ムービー

「AKIRA」の予告編っぽいアニメーション「Bartkira the Animated」、冒頭に「訴えないで」のお願い


大友克洋が自らの原作をアニメ映画化した「AKIRA」の予告編そっくりに作られたアニメーションムービー「Bartkira the Animated」の予告編がYouTubeで公開されています。

Bartkira the Animated Trailer - YouTube


「私たちを訴えないで下さい!」というメッセージから始まる予告編


「2019年 オリンピックを翌年に控えたネオスプリングフィールド


荒廃した町


「その夜 少年達は何を見たのか?」


スケボーに乗るバート


レストランの窓をぶち割ってスケボー少年が飛び込んできました


爆煙から姿を見せたのは肌の色が青い少年


「地下に眠る《超極秘計画》とは?今年最大の話題作登場!」


巨大エレベーターで地下へと降りていきます。


そしてタイトル、「BARTKIRA(バートキラ)」。


タイトルが出る前に分かる人には分かっているはずですが、これはザ・シンプソンズのキャラクターで作ったAKIRAの予告編のパロディ。音声トラックはそのまま使っていますが、絵に関してはザ・シンプソンズのキャラクターに置き換えてあって、カット割りや動きなどはAKIRAの予告編をできるだけ忠実に再現しています。そのため、タイトルは「バートキラ」になっているのに、セリフでは「アキラ」が出てきたりします。そもそも、バートが割り当てられたのはアキラ役ではなく金田役なのですが……。


大佐がキヨコのもとを訪れるシーン


タカシを連れて逃げる反政府ゲリラ


ミヤコ教のミヤコ


「もうよせ鉄雄、殺す気か?」


「うるさい!俺に命令すんな!」


「あの力には触れてはならんのかもしれんな……」


エンドロールには多数のアニメーターの名前がクレジットされていて、スペシャルサンクスは「AKIRA」原作・監督の大友克洋、「ザ・シンプソンズ」のマット・グレイニング、さらに「ユーモアに溢れた」東宝とFOXの弁護士に捧げられています。最後にも繰り返し「私たちを訴えないで」というメッセージ入り。


下敷きにしたとみられるオリジナルの予告編はこんな感じです。

Akira - Trailer (1988) HD - YouTube


ちなみに、この「バートキラ」には公式サイトもあって、「AKIRA」っぽいファンコミックが現時点で第3巻の内容まで公開されています。

bartkira.com - Catalogue
http://www.bartkira.com/

たとえば第1巻の表紙はこんな感じです。

Volume 1 - bartkira.com
http://www.bartkira.com/volume-1.html

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スター・ウォーズ風になったザ・シンプソンズのムービー - GIGAZINE

マリオやルイージがクッパ軍との戦争に赴く映画予告編パロディ動画「Inglourious Plummers」 - GIGAZINE

パロディ作品の著作権法における扱いが変化 - GIGAZINE

「AKIRA」の影響を受けたザック・スナイダー監督に「マン・オブ・スティール」についてインタビュー - GIGAZINE

大友克洋監督に「SHORT PEACE 火要鎮」の映像表現の凄さを語ってもらった - GIGAZINE

ハリウッドで制作される「AKIRA」の実写映画は2部作で原作全てを描く - GIGAZINE

in 動画,   マンガ,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.