レゴブロックで世界を創造するマインクラフト系ゲーム「LEGO Worlds」が登場


ブロックを好きな場所に配置して自由な形を作っていくサンドボックスゲームでは「マインクラフト」が有名ですが、好きなようにレゴブロックを重ねまくったオープンワールドをレゴのフィギュアで冒険できる新しいゲーム「LEGO Worlds」がワーナー・ブラザースから登場しました。

Steam:LEGO® Worlds
http://store.steampowered.com/app/332310/


LEGO Worldsがどのようなゲームなのかがわかるトレーラーが公開されています。

LEGO Worlds trailer - build your own Minecraft-like LEGO land - YouTube


突如として空からスゴイ勢いで振ってきたのはレゴのミニフィグ。


向かう先には「ADVENTURE(冒険)」と書かれています。


そして無事着陸に成功。草原や木々、そしてADVENTUREの文字に至る全てがレゴブロックで構成されているのがわかります。


ミニフィグを操作してレゴのオープンワールドを走り回るゲーム。


敵キャラっぽいスケルトンのミニフィグに遭遇すると……


ミニフィグが強烈な右ストレートでスケルトンを粉々に粉砕してしまいました。


大群を引き連れて報復される恐れがあるので要注意。


西部劇っぽい荒野を馬に乗って駆け抜けることも可能。


「ENCOUNTER(遭遇)」


宝箱を開けると、冒険の必須アイテムである単眼鏡をゲット。


遠くまで見えるようになりました。


「CUSTOMIZE(カスタマイズ)」


操作するミニフィグはアバターのように何種類ものコスチュームを着せ替えることができます。


「CHANGE YOUR WORLD(世界を変えろ)」


海岸沿いにそびえ立つ険しい岩山が映し出されました。


ところが、あっという間に岩山や建物が消えてしまったり……


一瞬にしてレゴブロックの山を構築したりと、思いのままのレゴの世界を構築することができるわけです。


「BUILD(建設)」


家屋などの建造物は好きな場所に設置したり、移動したりすることが可能。


立てた家がドラゴンにブッ壊されることも。


削岩機を乗り回して山に風穴を開けてもOK。


「BRICK BY BRICK(積み重ね)」


レゴブロックの創作ツールのようなものを使っているところ。球体をくるくる動かすと、白いブロックが球状に積み重なっていきます。


丸い部分は胴体で、顔や手などを別の色のブロックで取り付ければ、なんとピラミッドより大きな巨大雪だるまが完成しました。


よく見るあのレゴのキャラクターを超巨大化させることも可能。


「YOUR WORLDS(あなたの世界)」


「YOUR STORIES(あなたの物語)」


Eurogamer.netによると、「LEGO WORLDS」はマインクラフトのようなサンドボックス型ゲームになっており、オンライン上で複数プレーヤーとのマルチプレイが可能。ゲーム内には昼と夜の時間サイクルがあり、ゲームを続けていると乗り物になるモンスターや自動車などもゲット可能。マインクラフトとの大きな違いは、サバイバルよりも創造性に焦点を当てていることで、広大な地形を一瞬で変形させる能力なども存在するとのことです。


なお、「LEGO WORLDS」はゲームプラットフォーム「Steam」で早期アクセスゲーム版が税込1480円で販売中です。

・関連記事
2996個のレゴブロックで作られたアベンジャーズの「ヘリキャリア」が登場 - GIGAZINE

マインクラフトでデンマーク政府が国土を4兆個・1TBもの超大作で再現したらぶっ壊されまくる事態に - GIGAZINE

レゴはどれくらいの高さまで積み上げられるか、永遠の謎にエンジニアが挑む - GIGAZINE

なぜマインクラフトは教育だけでなく自閉症やADHDにも効果があるのか? - GIGAZINE

Googleマップ上なら世界のどこにでも自由にレゴを組み立てられる「Build」 - GIGAZINE

レゴ世界での冒険を描く長編映画「LEGO(R) ムービー」日本版の本予告編公開 - GIGAZINE

「レゴ・デザイナー」として採用されるためにはどうすればいいのか? - GIGAZINE

レゴ50万個以上を組み上げて作られた自動車が本当に走っているムービー - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log