ネットサービス

YouTubeが60fpsライブストリーミング配信をHTML5対応ブラウザで可能に


すでにYouTubeの動画は1秒あたり60コマの映像を処理する60fpsに対応していますが、とうとうライブストリーミング配信も60fpsに対応し、動きのあるゲームなどがなめらかな映像で楽しめるようになったことがYouTube Creator Blogで明らかになりました。

YouTube Creator Blog: 60fps Live Streaming on YouTube in HTML5
http://youtubecreator.blogspot.ca/2015/05/60fps-live-streaming-on-youtube-in-html5.html

60fpsのライブストリーミング配信が可能な画素数は1920×1080(1080p)と1280×720(720p)で、HTML5対応ブラウザで配信が可能。


60fpsの映像がどれぐらいなめらかなのかは、以下の2つの動画を見れば把握できます。

S1000RR Racer: Superbike 1000 National at BARBER [16.6] 60fps - YouTube


Far Cry 4 Ultra (Max NVIDIA) Settings [email protected] - YouTube


なお、配信環境としては「Elgato Game Capture」「XSplit Broadcaster」「XSplit Gamecaster」がYouTubeのライブストリーミング配信に公式対応しています。


また、YouTubeのライブストリーミング配信用のAPIも追加されました。


なお、ライブストリーミング配信中に時間を巻き戻して再生する「追っかけ再生」や、1.5倍から2倍の速さでムービーを再生する「倍速再生」も可能になったとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ついにYouTubeが60fps対応スタート、ヌルサクムービーが次々登場 - GIGAZINE

YouTubeがゲーム実況やe-Sportsに特化したライブ配信サービスに本気を出す模様 - GIGAZINE

Googleが次に買収するのはゲーム専門ライブ配信サイトの「Twitch」、買収額は1000億円以上 - GIGAZINE

誰でもスマホだけで世界中に生配信したり生配信を見たりできる「Periscope」を使ってみた - GIGAZINE

4K/60fps映像でもぬるぬるサクサク動くHDMI 2.0サポート液晶ディスプレイ「Acer S277HKwmidpp」実機レビュー - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.