メモ

GoogleやAmazonなどが次々と南部連合国旗を問題アリとして取り下げた理由とは?


南北戦争中に使用されていた南部連合国旗が、アメリカのAmazonやGoogleショッピング、オークションサイトのeBayで販売数が爆発的に増加する現象が発生した後、南部連合国旗関連の商品が取り下げられるという事態が発生しました。この背景には2015年6月17日に起きたある事件が潜んでいます。

Amazon to pull down Confederate flag merchandise from its site - source | Reuters
http://www.reuters.com/article/2015/06/23/usa-shooting-south-carolina-amazoncom-idUSL3N0Z942Q20150623

Confederate flag sales are skyrocketing - Business Insider
http://www.businessinsider.com/amazons-sales-of-confederate-flags-are-booming-2015-6

eBay Prohibits Confederate Flags | eBay Inc.
http://www.ebayinc.com/in_the_news/story/ebay-prohibits-confederate-flags-many-items-containing-image

Amazon, eBay, Target Pull Confederate Goods From Websites | Re/code
http://recode.net/2015/06/23/amazon-ebay-target-pull-confederate-goods-from-websites/

Google Shopping Removes Confederate Flag Goods Following Amazon, eBay | Re/code
http://recode.net/2015/06/23/google-shopping-pulls-confederate-flags-following-amazon-ebay/

1861年から1865年まで4年間続いた南北戦争は奴隷制度の維持を主張するアメリカ南部と、奴隷制度の撤廃を主張する北部の間で起こった戦争です。奴隷制度の継続を目指す南部連合が使用していた旗が南部連合国旗で、アメリカの白人至上主義を唱える秘密結社「クー・クラックス・クラン(KKK)」が儀式の際に使用することもあります。

このことからアメリカでは南部連合国旗が人種差別の象徴ともいえる存在になっているのですが、Business Insiderが2015年6月23日にショッピングサイトのAmazonを調べたところ、南部連合国旗の売上が24時間以内に3000%以上増加するという、異常ともいえる事態が発生していました。


では、どうして南部連合国旗の売上が爆発的に増加したのかというと、その原因は6月17日にアメリカ南部のサウスカロライナ州チャールストンで発生した銃乱射事件にあります。同事件は、アフリカ系アメリカ人が通うエマニュエル・アフリカン・メソジスト・エピスコパル教会に男性が突然乗り込んで銃を乱射し、アフリカ系アメリカ人の女性6人と男性3人の合計9人が死亡した事件です。

事件が発生した翌日、警察当局はチャールストン近郊に住む21歳のディラン・ルーフ容疑者を逮捕。報道されているところによれば、ルーフ容疑者は人種差別的な感情を持っており、ブログに「種の戦争」という名前の戦争を起こす要望をつづった文章を公開していたとのこと。また、奴隷制度の象徴でもある南部連合国旗を身に付けた写真をブログやFacebookに複数枚公開していたことも判明。警察当局は同容疑者の逮捕時に事件がヘイトクライムであると断定しています。


そして、事件直後からルーフ容疑者が身に付けていた南部連合国旗の販売数がAmazonやeBayなどのオンラインショッピングサイトやオークションサイトで爆発的に増加。この事態を重く受け止めた各社はすぐに南部連合国旗関連商品の取り下げを発表しました。また、Googleも検索ワードに応じた商品を掲載するサービスのGoogleショッピングから南部連合国旗関連商品を取り下げることを発表し、各社がそろって人種差別行為に対する強い反対の意志を示しました。

南北戦争では奴隷解放を望む北部が勝利しましたが、アメリカ南部では人種差別が根深く残っているのが現実のようです。ルーフ容疑者による銃乱射事件のたった2カ月前には、チャールストンの隣にあるノースチャールトンで白人警察官が黒人男性を背後から射殺した事件が起こったばかり。ノースチャールトンの事件では、通行人が発砲時の様子を撮影していたことで犯行が発覚し、アメリカだけでなく世界中で大きな注目を集めました。

事件が発生したサウスカロライナ州の議会議事堂ではいまだに南部連合国旗が掲揚されており、事件後に多くの人が集まって旗を降ろすよう抗議するデモを行いました。また、共和党の有力議員が南部連合国旗の撤去を求める動きに次々と支持を表明しており、サウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー州知事が議会に旗の撤去を要請。ただし、USA TODAYによると、撤去を実現するには3分の2以上の賛成が必要で、撤去までには数カ月の時間を要するとのことです。


・追記 2015/07/03 12:25
GoogleやAmazonなどに続いてAppleも、チャールストンで発生した銃乱射事件を受けて南部連合国旗を使用している南北戦争関連のゲームをApp Storeから取り下げました。南北戦争関連のゲームの中には悪意をこめて南部連合国旗を使用しているわけではないゲームが多くあるので、取り下げるのは難しいとされていましたが、結果的に全てを取り下げることになった模様。ただし、App Storeに表示されるアプリのアイコンやスクリーンショットから南部連合国旗を削除することで、再び出品できるようになるとのことです。

Apple Removes All American Civil War Games From the App Store Because of the Confederate Flag | Touch Arcade

・関連記事
App Storeから販売禁止措置を受けたアプリ「S.M.T.H.」をAndroidスマホでプレイしてみました - GIGAZINE

まさか日本は日の丸弁当?各国の国旗をその国の食べ物で再現 - GIGAZINE

なぜか諸外国で禁止されているアメリカ生まれの品11種類 - GIGAZINE

国旗をアピール性を高めてデザインしなおすとこうなる - GIGAZINE

唇にヒョウ柄・花柄・国旗・虹などを描いてカラフルにしてしまう「Violent Lips」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log