かと待ちわびていた古参のサガンティーノなど、既に多くのプロデューサーがベアスタにやってきていることは間違いなし。なので、「サッカー観戦したことないけど、イベントが気になる……」というプロデューサーは、一度スタジアムに足を運んでみると良さそうで、もしかするとサガン鳥栖の魅力に引き込まれてしまうかもしれません。

2015/09/27 9:45追記
2015年9月26日(土)に「スターライ☆鳥栖☆ステージ」の第2戦目が開催されました。

スタジアム来場者にはもれなくコラボ記念ポストカードが2枚プレゼントされました。


アップでみるとこんな感じ。イベントポスターなどのビジュアルに使用されているイラストを使ったポストカードです。


第2戦のコラボチケットはこんな感じ。今度は6人勢揃い。


また、アイドルマスター シンデレラガールズのキャラクターがサガン鳥栖のユニフォームを身にまとった姿でスタジアム周辺に降臨しています。


こんな感じでプロデューサーが記念撮影していたようです。


スタジアムの隣にある公園内に設置されたサガン鳥栖イレブンの等身大パネルの横に設置されていた模様。このカオスな感じがたまらない……?


今回も物販でコラボグッズが販売されたのですが、5000円以上購入した先着100名には「スターライ☆鳥栖☆ステージ」のポスターがプレゼントされました。


マッチデープログラムも1戦目とは異なるデザインに変化。


さらに、第2戦目でもゴール裏の電光掲示板に「スターライ☆鳥栖☆ステージ」が出現していました。

[サガン鳥栖] ベストアメニティスタジアム LEDピッチボード 「スターライ☆鳥栖☆ステージ」 - September 26, 2015 - YouTube


別アングルから。


なお、試合は0対1でヴァンフォーレ甲府が勝利。サガン鳥栖はホームで12試合連続勝ちなしと苦しい状況が続いているので、この辺りで心機一転して3試合連続で不発が続いている攻撃陣の爆発に期待です。

【ハイライト】サガン鳥栖×ヴァンフォーレ甲府「J1リーグ 2nd 第12節」 - YouTube


2015/10/18 9:00追記
さらに、「スターライ☆鳥栖☆ステージ」の最終戦が2015年10月17日に開催されました。

来場者全員に配れらた記念ステッカー。


3戦分のコラボチケットはこんな感じ。


「スターライ☆鳥栖☆ステージ」の3試合全てに参加してコラボチケット3種をそろえた猛者の中は、抽選で大空直美さん、黒沢ともよさん、佳村はるかさんのサイン入りユニフォームTシャツが当たる抽選に参加できました。


サイン入りユニフォームTシャツはこんな感じ。


最終戦のマッチデープログラム。


当然のごとくスターライ☆鳥栖☆ステージでスターライトステージをプレイし始めるプロデューサーもいた模様。


「スターライ☆鳥栖☆ステージ」の最終戦ではサガン鳥栖を盛り上げるガールズユニット「サガンティーナ」が青空エールを踊りました。歌はアイドルマスターシンデレラガールズに登場する佐賀県出身のキャラクター脇山珠美(CV:嘉山未紗)が歌っているバージョンです。

[サガン鳥栖] スターライ☆鳥栖☆ステージ 最終戦 マスコットグリーディング~サガンティーナが躍る♪ 青空エール - October 17, 2015 [デレマス] - YouTube


なお、試合は0対0の引き分けと悔しい結果に終わりました。

【ハイライト】サガン鳥栖×名古屋グランパス「J1リーグ 2nd 第14節」 - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「キャプテン翼」からサッカーの素晴らしさを教えてもらった世界中のプロ選手たち - GIGAZINE

世界最高の選手リオネル・メッシの何がすごいのかが統計的データ分析で明らかに - GIGAZINE

ガルパン・西住みほらが水戸ホーリーホックサポーターと「パンツァーフォー」する「アニ×サカ!!」第5戦目レポート - GIGAZINE

甘ブリ同様終了間際の10分間に超絶ドラマが待っていた「アニ×サカ!!」第2戦目レポート - GIGAZINE

なぜかスタジアム内に「結婚したい~」と四十独身女性の悲痛な叫びがこだまする「アニ×サカ!!」第4戦目レポート - GIGAZINE

世界中の17のスポーツリーグとJリーグや日本プロ野球を比較、観客動員数や給料額はどれくらいのレベル? - GIGAZINE

サッカーから暴力を根絶するためにブラジルで編み出された秘策とは? - GIGAZINE

in 取材,   動画,   アニメ,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.