試食

ミルクを使わない進化系チョコレートアイス「チョコレートソルベ」を食べてみた


チョコレートフレーバーなのにミルクを使わず、口の中でさわやかに溶けて消える独特の食感を特徴とするのが、サーティワンの期間限定フレーバー「チョコレートソルベ」です。アメリカで先行発売され人気を博したフレーバーが2015年6月1日(月)から販売開始されるとのことなので、どんな仕上がりになっているのか、実際に食べてきました。

フレーバー:チョコレートソルベ[B-R サーティワンアイスクリーム]
http://www.31ice.co.jp/contents/product/flavor/fl160.html

商品情報:フレーバー[B-R サーティワンアイスクリーム]
http://www.31ice.co.jp/contents/product/flavor/index.html

サーティワンアイスクリームに到着。


店頭では6月の新フレーバーとしてチョコレートソルベが紹介されていました。


ショーケースにはこんな感じで入れてありました。一見したところ普通のチョコレートアイスのようですが……


とにかく注文してみました。チョコレートソルベは税込350円で、今回はプラス40円のワッフルコーンと一緒に注文しました。


チョコレートソルベはこんな感じ。


パクリと一口食べてみます。口の中で少しシャリッとした食感があったかと思うと、スーッと溶けていき、予想以上のあっさりさ。通常のチョコレートアイスにはミルク特有のまったりした口当たりや後味がありますが、チョコレートソルベは後味もスッキリしています。チョコレートのコクはありますが、苦みはほとんどなく、チョコレートキャンディのような甘さなので、子どもでも難なく食べられそうです。


すっきりとした口当たりなので、暑い季節でも食べやすい仕上がり。どんどん食べ進めていきましたが、中には何も入っていませんでした。


よく見ると、アイスの断面もミルク系のチョコレートアイスとは少し違い、氷の粒のようなものが確認できます。食感はシャーベットとアイスクリームの間ぐらいでした。


なお、チョコレートソルベは6月1日から8月末までの期間限定販売なので、気になる人は早めに食べてみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ふわふわ氷が口の中で溶ける「アイスモンスター」のかき氷を食べてきた - GIGAZINE

3カ月で320万杯以上販売したふわっとトロける新食感アイス「コットンスノーキャンディ」をミスタードーナツで食べてきた - GIGAZINE

野菜やフルーツを非加熱殺菌の新技術でそのまま閉じ込めてお酒も使ったアイスキャンディー「PALETAS」 - GIGAZINE

濃厚マンゴープリン風フロート「アイスクリームフロート マンゴ」や抹茶ミルクのフローズンドリンク「抹茶ブラスト」などをサーティワンで食べてきた - GIGAZINE

好きなアイスクリームのフレーバーでその人の性格が分かることが研究で判明 - GIGAZINE

ハーゲンダッツも認めたカチカチのアイスを溶かして食べやすくする「15.0%」のスプーンを使ってみた - GIGAZINE

30分以上もアイスクリームの食べごろを保てるアイス専用カップ&スプーン「Happy Ice Cream!」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.