ムービー

まさに芸術レベルの繊細さで作られる日本が世界に誇る「日本酒」製造現場

 

近年、「日本酒」が海外で高く評価されており、アメリカ・ニューヨークやフランス・パリで日本酒バーが人気を集めるなど、寿司(SUSI)に続く日本の伝統食として「酒(SAKE)」が大注目されています。そんな日本の伝統を体現する日本酒造りは、脈々と受け継がれてきた杜氏(とうじ・とじ)たちの匠の技と、近代的な設備によるハイブリッドな製造現場となっています。

SHUHARI
http://sawayamatsumoto.com/

京都の酒蔵「澤屋まつもと」の日本酒造りを記録したドキュメンタリームービーから、芸術の域に達した日本酒造りの工程が確認できます。

Brewed in Kyoto with Shuhari Spirit - Vimeo -


京都の朝。


整然と瓦が並んだ大きな屋根。


昔ながらの鍵。


扉が開かれました。


職人たちがぞろぞろと建物内に入ってきます。


明かりが灯されて、いよいよ作業開始。


日本酒造りでは「水」が大切。日本酒造りには地下水や伏流水などの良好な水が必須で、仕込み用の水自体が蔵元から販売されることもあります。


そして、「米」が命であることは言うまでもなし。


使われる米は南砺産「五百万石」。入念にその品質がチェックされます。


さらさら。


最初の工程は「洗米」。ざるに移された宝石のような米は……


透き通った水で清めるように、洗米されます。


洗米は職人による手作業。


蔵元の澤屋まつもとによると「洗米は第二の精米である」とのこと。


「宝石」がさらに磨き上げられていきます。


研ぎ終わった米が移されます。


ざるの裏を太鼓のようにたたく職人。


宝石は一粒残らず回収。


ストップウォッチで時間を測定。


酒造りでは時間管理が非常に重要。一つ一つの工程が、徹底的に時間管理されています。


樽に熱湯をかけています。


除菌処理中。


ケースなどもすべて熱湯で滅菌。


カビの一種である麹(こうじ)を酵母で発酵させて作る日本酒は、製造に用いる容器などにも徹底した衛生管理が必要なようです。


研ぎ上げられた米は袋に詰められて、別の工程場所に移動させられます。


熱湯がボコボコ。


次の工程は「蒸米」。蒸気が建物内を覆います。


良い酒を造るための条件は「一、蒸し 二、蒸し 三、造り」。澤屋まつもとでは米の処理に重点を置いているとのこと。


21世紀とは思えないたたずまい。


瓦で覆われたとんでもなく長い切り妻屋根と……


煙突。伝統的な設備と近代的な設備のハイブリッドというわけです。


精緻に計算し尽くされた工程表。


細かい時間がホワイトボードに書き込まれていきます。


職人たちが慌ただしく準備を開始。


圧力を調整。


蒸米が完了。


次の工程場所へ急いで運ばれていきます。


白い布をほどくと蒸し上がった真っ白な米が登場。


大勢で作業。いよいよ日本酒造りで最も大切な工程の「麹造り」。


うちわであおいで温度を下げます。


大きな机に広げて……


まぜまぜ。


麹の具合を確認するために、温度計をさしておきます。


さらにまぜまぜ。


そして、麹菌をふりかけます。


温度や湿度などそのときの状況に応じて麹菌の量は異なるため、機械化することは不可能。麹師とすべてを取り仕切る杜氏の腕の見せ所であり、まさに職人芸です。


混ぜ合わせた米麹は高く寄せて……


布で包まれます。


こんな形の杵で切り分けて……


小さくして……


さらさらな状態に。


木で丁寧に表面を整えていきます。


次は米を発酵させる「仕込み」


蒸米に麹と酵母を加えて酒母を造ります。


発酵具合はもちろん職人が管理。


櫂(カイ)と呼ばれる専用の器具でかき混ぜながら入念にチェック。


酵母が増殖していくと、醪(もろみ)から泡が立ってきます。


洗米・麹・酵母で発酵させて造る日本酒は、ブドウを発酵させて造るワインとはまったく違った酒造法。乱暴な言い方をすれば、果実を樽に放置すればできるワインと違って、日本酒では麹を造る必要がある分、酒造りの洗練度は別次元。伝統と奥深さをありありと見ることできます。


澄んだ透明にだんだんと変化。


発酵を終えた醪を絞れば新酒が誕生します。


整然と片付けられた酒造の中。


いよいよ新酒の瓶詰め作業。


ぎっしりと並べられた一升瓶。


瓶詰め作業は機械化されています。


透き通った新酒。


ふたまで自動でつけられます。


ケースに入れて……


フォークリフトで持ち上げて……


タンクの間をスイスイと移動。


最後に洗浄。


一升瓶は丁寧に拭かれ……


手作業でラベルが貼られます。


こうして完成したのが……


澤屋まつもとの純米 生原酒「守破離」。


昔ながらの職人による「匠の技」で造られる日本酒の製造工程は、季節や米・水の品質などによってデキが微妙に左右されるため、1品1品違うハンドメイドの芸術品を作るかのようです。

なお、澤屋まつもとの純米 生原酒「守破離」はAmazonで2366円(税込)で販売中です。

Amazon.co.jp: 澤屋まつもと 守破離 純米酒 1800ml: 食品・飲料・お酒 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
伝説の刺青師が職人気質・プロであること・仕事観について語る貴重な映像「The Sacred Art of the Japanese Tattoo」 - GIGAZINE

「日本刀」は一体どうやって作るのかを丁寧に追ったドキュメンタリー映像「Samurai Swordmaking」 - GIGAZINE

外国人が職人気質の寿司屋で学んだ「寿司の十戒」 - GIGAZINE

ライカのレンズが職人の手でどれほど丁寧に作られているのかがよくわかるムービー「Leica Lenses」 - GIGAZINE

ビールの製造方法を軽快に教えてくれるムービー「How to Make Beer」 - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.