動画

新生ジョーカーとバットマン再戦勃発?アメコミの悪者オールスターが大集結する映画「Suicide Squad」予告編


映画やゲーム、マンガなどで主人公となる正義を中心に話が展開する場合、その対極に位置するのが悪役キャラクターたちで、悪役とは言っても魅力がないと視聴者や読者の興味を引きつけ物語の世界に引き込んでいくのは難しくなります。世界中で絶大な人気を誇るアメリカン・コミックス(アメコミ)には魅力あふれる悪役キャラクターが大勢登場していて、そんな悪役たちが減刑と引き替えにチームを結成し極秘任務につくというぶっ飛んだ設定の映画「Suicide Squad」の予告編が公開されています。

Suicide Squad


「やつらをコントロールできると思っているのか?」


地下深くにある監獄。


監獄へ機動隊が乗り込みます。


何重にもなる格子のさらに奥深くに到達。


そこには女性がつるされた1つのケージがありました。


ケージの中でぶら下がっていたのはマーゴット・ロビーが演じるジョーカーの恋人のハーレー・クイン。


ジェイ・ヘルナンデスが演じるエル・ディアブロ。


ウィル・スミス演じるデッドショット。


羽交い締めにされているのは、アドウェール・アキノエ=アグバエが演じるキラークロックです。つまり、この監獄には名だたる悪者たちが幽閉されているというわけ。


彼らが手を組むことなどありえるのでしょうか?


悲しげな表情を浮かべるデッドショット。


アスガルドの神族にして魔術師のエンチャントレスはカーラ・デルヴィーニュが演じます。


ど派手なブーツをはいて、ハーレー・クインが復活。


悪者オールスターが大集結。


デッド・ショットはバットマンを倒してゴッサム・シティのギャング界で頂点に立とうとした人物。スーパーパワー的な要素はありませんが、銃の腕前はピカイチです。


こんな人たちに街で出くわしたら、どんな悪者でもおじけづきそう。


デッドショットの右隣にいるのはアダム・ビーチが演じるスリップノット。


突然変異でワニのような皮膚を持つキラークロックは見るからに怪力。


悪者たちの中でもハーレー・クインの存在感が際立っています。


マシンガンをぶっ放すパンダのぬいぐるみのようなキャラクターも登場。


刀を振り回して戦うのは、カレン・フクハラが演じるカタナ。


こんな面々が戦う相手とは一体誰なのか?


おりをベローっとなめるハーレー・クイン。さすがは、ジョーカーの恋人といったところ。


エンチャントレスも戦いの準備が整った様子です。


羽交い締めにされた女性の頭を握りしめているのは誰なのか?


なぜカタナは悲しそうな表情をしているのか、多くを語らない予告編は気になる演出が盛りだくさん。


女性といえどもハーレー・クインが本気を出せば、機動隊なぞフルボッコにすることが可能。


ハーレー・クインが運転している自動車の上には……


なんとバットマンがいました。今作ではどのような位置づけで登場するのか非常に気になるところ。


ハーレー・クインはバットマンに向かって「保険に入ってるといいけどね!」と挑発します。


ハーレー・クインやキラークロックなど、名だたる悪者の中でも最もクレイジーなあの男。


それがジョーカー。


悪魔のような笑顔を浮かべながら「今からお前を痛めつけてやるよ。グッチャグッチャにしてやろう」と恐怖の一言を言い放ちます。


そうそうたる悪役たちが一同に会する映画「Suicide Squad」は、アメリカで2016年8月5日に公開予定で、日本での公開は未定となっています。


・つづき
ジョーカーやハーレイ・クインなど狂気に満ちた極悪人たちがオールスターで暴れまくる映画「Suicide Squad」最新予告編 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
大迫力の超合金ハルクバスターなど「アベンジャーズ」のアメコミヒーローたちがアクションフィギュア化 - GIGAZINE

人類史上最大の脅威スーパーマンを打倒すべくついに立ち上がるバットマンとの激闘シーンあり「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」コミコン予告編 - GIGAZINE

アメコミヒーローてんこ盛りな「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」公式トレーラーが公開 - GIGAZINE

レゴでできたコミカルなアメコミヒーローいろいろ - GIGAZINE

建築家の視点であの映画の名シーンを分析してみるとこうなる - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.