ムービー

「ミッション:インポッシブル」最新作で飛行機にしがみつくトム・クルーズはガチで本人だった


スパイ組織IMFに所属するイーサン・ハントを中心に華麗なアクションや最新スパイガジェット、さらには立ちはだかる敵との頭脳戦を描く映画「ミッション:インポッシブルシリーズ」の最新作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」が2015年7月31日から公開されます。主役のイーサン・ハントを演じるトム・クルーズは、前作で地球上で最も高いビルであるドバイのブルジュ・ハリファの外壁を走って移動したり、部屋からダイブしたりするシーンをスタントマンなしでこなしましたが、最新作ではそれを上回る考えられないようなシーンをスタントマンなしで演じており、その撮影風景が公開されています。

Mission: Impossible Rogue Nation - Stunt Featurette - YouTube


「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」の予告編では、イーサン・ハントが離陸する軍用機の扉にしがみつき、同僚のベンジーに「ドアを開けろ!」と必死に叫ぶシーンがありました。結局のところ、ドアは開かれずに軍用機はそのまま離陸してしまうのですが、このシーンはトム・クルーズ本人がスタントマンなしで演じているとのこと。


これが撮影に使われた軍用機。


撮影前に入念にチェックするトム・クルーズ。


「撮影前夜は一睡もできずに、そのまま当日を迎えました。大丈夫、何とかなるさという感じでしたね」


撮影当日のトム・クルーズ。「レッツゴー」というかけ声と共に撮影が開始されます。


撮影ではハーネスを装着。


眼球に何かをはめていますが、詳細は不明です。


スーツに着替えて撮影準備はOK。


トム・クルーズの前方にはカメラがスタンバイ。


ヘリコプターでも撮影を行っています。


撮影開始直前はサムズアップで笑顔のトム・クルーズ。


軍用機が滑走を始め、いよいよ撮影のスタートです。


すさまじい風に顔を上げることができません。


軍用機はどんどんスピードを上げます。


そして離陸。離陸した瞬間、トム・クルーズの足は翼を離れて宙づり状態に。


高度がどんどん上がっていき、見ているこちらまで怖くなっています。


最終的には滑走路の周囲が見渡せるほどの高度まで上昇しますが、トム・クルーズはドアをがっしりとつかんでいます。最新技術を駆使したCGやスタントマンを使えば低リスクで同じようなシーンを撮影できるにも関わらず、リアリティを徹底的に表現するために本人自ら挑むトム・クルーズには感服するばかり。なお、撮影は危険が伴うため1回だけになると想定していたそうですが、実際には8テイクも要したそうです。

・関連記事
トム・クルーズが軍用機にしがみついて飛び立つ「ミッション:インポッシブル 5」予告編公開、とんでもないアクション満載 - GIGAZINE

インド映画が誇るあまりにも非常識なアクションシーンいろいろ - GIGAZINE

物理法則を完全無視で一瞬たりとも目が離せない映画の名格闘シーンばかりを集めた「Movie Fight Tribute: Part 2」 - GIGAZINE

アクション・サスペンス・ホラー映画などの壮絶&滑稽な死亡シーンを集めたムービー - GIGAZINE

記憶に残るほど印象的な映画のオープニングシーンばかりを集めたムービー「The Art of the Opening Shot」 - GIGAZINE

ジャッキー・チェンのアクションスタント ベスト10ムービー - GIGAZINE

ハリウッド大作映画がどれも似てしまう原因となる台本作りの「公式」とは? - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse_log