試食

カラフル野菜がごろっと入ったチキンパティを使ったマクドナルドの「ベジタブルチキンバーガー」などを食べてきた


モスバーガーの野菜サラダや、吉野家の肉なし野菜オンリー丼「ベジ丼」など、野菜を使ったヘルシー志向な商品の発売が続いている中で、マクドナルドが2015年5月25日(月)からカラフル野菜を練り込んだチキンパティを使った「ベジタブルチキンバーガー」「ベジタブルチキンマフィン」、11年ぶりのレギュラー新作メニュー「モグモグマック」や、サラダの新商品「サイドサラダ バジルソース」を発売しました。枝豆・コーン・にんじんが入った珍しいパティの味わいを確かめるべく、実際にマクドナルドに行って全商品を食べてみました。

ベジタブルチキンマフィン | メニュー情報 | McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu_info.php?mid=5030

ベジタブルチキンバーガー | メニュー情報 | McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu_info.php?mid=1520

モグモグマック | キャンペーン | McDonald's
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/mogmogmcd/index.html

サイドサラダ バジルソース | メニュー情報 | McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu_info.php?mid=8650

マクドナルドにやってきました。すでに「ベジタブルチキンマフィン」のポスターが出ています。


お店に行った時間は朝マックの時間帯だったので、まずは朝マック商品として提供されている「ベジタブルチキンマフィン」と「サイドサラダ バジルソース」を注文します。サイドサラダ バジルソースは通常メニューでも注文可能です。


注文した商品を受け取り、さっそく食べていきます。


コレがマクドナルドの新しいパティが入った「ベジタブルチキンマフィン」で、1つあたり285Kcalです。


中にはコーン・にんじん・えだまめが練り込まれたチキンパティの上に、レタスと特製ベジタブルソースがのっています。


断面を見てみると、チキンナゲットのようなペーストしたチキンのパティにコーンなどの野菜が入っているのが分かります。食べてみると、チキンのぷりっとした食感が感じられるパティですが、どちらかというとおからを使ったハンバーグに似ています。かむ度に出てくる野菜やシャキシャキのレタスによって非常にあっさりな味わい。ソースはまろやかな酸味があるもので、野菜の甘みも感じられます。


表面はしっかりグリルされており、香ばしい仕上がり。


こんな感じで枝豆などが入っているので変わった食感が楽しめます。チキンのうま味は少なめですが、朝食にはちょうど良さそうです。


続いて「サイドサラダ バジルソース」。エネルギーは76Kcalと非常にヘルシー。


バジルソースは最初から底の方に入っています。


粘度が高めのソースなので、しっかり振る必要があります。


ドレッシングを和えるとこんな感じ。ところどころにバジルが点在しており、パスタのジェノベーゼソースのような香り。


サイドサラダに入っている野菜はレタス・パプリカ・紫キャベツ・コーンなど。


バジルソースは濃い目の味付け。野菜との相性も良く、マカロニも入っているので朝食にはこれだけでも充分かも。


食べて終わってからレジに戻ってみると、通常メニューが販売されていました。朝マックで注文できなかった「ベジタブルチキンバーガー」「モグモグマック」を注文します。


まずは「ベジタブルチキンバーガー」から食べてみます。エネルギーは1つ293Kcal。ベジタブルチキンマフィンと違ってトマトがひょっこり顔をのぞかせています。


バンズを開いてみると、下からチキンパティ・トマト・レタス・特製ベジタブルソースが入っています。


こっちもチキンパティはこんがり。


食べてみると、コーンや枝豆の甘みが感じられ、チキンの風味をベジタブルソースがよく引き立てています。朝マックで食べたベジタブルチキンマフィンと使われているパティやソースは同じなのですが、マフィンよりもブランバンズの方が相性が良いように感じられ、トマトのみずみずしさも加わるので野菜バーガーといえど食べ応えがあります。


最後は「モグモグマック」です。エネルギーは276Kcalで、ハンバーガーと同じバンズが使われています。


中にはレタスなどが入っておらず、特製ベジタブルソースの代わりにたっぷりのケチャップが使われていました。


ソースがケチャップになっているため、野菜ソースが苦手な人はこっちにすると良さそう。非常にシンプルでペロッと食べられつつ、野菜も摂取できるハンバーガーとなっています。


なお、「ベジタブルチキンマフィン」の価格は230円~290円、「サイドサラダ バジルソース」が330~370円、「ベジタブルチキンバーガー」が340~370円、「モグモグマック」が200円となっており、いずれも税込み価格です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
モスのこだわりの生野菜やアマニの種をバリバリ食べられる「ごちそうサラダ『パストラミポークとパプリカ』ライ麦パン付き」などを食べてきた - GIGAZINE

モスの野菜バーガー「菜摘」の新商品とボリューム満点「とびきりハンバーグサンド」を食べてきました - GIGAZINE

野菜とチキンカツの歯ごたえが心地よい「しゃきしゃき野菜のチキンカツ丼」をかつやで食べてきました - GIGAZINE

うま味が凝縮した上質な「熟成肉」とたっぷり野菜の吉野家「牛バラ野菜焼」を食べてきた - GIGAZINE

焼き野菜の菜園風ピザなどを提供する「おやさいガーデンTIERRA」に一足早く行ってきました - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.