モバイル

次期iPhoneは自撮り機能を強化したフロントカメラを搭載する可能性がiOS 9のコードから判明


2015年6月9日に開催されたAppleの開発者向けイベントでモバイル向け最新OS「iOS 9」が発表されました。発表されたiOS 9はベータ版が既に開発者向けに提供されているのですが、そのベータ版を導入したHamza Soodさんが、iOS 9のコードから次期iPhoneのFaceTimeカメラ(フロントカメラ)が大幅に強化される可能性を発見しました。

iOS 9 code hints 1080p, 240fps, flash coming to iPhone FaceTime cameras | 9to5Mac
http://9to5mac.com/2015/06/10/ios-9-front-camera-features/

SoodさんはiOS 9のコードにフロントカメラの新機能を表す複数のコードを発見。コードの内容からSoodさんは「iOS 9は次期デバイスのフロントカメラが『1080p』『240fpsのスローモーション』『パノラマ撮影』『フラッシュ』の搭載を示唆している」とコメント。これは次期iPhone、もしくはiPadのフロントカメラが大幅にアップグレードされる可能性があるということです。


1080pのムービーや240fpsのスローモーション撮影は最新モデルのiPhone 6/6 Plusの背面カメラにのみ搭載されていた機能。また、フラッシュがフロントカメラに搭載されれば暗所での撮影が容易になり、近年大きな盛り上がりを見せている自撮りがはかどりそうです。

By Robert Couse-Baker

ただし、ベータ版iOS 9のコードから発見されたことが正式版でも導入されるかは分からないので、次期iPhoneおよびiPadのフロントカメラが強化されるかどうかはハッキリとしておらず、続報が待たれます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleが最新モバイル向けOS「iOS 9」を発表、気になる新機能とは? - GIGAZINE

Appleの「iOS 9」はこれまでよりも少しだけリッチなアップデートになる見込み、WWDCで明かされなかった新機能はこんな感じ - GIGAZINE

Appleの「iOS 9」はこれまでよりも少しだけリッチなアップデートになる見込み、WWDCで明かされなかった新機能はこんな感じ - GIGAZINE

iPad向けのiOS 9は画面分割マルチタスキングが可能に - GIGAZINE

iOS 9はiPhone 4sを含む古いデバイスにも最適化され、脱獄不能になる可能性もアリ - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.