メールの「絵文字」がハリウッドでまさかのアニメ映画化

By TaylorHerring

携帯電話やスマートフォンで使われる「絵文字」は、iPhoneやスマートフォンなどで採用されるなどして一気に世界中で使用されるようになり、現在では「Emoji」として親しまれています。そんな「絵文字」をメインテーマとした異色のオリジナル長編アニメ映画がソニー・ピクチャーズ アニメーションによりハリウッドで映画化されることが明らかになりました。

Emoji At Center Of Bidding Battle Won By Sony Animation; Anthony Leondis To Direct | Deadline
http://deadline.com/2015/07/emoji-movie-sony-pictures-animation-anthony-leondis-kung-fu-panda-secrets-of-the-masters-1201482768/


映画系ニュースサイトのDeadlineによると、日本発祥の「絵文字」をテーマにしたアニメ映画のオリジナル脚本の権利が、ワーナー・ブラザースパラマウントを含む3スタジオでオークションで争われ、ソニー・ピクチャーズ アニメーションがその権利を獲得したとのこと。

絵文字をテーマにしたアニメ映画の脚本は、TVシリーズ「Men at Work」などの脚本を手がける俳優兼作家であるエリック・シーゲルと、映画「カンフー・パンダ」の監督を務めたアンソニー・レンディスによる共同執筆となる予定で、アンソニー・レンディスは監督も兼ねる予定。今のところどのようなストーリーのアニメ映画になるのかはわかっていません。

なお、既に映画化しているレゴブロックとは異なり、「絵文字」はパブリックドメインなので使用料が発生しません。そのためDeadlineは、低予算でパブリックドメイン素材のハリウッド映画が作られることにより、今後多くのヒット作を生み出す火付け役になるかもしれない、と予想しています。

・関連記事
ハローキティがハリウッドで映画化、制作費200億円超の超大作になる見込み - GIGAZINE

レトロゲームのキャラクターたちが地球を襲う映画「ピクセル」予告編第2弾 - GIGAZINE

実写映画版「マインクラフト」の監督が誰になったのかが公式から正式発表 - GIGAZINE

スマホで使える絵文字に「ホットドッグ」や「タコス」などの食べ物がUnicode 8.0で登場 - GIGAZINE

スマホの絵文字には人種多様性が欠落しているという議論 - GIGAZINE

Twitterが「絵文字」に対応しPCでもツイート内の絵文字が見られるように - GIGAZINE

in 映画, Posted by darkhorse_log