レトロゲームのキャラクターたちが地球を襲う映画「ピクセル」予告編第2弾


パックマンやドンキー・コングといったレトロゲームのキャラクターたちが、ドット絵を立体にしたような姿で地球を侵略してくる映画「ピクセル」の予告編第2弾が公開されました。軍隊でも手を焼く相手に立ち向かうのは、往年のゲームチャンピオンたちです。

映画『ピクセル』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ
http://www.pixel-movie.jp/

1982年、NASAはタイムカプセルを宇宙に打ち上げました。


当時の流行といえばルービックキューブ


大統領はロナルド・レーガン


人気があったゲームの1つがパックマン


そんなメッセージが届いた結果、宇宙の彼方から来訪者が。


彼らが看板に触れると、一部がピクセル状に。


そしてやってくる黒い影。


エイリアンたちの母船です。


走り回るパックマン


町中が大混乱に。


そこで作られたのが……ゲームセンター?


1982年当時のゲームチャンピオンを集めて対抗しよう、という考えです。


アダム・サンドラーが演じるサム・ブレナーは「パックマン」の世界チャンピオン。


ジョシュ・ギャッドの演じるルドロー・ラモンソフは「センチピード」の達人。


ピーター・ディンクレイジの演じるエディ・プラントは「ドンキー・コング」のキング。


ゲームから飛び出してきたような敵に苦戦する軍隊。サムたちから「パターンを読め!」とアドバイスされますが、パターンが何のことなのかさっぱり。


「頭が弱点だ」というアドバイスがあっても、そううまく戦えるわけがありません。


そんな中、ゲームのチャンピオンとして戦う3人。


周囲を意にも介さないパックマン


「パックマンを倒すにはゴーストしかない」と……


アオベエやアカベエの代わりとなる車に乗り込んで、パックマンに挑みます。


敵の力は圧倒的


ゲームチャンピオンたちは世界を守れるのか。


謎のピクセル美女……


残念ながら、彼女も敵のようです。


この見覚えのあるステージは……


「ドンキー・コング」の世界。


自分がマリオ代わりになってドンキー・コングと戦うことに。


戦いとは無縁そうな、穏やかな顔の男性。パックマンの開発者・岩谷徹さんがモデルです。


「パックマンは自分の息子だ、戦いたくはない」と話し合いに赴き、「よく、こんなに大きく成長してくれた」と感激。


手をさしのべますが……


パックマンはその手をパクリ。


なんてこった……。


映画「ピクセル」は9月19日(土)公開予定です。

・関連記事
「ピクセル」が地球を侵略してくるというコンセプトのすごいムービー - GIGAZINE

人海戦術でピクセルを忠実に再現した「人間テトリス」の手に汗握るムービー - GIGAZINE

想像力で補うとそれっぽく見えるピクセルでできた美女「PIXXXEL」などを送り出すフォトグラファー「Jean-Yves Lemoigne」 - GIGAZINE

マリオを64bitならぬ64ピクセルで再現した「スーパーピクセルブラザーズ」 - GIGAZINE

巨大なライトペインティングが簡単に作れる「Pixelstick(ピクセルスティック)」を使ってみた - GIGAZINE

429

in 動画,   映画, Posted by logc_nt