試食

ジューシーな肩ロース肉がシークワーサー果汁入り塩だれと絡んだ吉野家「ねぎ塩ロース豚丼」「ねぎ塩ロース豚焼定食」を食べてきた


厳選した粗塩と五穀酢をベースにシークワーサー果汁を加えた旨みある塩だれを、柔らかいロース豚と絡めた「ねぎ塩ロース豚丼」「ねぎ塩ロース豚焼定食」を6月18日(木)から吉野家が販売しています。吉野家の「夏の定番」とも言える「ねぎ塩ロース豚丼」がパワーアップしているとのことなので、実際に食べてきました。

吉野家 夏の定番商品『ねぎ塩ロース豚丼』新発売
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1259538

吉野家に到着。


店頭ではねぎ塩ロース豚丼とねぎ塩ロース豚焼定食のポップが掲げられていました。


お店に入り、さっそくねぎ塩ロース豚丼とねぎ塩ロース豚焼定食を注文します。


待つこと数分でねぎ塩ロース豚丼が到着。


ご飯が見えないほど、丼はロース豚で埋め尽くされています。


ロース豚の上には刻みねぎ、白ごまがたっぷり。


さっそく食べてみたところ、ロース豚は柔らかく均一な肉質で、かみ切るのに苦労することなく食べやすい仕上がり。ねぎ塩とありますが、塩気はそこまできつくなく、五穀酢と厳選した粗塩をベースにしたタレは旨みがありながらも非常にさっぱりしています。タレにはシークワーサー果汁が加えられているとのことで、ほのかな酸味も感じられました。


ほかほかのご飯にまでタレが絡んでいて、塩だれ好きな人にはたまりません。


トッピングされた青ネギだけでなく、タレ自体にもネギが使われており、焼き肉の塩タンが好きな人なら間違いなくおいしく食べられます。


続いて、ねぎ塩ロース豚焼定食。ねぎ塩ロース豚焼とサラダ、ドレッシング、みそ汁、ご飯がセットになっています。


これもねぎ塩ロース豚にはたっぷりのゴマと刻みネギ、塩だれがかかっています。


大判の肩ロース肉は脂の多い部位ですが、タレがさっぱりしているのと、味付けがそこまで濃くないので、肉だけでもおいしく食べられます。


ご飯に載せてももちろんOK。ねぎ塩ロース豚丼と違ってご飯にタレが染みこんでないので、こちらの方が食べやすいと感じる人もいるかも。


シャキシャキのキャベツサラダと一緒に食べてもよし。


ねぎ塩ロース豚丼だけだとサイドメニューが欲しくなりますが、定食の場合はサラダやみそ汁がついているので、最後に口の中をリセットすることができました。


なお、ねぎ塩ロース豚丼は小盛が税込380円、並盛が税込480円、大盛が税込580円で、ねぎ塩ロース豚焼定食は並盛が税込550円、大盛が税込650円となっています。ねぎ塩ロース豚丼の販売中はロース豚丼 十勝仕立ての販売が休止されるとのことなので、注意してください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
一生に一度は経験しておきたい「ブタの丸焼き」を注文して思う存分食べてみました - GIGAZINE

ブタの丸焼き番外編、残された豚の骨でトンコツスープを作ってみた - GIGAZINE

焼きたての「豚の丸焼き」は一体どんな味なのか実際に食べに行ってきました - GIGAZINE

ボリュームたっぷりで豚しゃぶと酸味が効いたマリネのさっぱりぶっかけうどんが味わえる「豚マリぶっかけ」を食べてきました - GIGAZINE

豚骨醤油スープをするっと飲み干せる「横浜家系ラーメン 一刀家 赤坂本店」に行ってきた - GIGAZINE

電子レンジで4分半チンするだけでほくほくカボチャと豚の煮物が完成する「豚とカボチャのほくほく煮」レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.