取材

チョコやピザを出力する3Dプリンターや家庭用植物栽培キットなど最新トレンドをいち早く製品化する「XYZ Printing」


2015年6月6日まで台湾・台北市で開催されるCOMPUTEX TAIPEI 2015で、家庭用3Dプリンター「ダヴィンチ」で知られるXYZ Printingがスイーツ出力3Dプリンターや家庭用植物栽培キットなどを出展しています。

3Dプリンタ XYZプリンティングジャパン
http://jp.xyzprinting.com/

XYZ Printingは今年も台北世界貿易中心展覧大樓(TWTC)ホール1にブースを構えています。


今年はカラーで造形物を出力できるカラー3Dプリンターをアピール。


スマートフォンケースや……


非常に精度の高い「球」もカラーで出力可能。


パーツを出力してオリジナルのロボットを作ることもできます。


しかし、ブース奥に設置された「3D Food Printer」が一際、目を引く存在。その名の通り、食べ物を出力できる3Dプリンターです。


直径10センチメートルくらいのハート型ピザを、およそ15分でプリントアウトするとのこと。


他にもデコレーション・チョコレートを出力可能。


ディスプレイに出力イメージが表示されるので、操作も簡単そう。


ほかにもクッキーやミートパイにも対応するとのこと。3D Food Printerは1799ドル(約22万円)です。


XYZ Printingは家庭用の植物育成キット「Plant Factory」も出展中。


さまざまな植物に対応。


LEDを自動調整することで、お手軽に植物を育ててくれるというわけです。


くぼみに植物を植えるようです。


さらに遠隔地からイベントに「参加」できるテレプレゼンスロボットも出展中。


先端のコンピューティングトレンドを貪欲にかつ迅速に取り込んだ製品作りをするXYZ Printingの勢いが如実に伝わってくるブースになっていました。

・関連記事
アジア最大・世界第2位のコンピュータ総合見本市「COMPUTEX TAIPEI 2015」現地取材記事まとめ - GIGAZINE

食べ物を出力する3Dプリンターが一家に1台置かれる未来 - GIGAZINE

1日1500円で稼働する超ミニサイズ「野菜工場」、約40日で野菜が完成 - GIGAZINE

既存の3Dプリンターをシリコンやチョコレートクリームなどのやわらか素材も出力可能なものに格安でグレードアップできる「Discov3ry Extruder」 - GIGAZINE

世界初のカーボンファイバー出力対応3Dプリンター「Mark One」 - GIGAZINE

金属・木・石こうの質感のまま出力できる3Dプリンター用フィラメントが登場 - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア,   デザイン,   , Posted by logv_to