試食

ハンバーガー全体がべったり濡れている「モスのぬれバーガー ナポリタン風」を食べてきた


モスバーガーが2015年8月3日(月)から東京・神奈川で数量限定販売しているのが、「モスのぬれバーガー ナポリタン風味」です。「ぬれバーガー」というのは、トルコのファストフード店で売られている「ウスラック・ブルゲル」というバーガーをモス流にアレンジしたもの。限定品がなくなるまえに、食べに行ってきました。

ハンバーガー全体をソースに浸した斬新で新食感なハンバーガー『モスのぬれバーガー ナポリタン風味』~8月3日(月)から東京と神奈川限定・数量限定で新発売~
(PDFファイル)http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_150729.pdf

モスバーガーに到着。


黒板に「衝撃の新作」の文字。


ぬれバーガーは、バーガー全体をオリジナルトマトソースに浸しているとのこと。価格は単品で税込280円。


注文して5分ほどして品がやってきたのですが、まるでソースが飛び散っているかのような姿にちょっと驚き。


バーガー全体がトマトソースまみれ。これは包み紙から取り出して持ち上げるのは不可能どころか、包み紙の内側もソースでべったりしているので、どう包み紙を畳んで食べやすくするかに悩みます。


あまりにもベタベタだからか、包み紙は二重です。


バンズは米粉入りの白パン。


薄めのパティが挟まれていて……


パティの下にはスライスチーズ。


なんとか手が汚れないように紙を折りたたみ、ようやくバーガーにありつけます。全体をソースに浸していますが、バンズはもっちりとした食感を残したまま。オリジナルトマトソースは、すり下ろした玉ねぎやにんにくを炒めてケチャップやウスターソースで煮込んだものだとのことで、味わいはトマトの酸味だけではありません。「ナポリタン風味」という名前がついていますが、なんとなく「喫茶店のナポリタン」を思い出すような味でした。


食べ終わって袋の中を見てみると、思ったよりもソースの残りは少なめで、てりやきバーガーを食べた後の方がよっぽどソースが残ります。これは、おそらくバンズがソースをしっかりと絡め取っているため。


なお、ポテトを一緒に注文して、残ったソースやこぼれたチーズを絡めて食べるのはかなりアリです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
モス史上最高の高さを誇る東京タワー店限定「東京タワーバーガー」を食べてきました - GIGAZINE

モス史上初のピリ辛カレー味ソースを使った「カレーモスバーガー」や夏向けのひんやり冷たいデザート4種を食べてきた - GIGAZINE

肉じゃないのに肉っぽい「ソイパティ」でモスバーガーやテリヤキバーガーなどが食べられるようになったので全8種類を試食してきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.