ムービー

ドローンバトルの世界で恐れられる15歳の少年


日本国内でもメーカーや有志の取り組みによってドローンレースが開催されるなどしていますが、アメリカではまるでスポーツの1つのように、ドローンの戦いが繰り広げられています。いま、その戦いの中で、自分より倍ほども年齢が離れたライバルたちを前にして一歩も引かずに活躍している15歳に注目が集まっています。

Meet the 15-Year-Old Prodigy Dominating Drone Fight Club - YouTube


Meet the 15-Year-Old Prodigy Dominating Drone Fight Club (Video) | Re/code
http://recode.net/2015/08/18/meet-the-15-year-old-prodigy-dominating-drone-fight-club-video/

これが15歳の天才ドローン操縦者、カイル・エッティンガーさん。初めてドローンに触ったのは2年前のことだそうです。


この日は「Game of Drones」が主催したドローンバトルに参戦


5月16日にカリフォルニア州サンマテオで大会が開かれ、エッティンガーさんは新しい機体を投入しました。


このYouTubeのムービーでは、エッティンガーさんがこの戦いで繰り広げた20戦の様子がちょっとだけ確認できます。


ムービーの途中では、クパチーノにあるエッティンガーさんの家が登場。


家にはいろいろなドローンがあり……


カイルさんが今回の大会に向けて父親のゲーリーさんとともに新たなドローン「カーボン・クラッシャー」の制作を行っている姿も収められています。ちなみに、ゲーリーさんはシリコンバレーでエンジニアをしています。


Game of DronesのReiner von Weber氏はエッティンガーさんのことを聞かれて絶賛。


「危なげのない戦い方」なのか、エッティンガーさんの操縦するカーボン・クラッシャーはたびたび相手を負かしているらしいことがわかります。


ゲームが「eスポーツ」としてプロ化しているように、やがてはこのエッティンガーさんのような人がプロのドローン操縦者として、ドローンの世界をリードしていく存在になるのかもしれません。日本はeスポーツの発展が遅れていると言われているので、ドローン分野では遅れないようにしたいものですが……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ドローンが増水した川の濁流の中に取り残された少年2人の救助活動で大活躍 - GIGAZINE

ドローンが給仕するレストランが登場、導入を決定した単純明快な理由とは? - GIGAZINE

ドローンを使い愛娘の通学を追跡する父親が話題に - GIGAZINE

「ドローンハイウェイ」をAmazonが提案、高度61m~122mを時速111kmで飛行 - GIGAZINE

ドローンレースの実態をものすごい臨場感で見られるムービーが公開、問題を抱えつつ広がりを見せるレースの現状とは? - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.