ムービー

渋谷に超巨大怪獣が突如出現して超絶リアルなウルトラマンが街を大破壊しながら戦う円谷公式ムービー「ULTRAMAN_n/a」がすごすぎ


7月17日(金)昼過ぎに何の前触れもなく突如、YouTubeにある円谷プロダクションの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」にて公開された「ULTRAMAN_n/a」と名付けられたムービーがこれまでのウルトラマン像をひっくり返すぐらいのクオリティとなっており、ハリウッドで実写映画化されると言われても素直に信じてしまうほどのレベルとなっており、必見です。

ULTRAMAN_n/a - YouTube


いつもの渋谷からシーンは始まります


渋谷駅前


よく見るあの交差点


ハチ公前


右下にある空き缶にフォーカスが移動


意味ありげな空き缶


カタカタと謎の振動で揺れていき、地面に転落


空き缶が落ちる音を合図に飛び立つ鳩


何か大きな物音がして振り返る人々


その視線の先で突如として道路がめくれ上がって大量の土砂が舞い上がり、轟音とともに何かが出現、一斉に逃げ始めますが時既に遅し


大怪獣が出現、地下鉄をくわえて振り回して大暴れ


「IN A TIME OF DESTRUCTION(破壊の刻)」


ゆっくりとビルの間から、今まさに変身し、立ち上がって出現するウルトラマン


やたらリアルな骨格のある足


あおりで見上げていき、これまでにない超絶クオリティのありそうでなかったすごいウルトラマンを描写。筋肉のそこにある、という存在感が圧倒的。


「HE RETURNS(彼は帰還する)」


すさまじい重量感とカタマリ、分厚さを感じさせる大怪獣


対峙するウルトラマン


逆サイドのウルトラマンの足元から見上げる視点で、怪獣が迫り来るシーンなのですが、ウルトラマンの足や皮膚の表現がすごいクオリティになっており、圧巻。


とんでもない勢いで攻撃を仕掛けてくる大怪獣に、これまたすさまじい破壊力の蹴りを食らわせるウルトラマン。大地も空気も全てが振動。


大怪獣はその角を振り下ろし、真正面からずばっと受け止めるウルトラマン


角が緑色に発光、ジュジューッと何かが焼けるような音、追い詰められていくウルトラマン


間一髪で跳ね返したものの、衝撃波で吹っ飛び、後ろのビルに大激突、崩れ落ちるガラスの破片


「THE ULTIMATE BATTLE BEGINS(究極の戦いが始まる)」


大怪獣の懐へ一気に潜り込むウルトラマン


そのままなんと豪快に背負い投げ


吹っ飛ぶ大怪獣、粉々になっていく街


「7.7」


一体コレは何なのかというと、円谷プロの担当者いわく「現状では情報は非公開となっており、詳しいことはお答えできない」「公開した動画はファンに楽しんでもらうために製作したショートムービーである」「動画に登場するウルトラマンや怪獣は、今回のムービーのオリジナルキャラクター」「怪獣は「変身怪獣 ザラガス」をモチーフにしたもの」「動画の最後に表示される「7.7」の意味については、創業者・円谷英二の誕生日」とのことで、近年いろいろとハリウッドが日本のお株を奪ってすごいクオリティの怪獣映像を見せつけまくってきた「パシフィック・リム」「ゴジラ」に対抗できるものが作ろうと思えば、実は作れるのだ!というのを示した形になっています。

・関連記事
エヴァの庵野秀明氏が「ゴジラ」新シリーズの総監督・脚本を担当することに - GIGAZINE

ウルトラマンの変身シーンを生み出した男、「ゴジラ対ビオランテ」の川北紘一インタビュー - GIGAZINE

「パシフィック・リム」続編&アニメシリーズ公開決定、ギレルモ・デル・トロ監督の口から明かされる - GIGAZINE

「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」がとんでもないクオリティであまりにもそれっぽい完成度 - GIGAZINE

超巨大怪獣と超巨大人型ロボの戦闘シーンがこれまでにないほどド迫力なSF映画「パシフィック・リム」メイン予告編ムービー公開 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse