ゲーム

スプラトゥーン海外勢が「日本人の名前を見たら逃げる」「日本人以外とプレイしたい」など、日本のプレイヤーの強さにビビりまくり

by doublecompile

弾の代わりにインクを発射して地面を塗りたくるシューティングゲーム「Splatoon(スプラトゥーン)」は海外でもリリースされており、全世界でイカしたバトルが繰り広げられているわけですが、海外勢が日本人プレイヤーのすさまじい戦いっぷりを目の当たりにして「日本人を見たら逃げたくなる」「日本人プレイヤーと当たるのはもうイヤ」とまで言い切ってしまう事態になっています。

Why Japanese Splatoon Players Are Feared
http://kotaku.com/why-japanese-splatoon-players-are-feared-1728427132


「日本人プレイヤーたちは20キルもしているのに、僕はたったの2キル……」というしょんぼりとしたツイート。

Japanese Splatoon players be like getting 20 kills and i'm just getting 2

— Kelvin Tran (@kelvinttran)

「システムが悪いのか何なのか、僕以外が全員日本人だった……」

did i like suddenly get worse at splatoon or is it just bc im playing at 1am and everyones japanese

— HE☆VENS (@hoshizukis)

「なんてこった日本人だ!逃げろ!」

CRAP IT'S THE JAPANESE! RUN!!! #Splatoon

— UR A KID UR A SQUID (@SquidkidTweets)

「日本人をスプラトゥーンから追い出してくれ」と、ぽろっと本音が漏れることも。

PLEASE REMOVE JAPANESE FROM SPLATOON

— G A Y Z E F (@therealzef)

「一体、日本のスプラトゥーンユーザーはいつ休んでいるんだ?」

When do the Japanese stop playing Splatoon?

— Callum Polak (@CallumPolak)

こちらは、どうやらおそろしく強いチャージャーが敵にいた様子。

omfg i found a japanese lets player play splatoon and hes a charger i havent ever seen such skill is2g what the hell om g

— The Mad Rabbit (@TheMadCarnival)

「どうして日本人のプレイはこうも物騒なんだい」「僕たちは、君や君のイカ家族を傷つけないっていうのに」と悲嘆のこもった連続ツイート。

WHO HURT YOU AND YOUR SQUID FAMILY

— pickles4nickles (@pockles4nockles)

これほどまでに日本人のスプラトゥーンプレイヤーが恐れられている理由は、単にプレイスキルが高いだけではなく、日本在住のプレイヤーは通信のラグが少ないため、有利にプレイを進められるのではないか、とKOTAKUは分析しています。

「日本人プレイヤーが嫌いなんじゃなくて、日本人プレイヤーがいることでラグが起こるのがイヤ」「日本から接続しているユーザーのせいで、対戦人数が2対4や1対3の不利なマッチングになることが多々あって許せない」

@ItsMeRe231 And the disconnections, I can never forgive you guys for how many 2v4 and 1v3 matches I've played - Love Re

— Re (@ItsMeRe231)

「スプラトゥーンの欠点は、地域ごとのマッチングができないこと、日本でプレイしているユーザーのみに有利なラグが起こること、アップデートでランク数が増えたこと」

「住んでいる地域ごとにユーザーを区切ってプレイできたらいいのに。ロビーに日本人があふれている状態に飽き飽きしてきたよ」

I really wish there was a way to play regional on #splatoon. sick of being the only one in a lobby full of Japanese players @NintendoAmerica

— Dave Nielsen (@dhniels)

「日本人プレイヤー以外と遊びたいって、いつも願っているよ……」

Just hope I'm not always playing with Japanese Inklings... #Splatoon #WiiUWeek

— Paul Asencion (@PaulAsencion)

「どうして俺はいまだに日本人プレイヤーに囲まれてスプラトゥーンをやっているんだ?日本人は誰も会社や学校に行ってないってのか?!」

@NintendoAmerica why am I playing with all Japanese #Splatoon players STILL??? Doesn't anybody go to work/school in Japan?!??!

— Whiskey Nixon (@TheWhiskeyNixon)

「この時間帯は日本人ユーザーしかいないから、たまに自分のプレイヤー名を日本風に変えたりしているよ」という猛者プレイヤーもいるようです。

I sometimes contemplate changing my Mii name to all Japanese characters just so I can fit in with other Splatoon players at this hour.

— Nicolo (@Nymo)

一方で、「スプラトゥーンでいいプレイができると、知らない日本人ユーザーからフレンド申請が送られてきてうれしい気分になる」と、肯定的なツイートも。

When you're doing so well on Splatoon that a random Japanese person sends you a friend request. I feel special.

— Quark (@SparkyQuarky)

「どうして日本人プレイヤーに対する不満が多いんだい?」という質問に対して、「スプラトゥーンのゲーム内に日本人プレイヤーが多すぎて、しかもプレイがうますぎるんだ」というツイート。

@GlitchDeity because there's a lot of them and they are good

— Chris Tansley (@ChrisTansley)

「日本人全員スプラトゥーンのプレイがうますぎ」

The Japanese as a nation are far too good at Splatoon

— CЯAIG THOMAS (@CraigThomas_)

「そういえば、どうして日本人ユーザーの名前は『ママ』や『パパ』が多いのか不思議だ」

I wonder if all the Japanese usernames on Splatoon are also mostly "Mom" and "Dad"

— Anthony V (@fascinated)

「なぜ日本人ユーザーはこんなに同じギアをそろえられるんだ?」

@Splatoon_FR on en parle des joueurs japonais super cheater avec tout des équipements avec les mêmes bonus ? pic.twitter.com/OqcFBKZC04

— pinpin25 (@wowpinpin)

「もうランク50に到達してしまった日本人を見つけた。すごい。脱帽」「彼らはもはや人間ではないんだ……」

@Dujnou1962 Ils sont pas humains. .-.

— R A Y (@Souverrain)

他にもTwitterで「splatoon japanese」などのキーワードで検索すると、海外のスプラトゥーンプレイヤーによるツイートを数多く見ることができるので、プレイに疲れた時にツイートを眺めながら息抜きするのもよさそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
複数人でスプラトゥーンをプレイする際に使えるボイスチャット「イカデンワ」 - GIGAZINE

スプラトゥーンのフェス勝敗をリアルタイムで推計してチームの勝率が分かる「イカフェスレート」 - GIGAZINE

無料で使えるスプラトゥーンっぽいフォント「イカモドキ」 - GIGAZINE

スプラトゥーンの名曲「シオカラ節」を初代ゲームボーイの内蔵音源で演奏したムービーが公開中 - GIGAZINE

スプラトゥーンの対戦モードをマインクラフト内で再現した猛者が登場、Wii Uがなくてもイカしたバトルが可能に - GIGAZINE

Wii Uナシでもスプラトゥーンっぽいイカしたインクバトルができるゲームまとめ - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.