取材

描き下ろしイラストや台本などアニメ・ゲームの貴重なグッズが多数登場する「チャリティーオークション」


マチ★アソビでは毎日チャリティーオークションが開催され、アニメやゲーム関連のアイテムや非売品、制作スタッフのサイン入りグッズなどなどを求めるお客さんが、アイテムゲットを目指してオークションに参加します。レアな品には10万円以上の値がつくことも当たり前になってきたオークションの様子を3日間見てきました。

チャリティーオークションの初回は、5月3日(日)の10時半から両国橋西公園で行われました。司会を務めるのは、弓岡雅子さん、田中ブンケイさん、徳島のヒーロー・蒼竜神マヴェルの3人。


両国橋西公園ではオークションの後に「アイドルマスターシンデレラガールズ」のライブが控えていたので、ブンケイさんが「お客さんの中にプロデューサーさんはいますか?」と聞いたところ会場中から手が挙がりまくり、「おまえら多すぎだよ!」とブンケイさんがツッコミを入れていました。


オープニングトークのあと、さっそくオークション開始。まずはアイドルマスターのクリアファイルと……


コップのセットが3組用意されました。値段はブンケイさんの独断で76.5円からスタート。


出品されたものが欲しいと思った人は、大声で希望価格を叫びます。アイマスセットはそれぞれ2500円、3000円、3500円で落札され、落札が決まるたびに会場からは拍手があふれていました。


続いては、OVA「この男。」シリーズなどDVDの6枚セットが3000円で落札。


オークションはどんどん進みます。アニメイト提供の「ツキウタ。」アニくじA~E賞ランダム3個セットは3000円で落札。


徳島銀行提供のTHE [email protected] MOVIE&キルラキルの2015年カレンダーは、徳島銀行に口座を持っている人に2014年12月に銀行店頭で配布されたもので、この機会を逃してしまうとめったに手に入らない非売品。


カレンダーの価格は1000円からどんどんつり上がって、最後は2万5000円で落札されました。カレンダーは他の日のオークションでも数枚出品されて、価格はそれぞれ1万2000円、1万500円、1万円でした。


続いては、「うたの☆プリンスさまっ♪」トートバックやポスターなどのセット。


音也、真斗、那月の3人が描かれたマウスパッドもついています。5000円という比較的落ち着いた値段で落札されました。


高知さんさんテレビ提供の、ニホンカワウソがモデルの「さんのすけ」ぬいぐるみ&ストラップと……


「ワンピース」のチョッパー型ウォーターボトルのセットは、水の賞味期限が近いため、100円からスタート。落札価格は3000円でした。


黒地に銀のイラストが映える「Fate/stay night」原画集は、アーチャー、士郎、セイバーの3冊がセットで5万円。


落札された品は、マヴェルが控えテントまで運んで落札者に手渡ししていました。


午前の部ラストは、ufotableが2013年冬のコミックマーケット85に出店した時のお品書きタペストリー。世界にひとつしかない1点モノで、2m以上の特大サイズです。「スタートはやわらかく」ということで、開始価格は1000円。


しかし、価格がどんどんつり上がっていったため、12万円まで到達したところで希望者がじゃんけんを行うことに。勝負する2名に対して「いくらまでなら出せるか参考までに……」とブンケイさんが入札者に予算を聞きます。


じゃんけんの勝者は決着の瞬間に思わずガッツポーズ。「マチ★アソビ初日の午前から10万円オーバーって、ちゃんと家まで帰れるのか?」と司会一同が心配するほどの価格です。


会場全体が大盛り上がりで、5月3日午前のオークションは終了しました。


続いては5月3日夕方から新町橋東公園で2回目のオークションが開催されました。時間が押していたため前のステージの片付けもそこそこに、近藤光プロデューサーがオークションを進行していきます。


サイバーコネクトツー社長の松山洋さんは客席からオークションを見守っていました。


まずは中村繪里子さんから開会式直後にサインを入れてもらったという「徳島県 旅★アソビ」冊子。冊子自体は無料で配布されているものです。


「徳島県 旅★アソビ」冊子は100円からスタートして、落札価格は3万円。


落札した人は、ステージに向かって左側のテントで落札品を受け取ります。


続いて、しゅるしゅると現れたこの布は……


カフェ用に制作したという、ドレスアップした凛のタペストリー。


桜と士郎のタペストリーも用意されていました。


まずは桜のタペストリーが4万2000円で落札。いずれも非売品のため、客席からは「お金出して買うから普通に売ってくれー」という声も挙がっていました。なお、近藤プロデューサーから、5月5日のオークションで他キャラクターのタペストリーも出品されることが明かされ、この際出品する予定の言峰綺礼タペストリーには中田譲治さんのサイン付き、という告知もありました。


