ムービー

ターミネーターの世界がついに到来、人型ロボット「アトラス」がラボの外へ


蹴られてもめげない小型四足歩行ロボット「Spot」や、不気味すぎると話題の「ビッグドッグ」などを開発するボストン・ダイナミクスは、人工知能を搭載した人型ロボットの「アトラス」についても研究・開発を行っていますが、これまで研究所内でテストが行われていたアトラスが、ついに研究所の外へと持ち出されました。

Boston Dynamics' Atlas Robot Tested Outside - YouTube


ボストン・ダイナミクスのロボットはこれまで多くのテストを室内で行ってきました。ラボで使用されている四足歩行ロボットは扉は開けて……


部屋を出ていくことも可能。


人工知能を搭載した人型ロボットアトラスは、ラボに設置されたがれきの上なら難なく歩くことができました。


どんなに足場が悪くても転んでしまうことなく、移動を行えます。


横から見るとこんな感じ。


アトラスの歩行でポイントとなっているのが「バランス」と「力学」


人や動物は障害物がある足場の悪い場所では素早く動いて体を安定した状態にします。そこで、わざと石だらけのデコボコ道をアトラスに歩かせることでロボットにおけるバランスと力学の両方の側面を改良していったわけです。


また、アトラスに蹴りを入れたり重りをぶつけたりして……


バランスを取らせるというテストも行いました。


そしてラボでのテストを終えたアトラスはいよいよ外へ。


テッテケと森の中を走ります。しかし、かなり足取りはフラフラしており、YouTubeのムービーのコメント欄が「森で見た酔っぱらいはアトラスだったのか……」というようなコメントで埋め尽くされるほどでした。


草木をかきわけ……


フラットな道ではかなり安定した走りを見せていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
人工知能は核兵器よりも潜在的に危険、ホーキング博士が「100年以内に人工知能は人間を超える」と警告 - GIGAZINE

走行しながら障害物を認識して飛び越える驚異の技術を実現する四足歩行の「チーターロボット」が登場 - GIGAZINE

ロボットが人間の仕事を奪うことを示唆する3つの研究結果 - GIGAZINE

Amazonが倉庫ロボット1万5000台を導入し最大1000億円の人件費削減へ - GIGAZINE

人が乗って操作できる巨大ロボ「クラタス」にアメリカから挑戦状が届く - GIGAZINE

アメリカ横断に挑戦したヒッチハイクロボットが速攻でぶっ壊されたことが判明 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.