ムービー

マリオが超絶美麗グラフィックのリアルなゲームエンジン「Unreal Engine 4」の世界に迷い込んで動き回るムービー「Mario Is Unreal」


Epic Gamesのゲーム開発エンジン「Unreal Engine 4」のデモマップにマリオを登場させてしまった猛者が登場しました。圧倒的描画力で表現された美麗なグラフィックの世界を、あのマリオが縦横無尽に走り回ってコインを集める姿は必見です。

Mario Is Unreal - YouTube


メキシコのゲーム開発者のaryoksiniさんは、Unreal Engine 4のデモマップにマリオを登場させたムービーを公開。


光が差し込んだ美麗な世界をマリオがコインを集めて走り回ります。


リアルな世界で大ジャンプを見せるマリオはなぜかシュール。


かわいいしゃがみのアクションも健在。


背景とマリオの質感が違いすぎるため、少しだけ違和感があります。


今度はマリオの世界に近いグラフィック。


3Dアニメーションの世界の方が、マリオには合っていそうです。


城の前に立つマリオ。


丘の上から見下ろすマリオは、今からオープンワールドを探検する主人公そのもの。


今度は一転して暗い雰囲気の世界。


日差しが差し込む神殿のような場所でも大ジャンプを決めます。


サバイバルホラーゲームに迷い込んだマリオ。


マリオはピチャピチャと水が滴る通路をおかまいなしとばかりに走り回ります。


ジャンプして……


ドッスン。


次のステージは雪が積もっている洞窟です。


とことこ歩くマリオ。


背景とマリオのグラフィックのギャップが何とも言えません。


暗い空間にあるドアを開けると……


マリオが登場。


少し散らかった部屋にたどり着きました。


IHクッキングヒーターを見つめるマリオ。


打って変わってモダンでオシャレな部屋にマリオが登場。


違和感があるような、ないような……。


最後のステージはきれいな神殿のような場所。


そこでもコインを集めて走り回るマリオ。


最後は窓から外の世界へ飛んでいってしまいました。


ムービーの最後には、Unreal Engine 4とスーパーマリオ64に登場するマリオのアクションを比較。ジャンプのときの腕を上げたり、膝を曲げたりするアクションはピッタリとそろっています。


ムービーを公開しているaryoksiniさんによると、ムービーに登場する全てのアニメーションはゼロから作成したものとのこと。マリオといえばかわいい世界が舞台のゲームですが、美しく現実にほど近い世界を舞台にしたマリオのゲームも見てみたくなります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
マリオをある意味スーパープレイな遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク学習のみで全自動クリアしてしまう「MarI/O」 - GIGAZINE

マリオが自己学習し感情さえも持つ人工知能のプロジェクトとは? - GIGAZINE

全自動マリオの動きと初音ミクの歌声による歌詞が絶妙のシンクロを起こす「【自動マリオシーケンサ】 メルト」 - GIGAZINE

何度やってもマリオの幻の「-1面」に突入できない女性が力業で再現 - GIGAZINE

現実世界にマリオが乱入してあらゆる場面を台無しにしていく「Super Bad Mario」 - GIGAZINE

Googleロゴなどをマリオのステージに変化させてプレイまで可能にする「Screentendo」 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.