モバイル

ディズニーがテーマパーク内で自撮り棒を使用禁止に


Appleの開発者向けイベント「WWDC」や世界各国の美術館などで相次ぎ使用禁止令が出ているのが「自撮り棒」です。手軽に使えてさまざまなアングルから写真が撮影できるということで一部の層には非常に重宝されている自撮り棒ですが、アメリカのディズニーランドもテーマパーク内での自撮り棒の使用を禁止しました。既にパーク内には「自撮り棒禁止」を表すプレートが貼り出されています。

Disney World will ban selfie-sticks from theme parks - Orlando Sentinel
http://www.orlandosentinel.com/travel/attractions/theme-park-rangers-blog/os-disney-world-ban-selfie-sticks-from-parks-2015-post.html

アメリカのディスニーランドでは、新たに「自撮り棒の使用」を禁止するポリシーが追加されています。

Selfie Stick Ban
http://ja.scribd.com/doc/269751945/Selfie-Stick-Ban

ディズニーランド・パークおよびディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークにおいて自撮り棒は禁止されています。我々は訪れるご家族にすばらしい体験を提供できるよう努力していますが、残念ながら自撮り棒はキャストにとってもお客様にとっても安全上の問題となってきました。
◆自撮り棒の使用は我々が提供するサービスの基礎となる4つのカギ「安全性、礼儀正しさ、ショー、効率性」を損なわせています
◆ゆえに、他のイベント場と同様に、ディズニーランドおよびディズニーワールドのテーマパーク、ウォーター・パーク、ディズニークエスト・インドア・インタラクティブ・テーマパークは6月30日以降、自撮り棒の使用を許可できません
◆ディズニーランド・パリや香港ディズニーランド・テーマパークも同様に7月1日から自撮り棒の使用が禁止になります

すでにディズニーワールドでは自撮り棒禁止マークが貼り出されている様子。

Sparkle Lifeさん(@teamsparkle)が投稿した写真 -

ビッグサンダー・マウンテンの乗り場にもプレートが掲げてあります。

ディズニーワールドではスタッフが自撮り棒を使用するゲストに対して注意喚起していたそうですが、それでも人気アトラクションが自撮り棒を使用するゲストの危険行為で運転を停止することがしばしばありました。6月24日には「カリフォルニア・スクリーミン」の乗客が運転中に自撮り棒を取り出し、コースターがレールの途中で緊急停止しています。

なお、日本の東京ディズニーリゾート公式サイトでも「皆様の笑顔と安全のために」という項目において「撮影の際、ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚、三脚、自分撮りスティック等の補助機材は使用できません」と記載されており半年以上前から自撮り棒の使用が禁止されています。ただし、日本でディズニーランドに並ぶテーマパークとして人気を誇るユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは自撮り棒の使用は禁止されていないどころか、パーク内での販売まで行われています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自撮り写真ばかりアップする人は反社会的な性格特性を持ち合わせていることが判明 - GIGAZINE

Appleがイベントでの自撮り棒の使用を禁止 - GIGAZINE

次期iPhoneは自撮り機能を強化したフロントカメラを搭載する可能性がiOS 9のコードから判明 - GIGAZINE

女の子の自撮り写真をひたすら見て「カワイイ」を研究できる「zidory」 - GIGAZINE

世界中を600日間旅してGoProで360度の自撮りを収めた臨場感あふれるムービー - GIGAZINE

in モバイル, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.