取材

アニメ・ゲーム・ご当地キャラがカオスな接戦を繰り広げた「着ぐるみ対決!だるまさんが転んだ」を見てきました


徳島で2015年5月3日から5日にわたって開催された「マチ★アソビ vol.14」では、アニメのキャストやスタッフによるトークショーや上映会、ゲームの試遊会などが行われましたが、アニメやゲーム関連のイベントだけでなくヒーローショーや釣り大会といったものまで実施されました。その1つが「着ぐるみ対決!だるまさんが転んだ」で、アニメ・ゲーム・ご当地キャラが勢ぞろいしてカオスな戦いを繰り広げてくれました。

マチ★アソビ vol.14 2015.05.03~05.05開催
http://www.machiasobi.com/

イベントの司会を務めるのはマウスプロモーションの納谷僚介さん、アシスタントを声優の加隈亜衣さんと今回のマチ★アソビで公開結婚式を挙げた井ノ上奈々さんが担当します。イベントには全9体の着ぐるみキャラクターが参戦し、3体1組で「だるまさんが転んだ」を3回行い、勝者同士で決勝戦を行います。


栄えある1回戦の参加者はアプリ「なないろランガールズ」に登場する橘柑奈をモデルにした公式マスコットキャラクター「かんなさん」と……


自衛隊徳島地方協力本部のマスコットキャラクター「さきちゃん」と「もりくん」です。


1回戦の鬼を担当する井ノ上さんがステージの左端に立ち、着ぐるみたちがステージの右に立ってだるまさんが転んだの始まり。一見すると足の長いさきちゃんともりくんが有利そう。


井ノ上さんが「だーるーまーさーんーがー」と少しゆっくり目にかけ声を唱えると、意外なことにかんなさんが猛ダッシュを見せます。


かけ声を言い終わる前にかんなさんが鬼の井ノ上さんにタッチ。勝負は一瞬でついてしまいました。


1回戦の勝者はかんなさん。あぜんとするさきちゃんともりくんの横で、かんなさんは喜びを見せつつ、視界が悪いためかステージ上をウロウロ。


2回戦には徳島県のマスコット「すだちくん」が登場。地元出身ということで大声援が送られます。


圧倒的に人気のすだちくんに続いて、これまた人気の高いアニサマ公式宣伝大使の「うーさー」がスタッフに支えられながら登場。「勝負になるのか?」という不安がよぎります。


うーサーに続いて、「初音ミク and Future Stars Project mirai」の公式プロモーションキャラクター「ミクダヨー」が登場して3体が出そろいました。ステージに入るだけでも一苦労です。


そんなこんなで2回戦のスタート。足の長いすだちくんとミクダヨーが有利です。


鬼担当の加隈さんのかけ声でゲームは進みます。


何かの空気を悟ったのかミクダヨーは途中からぴくりとも動かなくなりました。


うーさーがリードする思わぬ展開でしたが、かけ声が唱えられていないときに動いてしまいアウト!


勝負はすだちくんとやる気を取り戻したミクダヨーの戦い。


接戦を制したのはすだちくん。見事に決勝に進出です。


続いて入場してきたのは「ガンスリンガー ストラトス」の公式マスコットキャラクターの「まぐま」と「どぐま」ですが、頭部が巨大なのと足が短いため、ステージに入場するのも大変な状態。


まぐまとどぐまの後からゲーム「ゴッドイーター」シリーズに登場するスロットメーカー山佐のマスコットキャラクター「ケロット」が出てきました。どう考えても動きやすそうなケロットが有利。


3体が立ち位置に並んでだるまさんが転んだの開始。すでにゲームに参加した着ぐるみたちがステージの左端で待機しているため、鬼と着ぐるみの距離が段々近くなるという展開です。


かけ声が始まりましたが、空気を読んだケロットがほとんど動かずまぐまとどぐまがリード。


どぐまは横向きにしてよちよち歩いて進んで行きます。


最後はリードしていたどぐまが頭で井ノ上さんにタッチして終了。


ケロットの気遣いもあり、予想を覆してどぐまの勝利です。


すでに9体の着ぐるみが登場してステージ上はてんやわんや。着ぐるみは視界が悪いためステージ上から転げ落ちる可能性があり、納谷さん、加隈さん、井ノ上さんがサポートしなければいけない状態です。


ここでゲストとしてゴッドイーターのオーガテイルの超巨大着ぐるみが登場。しかしながら約80kgあるという着ぐるみは1人で動くのが不可能で、7、8人のスタッフが支えています。


どうにかしてオーガテイルがステージに到着。頭部が重すぎるので油断すると前に転んでしまいそうです。オーガテイルだけでだるまさんが転んだはできないため、急きょ徳島発のオリジナルヒーロー「蒼竜神マヴェル」が参戦します。


オーガテイルはスタートラインに並ぶのも困難ということで、ステージの真ん中から手前に立っている納谷さんがかけ声を唱える形でようやくスタート。


普通に戦うとマヴェルの勝利が明らかなため、マヴェルは「だるまさんが転んだ」の間にポーズをとって場を盛り上げます。


オーガテイルが勝利すると決勝戦がとんでもないことになりそうということで、マヴェルが最後に勝利。オーガテイルはクビを縦や横に振るだけというカオス展開でした。


ステージで決勝戦の準備が進められる中、スゴスゴと退散するオーガテイル。おつかれさまです、と声をかけたくなります。


ということでかんなさん、すだちくん、マヴェル、どぐまの4体で決勝戦はスタート。どぐまの頭が大きすぎるため見えませんが、ステージの一番奥にかんなさん、どぐまの隣にマヴェルが並んでいます。


マヴェルが圧倒的有利なのですが……


ほとんど真面目にやる気なし。空気を読みまくりステージの中央で好き勝手なポーズをとります。だるまさんが転んだの方は、すだちくんがリードしていて勝利を手中に収めた状態です。


波乱が起こることなく、リードしていたすだちくんが勝利!


地元出身ということで会場も大盛り上がりです。


すだちくんには、優勝商品として賞状が送られ、その後に1分ほどのPRタイムが与えられました。


大勢の着ぐるみがステージから転げ落ちたり、川にドボンすることなく「着ぐるみ対決!だるまさんが転んだ」は無事終了。


最後もスタッフに支えられながらステージを後にする着ぐるみたちでした。

・関連記事
悪が正義を圧倒して「蒼竜神マヴェル ヒーローショー」が「ヒールショー」状態に - GIGAZINE

ゆるキャラ総勢150体、「ひこにゃん」「しまさこにゃん」などゆるキャラブームの火付け役たちを余すところ無く撮影してきた - GIGAZINE

「やおい」と同名で有名になった「801ちゃん」やTVチャンピオンで優勝した「わたる」など、個性が強すぎる関西のゆるキャラたち - GIGAZINE

手抜きっぷりをウリにするなど、キャラによってクオリティに差がありすぎる東海・北陸地方のゆるキャラたち - GIGAZINE

ご当地キャラ専門部署がある羽生市ではキャラがどう生かされているのかを確かめに行ってきました - GIGAZINE

顔の大きさは約4万3000平方メートル、衝撃のマスコットキャラクター「とつか再開発くん」とは? - GIGAZINE

in 取材,   アニメ,   ゲーム, Posted by darkhorse_log