デザイン

かつて香港に存在した世界有数の巨大スラム街「九龍城」での生活を描いた「Life Inside The Kowloon Walled City」


無計画に建てられた高層ビルが密集し、近寄りがたい独特の雰囲気を放っていた香港の「九龍城」はどの政府の統治も届かない文字どおりの無法地帯となっており、犯罪者や売春宿、麻薬の売人などが集まる「魔の巣窟」と呼ばれたり、多くの映画作品やゲームの舞台となったことで世界的によく知られる世界でも有数のスラム地域でした。

外から見ると犯罪都市のように見えた九龍城ですが、実際の姿は多くの子どもやお年寄りまでもが暮らす生活の場となっていたことは意外と知られていないもの。そんな九龍城での人々の生活をまとめたインフォグラフィックが「Life Inside The Kowloon Walled City」です。

Kowloon Walled City: Life in the City of Darkness | South China Morning Post
http://www.scmp.com/news/hong-kong/article/1191748/kowloon-walled-city-life-city-darkness

Infographic: Life Inside The Kowloon Walled City | ArchDaily
http://www.archdaily.com/361831/infographic-life-inside-the-kowloon-walled-city/

「九龍城」と一般的に呼ばれる九龍城砦(きゅうりゅう・クーロンじょうさい)は120×210メートルという狭いエリアに500を超えるビルが密集し、一時期は5万人にもなる住人が生活を送っていたスラム街でした。

By 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia

そのイメージとは裏腹に、多くの住民はごく普通の生活を送っていたと言われています。実際に「犯罪の巣窟」という側面がなかったわけではありませんが、その多くは映画やドラマなどによって描かれたものだったとも言われています。

By 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia

インフォグラフィック「Life Inside The Kowloon Walled City」では、そんな九龍城砦の建物が大胆にカットされ、中に住む人の様子が描かれています。


「アナーキー(無政府状態)な街」と名付けられたインフォグラフィックが示すとおり、九龍城砦は無数の高層ビルが無秩序に建てられた街でした。ジャンボ機が旋回しながら着陸するという「香港カーブ」で知られた旧「啓徳(Kai Tak)空港」の近くに存在した九龍城砦には1980年代の最盛期には5万人以上の居住者が生活していました。


九龍城砦の大きさは126m×213mで面積は2.7ヘクタール。この小さなエリアの中に、通称「ペンシルビル」と呼ばれる細長いビルなどの建物が500以上も建てられていました。エリアの真ん中には、ビルに囲まれた中庭も存在していました。


この中には、深さ90メートル以上の井戸が77か所で掘られ、生活に必要な水を電動ポンプでビルの屋上にあるタンクにくみ上げていました。そこから各家庭までは、細いパイプで水が送られます。


無政府状態だったために、九龍城砦ではゴミの収集が行われませんでした。古くなったテレビや古い家具、捨てられたマットレスなどのかさばるゴミはビルの屋上に放置されていました。その一方で数少ない「太陽の当たる場所」である屋上は、運動や子どもたちの遊び場、リラックスの場に使われたり、伝書鳩レースなども行われていました。


啓徳空港と九龍城砦の位置関係はこんな感じ。空港に進入してきた航空機は九龍城砦の手前で右に45度ターンして、空港の滑走路に着陸します。九龍城砦の建物で唯一の規制となっていたのは、航空機への接触を防ぐための「14階または45メートル以下の高さ」という規定でした。


寄り添うように建てられたペンシルビルに住人が密集したため、平均人口密度は40平方フィート(およそ畳2枚分)に1人というものすごい数に。香港政府の規制が適用されない(できない)ため、衛生法なども順守されない状態となっていました。


その威圧感のある見た目とは裏腹に、元住人は当時の暮らしを懐かしく感じています。外から見ると九龍城砦は「暗黒都市」に見えましたが、実際の住人には貧しくとも幸せな、人間関係にあふれた強いつながりのあるコミュニティだったのです。


各家庭に電力を送る電線は、感電を避けるために建物の外側をはわされていたりもしました。


また、驚くことに九龍城砦の中には学校や幼稚園が存在していました。その多くは、キリスト教系慈善団体の救世軍によって運営されるものでした。また、ビルの中で金属加工業を営む住人もおり、およそ700名が従事していました。これらの工場はほとんどが地階から5階までの間に集中していました。(日本式に言うと1階から6階まで)


建物は、香港政府の権力が及ぶラインぎりぎりにまで建てられていました。道路に面する地階には無免許の歯医者や屋台、茶廊(カフェ)が軒を連ねており、そのメニューとして「犬」を出す店もありました。香港で親しまれている魚肉団子(フィッシュボール)や肉製品をはじめとする加工食品は、衛生管理がほとんど行き届いていない加工工場で作られていたといいます。


エリアの中では売春宿や賭博場、そして麻薬の売人が集まる地域もありましたが、当然誰のおとがめを受けることもありませんでした。建物の中ではどこからか水が滴ってくるので、住人は傘をさして歩く必要がありました。また、地域には上水道設備が8か所で備えられており、1か所は建物内部、そしてビルの周辺に7か所に水くみ場が設けられていました。1平方kmあたりの人口密集度は、香港全体が6700人、繁華街の旺角(モンコック)でも13万人ですが、九龍城砦はこれを大きく上回る192万人というものでした。


インフォグラフィックの末尾では、九龍城砦の歴史が紹介されています。


九龍城砦は、海賊などから貿易船などの安全を守るための軍事要塞として作られました。1898年にはイギリスによる領地の租借が始まりましたが、九龍城砦は特例的に清国政府の領地として残されることになります。第二次世界大戦の際に香港を占領した日本軍は、啓徳空港の拡張に必要な資材を調達するため、九龍城砦の城壁を取り壊しました。当時の住人数は5000人。


当時の中国大陸は蒋介石率いる「国民党」と毛沢東率いる「共産党」の内戦状態にあり、多くの難民が誰の主権も及ばない九龍城砦に押し寄せたために人口が急増。1970年代には鉄筋コンクリートの建設が始まったことから人口の密集が加速し、1990年台に5万人を超える住人が存在するという無秩序状態になったというわけです。


その後の1993年、九龍城砦からは全ての住人が退去させられ、建物も全て取り壊されてしまいました。建物の跡地を含む周辺一帯は「九龍寨城公園」などの公園が整備され、当時の喧噪がウソのように姿を消してしまいましたが、公園の中には要塞の面影を残す大砲や、建物へ入る門が元のまま残され、当時の面影をしのぶことができるようになっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アジア有数の交易地「香港」で体験してきたちょっとディープな街の姿など - GIGAZINE

改めて振り返ってみる「中国と香港・マカオ」をめぐる歴史と今後の流れ - GIGAZINE

iPhoneの転売が盛んな香港の先達廣場に行ってきました - GIGAZINE

日本未発売の派手なスニーカーなども並ぶ香港のスニーカーストリートに行ってみました - GIGAZINE

現地の人と部屋を貸し借りする「Airbnb」を使って香港で宿泊してみた - GIGAZINE

香港の携帯転売市場の近くにあるスター メトロ ホテルに泊まってみました - GIGAZINE

in デザイン, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.