試食

アイスとかき氷を融合させ1度に2つの氷菓が楽しめる「クラッシュアイス」をサーティワンで食べてきた


かき氷の王道「いちご」「ブルーハワイ&レモン」「抹茶」の3つにアイスクリームをドンと載せて、氷の清涼感とクリーミーなアイスクリームという2つの夏のデザートを一度に楽しめるようにした「クラッシュアイス」をサーティーワンアイスクリームが7月10日(金)から販売しています。かき氷の上に載せるアイスクリームは自分の好きなものをチョイスでき、お気に入りの組み合わせを見つけられるとのことなので、実際にお店に行って食べてきました。

トピックス:クラッシュアイス
http://www.31ice.co.jp/contents/topics/150710_01.html

サーティーワンアイスクリームに到着。ということで本日発売の「クラッシュアイス」のレモンハワイ・いちごミルク・抹茶あずきの3つを注文します。


しばらく待機するとクラッシュアイスが到着しました。カップに入れられたカラフルなかき氷の上にアイスがドンと盛られています。


iPhone 5と比較した大きさはこのくらい。


まずはレモンハワイから食べてみます。


トッピングしたアイスは公式サイトでオススメされている「ポッピングシャワー」。赤や緑のポップロックキャンディがたくさん入っています。


かき氷はブルーハワイとレモンのシロップを合わせた「レモンハワイ」。色が三層になっていて、見た目もキレイです。


ホッピングシャワーのアイス自体はとてもクリーミーなのですが、中に入っているポップロックキャンディが口の中でパチパチとはじけるのがユニーク。


かき氷の部分を食べてみたところ、氷はふわふわしたものではなく、しっかり塊が感じられるザクザクしたタイプです。ブルーハワイのシロップはラムネ風味でさわやかな口当たりでした。


かき氷とアイスを一緒に食べると口の中でポッピングシャワーのなめらかさとザクザクした氷が融合します。さわやかなラムネの味とクリーミーなアイスが合わさるとソーダフロートのような感じで、絶妙な組合わせ。


ブルーハワイとレモンのシロップは徐々に混ざりあっていき、味の変化が楽しめました。


続いて、抹茶シロップにあずきと練乳をトッピングしたかき氷に、さらにアイスを載せたクラッシュアイス。


あずきの量はそこまで多くありません。


抹茶あずきの上に載せるオススメのフレーバーは「バニラ」だったのですが、バニラアイスと抹茶との相性が良いキャラメルソースが合体した「キャラメルリボン」をトッピングしてみました。


抹茶シロップは抹茶エキスと抹茶ペーストを調合しているとのことで、渋みやほのかな苦みを感じました。抹茶の渋さとあずきやシロップとの相性はもちろん抜群なのですが、そこにバニラクリームとキャラメルが加わると、クリーミーさとキャラメルのほろにがさがプラスされ、かなりぜいたくな味わいに。少しくどいかな?と思いつつ頼んだ組み合わせでしたが、さまざまなフレーバーが絡み合い、かなりアリでした。


最後はいちごシロップと練乳を合わせたいちごミルクのクラッシュアイス。オススメフレーバーは「ベリーベリーストロベリー」だったのですが、いちごのかき氷といちごのアイスの組み合わせが相性抜群であることは想像できたので、今回は「ラブポーションサーティワン」を選びました。


ラブポーションサーティワンはラズベリーとホワイトチョコを組み合わせたアイスにラズベリーソース入りのハートチョコを加えたもの。


甘いいちごミルクのかき氷と、ほのかに酸味があるラズベリーのアイスは相性抜群。ほろ苦いチョコレートがアクセントとなっており、これも正統派から少しずれますが、オススメの組み合わせです。


かき氷はカップにみっちり入っているので、1つ食べきると暑い日でも涼しくなれそうでした。


なお、クラッシュアイスはレモンハワイ・いちごミルクが税込470円で、抹茶あずきが税込510円。いずれも7月10日から8月末までの販売が予定されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
すいかっぽいカキ氷を割り箸で串刺しにした「すいか氷」を食べに行ってきた - GIGAZINE

塩を振って食べるスイカ味のかき氷がコメダ珈琲店から新発売されたのでキャラメルミルク・はちみつレモンのかき氷と一緒に食べてみた - GIGAZINE

完熟トマトを丸ごとすりつぶした甘酸っぱいアイス「トマッティレモンソルベ」をサーティワンで食べてきた - GIGAZINE

ハンバーガー風にアイスや果物をパンに挟んだ「アイスクリームバーガー」をグロリアスチェーンカフェで食べてきました - GIGAZINE

野菜やフルーツを非加熱殺菌の新技術でそのまま閉じ込めてお酒も使ったアイスキャンディー「PALETAS」 - GIGAZINE

純氷を使った大盛かき氷を食べるため、炎天の中「枚方凍氷」に並んでみました - GIGAZINE

天然素材を使ったカラフルなかき氷を京都の「木と根」で食べてきた - GIGAZINE

時間も力も手間もかけずにおうちで簡単にかき氷が楽しめるスタイリッシュなデザインの「大人の氷かき器」を使ってみた - GIGAZINE

最大4時間、好きなだけシロップをかけて延々とかき氷を食べまくれる「かき氷食べ放題」に挑戦するべくデニーズに行ってきました - GIGAZINE]

ふわふわ氷が口の中で溶ける「アイスモンスター」のかき氷を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.