凛のタペストリーは18万円で落札。近藤プロデューサーも思わず「いや、これ、布っきれですよ?」と真顔になってしまうほどの高額落札です。


士郎のタペストリーは500円でスタートしたもののなかなか手が挙がらず、「かっこよくキメてるのに女子に人気ないなあ。女子は綺礼さん待ちなのかな?士郎、かわいそうに」とみんなに哀れまれていました。最終的に男性の方が1万5000円で落札。


「Fate/stay night」原画集の色校はモノクロとカラーの2枚セットで2万1000円。


1000円刻みの戦いが繰り広げられて、途中から進行に参加したブンケイさんが指を挙げて価格を示す場面も。


「Fate/stay night」原画集の色校は、モノクロ&キラキラの3枚セットも出品されました。こちらは3万5000円で落札。


続いて、クラウドファンディングで出資を集めたアニメ「リトルウィッチアカデミア」の吉成監督サイン入りスタッフ本。


スタッフ本の中には、モノクロのイラストがぎっしり詰まっています。落札価格は6500円。「万の位に乗らなかったな、安いじゃん」と思ってしまうほど金銭感覚がマヒしてきました。


ここで松山社長が登壇、近藤プロデューサーは次のイベントへ走っていき、2人が入れ替わりに。


松山社長は、マチ★アソビ先行販売の「.hack//BLOCK」を持参。


「.hack//BLOCK」は、「プラモブロック」と「.hack」シリーズ主人公のカイトがコラボしたもので、熟達度に応じてブロックの難易度が変えられるのが特徴とのこと。


さらに「.hack//Link」完全設定資料集に……


その場でサインを書いていく松山社長。


完成したサインはこんな感じです。ブロックと資料集がセットで500円からスタート。


落札価格は1万8000円で、「士郎のタペストリーを超えた!」と松山社長はガッツポーズ。


続いては「空の境界 俯瞰風景」の原画集。市場ではもう売っていない品とのこと。


表紙をめくったところに、あおきえい監督のサイン付きです。


原画集はケース入り2冊セットが7万円で落札されました。


「Fate/Zero」切嗣調査写真集の、ウェイバーが描かれている色校は……


「令呪を3個使うぞ、というくらいの強い意志を感じます」とコメントされるほどの大接戦の末に、2万3000円で落札。


KADOKAWA提供の、「Fate/kaleid liner プリズマイリヤ」フィギュアは、外箱に門脇舞以さん(イリヤ)、名塚佳織さん(美遊)、齋藤千和さん(クロエ)のサイン入り。


5000円刻みの激しい戦いが繰り広げられ、落札価格は9万5000円でした。


大盛況で5月3日午後のオークションは終了。


最後にマヴェルが5月5日のステージショーの告知をして去っていきました。


また、5月3日は、「おへんろ。」のイベントとオークションの時間が重なったため、ufotable CINEMA前で特別にオークションが実施されました。

ufotable CINEMA前の階段状からタペストリーが垂らされて、オークション開始。この山下七海さんのタペストリーは、マチ★アソビ vol.13で徳島阿波おどり空港に飾られていた1点モノ。


直筆コメントとサイン入りのタペストリーを求めて、会場から勢いよく手が挙がります。


タペストリーの入札時には「100万円!」のコールが上がり、これにはスタッフや声優陣もびっくり。あまりに高額すぎるため、価格は後で相談という形になりました。なお、「おへんろ。」色紙は時間の都合上、翌日以降のオークションに回されることになりました。


5月4日のオークションは、まず午前中に新町橋東公園で行われました。進行役は近藤プロデューサーで、マヴェルとメイジスのみさみささんがアシスタントを務めます。


まずは準備運動として、山佐提供のケロットグッズセットが3組出品されました。それぞれ3000円、2000円、2000円で落札。


アニメイト提供の「ツキウタ。」アニくじセットは、A賞~E賞が毎日ランダムで出品されました。5月4日午前のオークションでは、クリアファイルとトートバッグや……


CD、キーホルダーなどがセットで4000円。また、午後のオークションでは別パターンのセットが5000円で落札されました。


mages.提供の「CHAOS;CHILD」の公式原画集はなかなか手に入らない品で、さらに原作者・志倉千代丸さんほか開発陣のサインが入った特別仕様。チャリティーオークション用に3冊用意され、オークション各回で6万5000円、5万円、4万円で落札されました。


続いて折りたたまれた布状の品が登場。


広げてみると、AnimeJapan 2015のマチ★アソビ×ufotableブースのお品書きタペストリーでした。落札価格は3万5000円。午後のオークションでも同じタペストリーが出品されて、2万円で落札されました。


がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」のキャラクターデザインを手がけた小笠原篤さんによる描きおろし直筆色紙は、なんと14万円。


続いて、サイバーコネクトツーの松山社長と、一緒にイベントに出演していたアメリカザリガニの平井善之さんが登壇。


松山社長が持ち込んだのは、「予備分」と書かれたグッズセット。


中に入っていたのは、マチ★アソビの会場で販売していたサイバーコネクトツーグッズにサインを入れたもの。


松山社長をイラスト化した缶バッチや……


松山社長と平井さんのサイン入りクリアファイルなどがセットで1万8000円でした。


だんだんと天気がよくなってきたので、ステージ上のテントが撤去されました。


同時にステージ後方では公開結婚式の設営が進められていました。


「おへんろ。」のちわ・まお・めぐみの3人の描きおろしイラストに、江原裕理さん・山下七海さん・高野麻里佳さんたちキャスト3名のサインが付いた色紙は、多数のお客さんが参加する接戦となり、25万円で決着。


「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」の台本は、初回から放送済までの回がバラバラに出品されて、がんばれば全ての台本を集められる、というもの。#01~#05のアフレコ台本5冊セットは490円からスタートして、いきなり1万円に跳ね上がります。


25万円に到達したところでジャンケンを行うことに。


民安★ROCKのプロデュースをしているストロボマジックの岡和田一輝さんが登壇してオークションの進行に加わります。民安★ROCKの色紙とCDは4万円。


岡和田さんのドバイ土産のお菓子は3000円。


近藤プロデューサーがオフィスで発掘したという、あおきえい監督による両儀式の描きおろしイラストは、監督がちょうど来徳しているので、後ほどサインを入れてもらってから落札者に渡されるとのこと。


20万円に到達したところでジャンケン対決、これにて5月4日午前の部のオークションはおしまい。


色紙にはあおきえい監督のサインをいれてもらって、無事に仕上がったようです。

続いてのオークションは、5月4日午後から両国橋西公園で開催されました。「Fate/hollow ataraxia」のゲーム本品+角川からのイラストセット。「カプセルさーばんと」キャラクターデザインの経験値@コハエースさん&雌鳥さんの2人による描きおろしイラストです。「徳島ローマ計画ドヤァ」「くだけ!!ギガンティックサクラ!!」などの決めぜりふ入りで、30万円で落札されました。


Fate/ゼロカフェ」セットはてぬぐい、メモ帳、ノートなどが入っていて、2組出品されました。それぞれ8000円、7500円で落札。


ゆかちー。 の色紙&徳島で撮影されたポラロイドは3万円。5月4日午前には別パターンの色紙が2万4000円で落札されました。


「Fate/ゼロカフェ」ハロウィン仕様のミニサイン色紙は16万円。


「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」#07~#13アフレコ台本セットは、20万円。



マチ★アソビ vol.14最後のオークションは、最終日5月5日の閉会式直前に新町橋東公園ステージで行われました。「梅津泰臣のうすい本」は梅津さんのサイン入りで6000円。


VALKYRIE DRIVE」の金子ひらく監督、高木謙一郎プロデューサー、まもり役の井澤美香子さんによるサイン色紙は1万円。


カフェ用に制作したという「Fate/stay night」衛宮切嗣&ちび士郎のタペストリーには、ufotableのスタッフから切嗣へのバースデーメッセージがぺたぺた貼られています。落札価格は5万円。


タペストリーの出品が続きます。個人向けダンボール防音室「だんぼっち」の公式キャラクター・神田静音のタペストリーは、佐倉薫さんのサイン入りで1万3000円。


魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」アフレコ台本セットは、12万3000円で落札。


台本の表紙を開いたところには平尾隆之監督のサイン付きです。


5月5日のお昼に行われたマチ★アソビRUNで近藤プロデューサーと弓岡さんが使っていたタスキにサインを入れたものは1万6000円。


マチ★アソビでライブを開催した綾野ましろさんのイラスト付きサイン色紙は5万円。


同じくライブを行ったAimerさんのサイン入りトートバッグは2万5000円。


Fate/stay night Cafe」冬コミ冊子は9000円。


「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」原画集の凛デザインボックスは2万円。


AnimeJapan 2015のマチ★アソビ×ufotableブースのお品書きタペストリーは1万8000円。


遠坂時臣のタペストリーは、なんと75万円まで価格がつり上がりますが……


あまりに高額すぎるということでじゃんけんでの決着が提案されました。しかし、じゃんけんは絶対にイヤだという声が入札者からあがり、希望者同士で相談となりました。


言峰綺礼のタペストリーは足下に中田譲治さんのサイン付きで20万円。


「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」#14~最新話数までのアフレコ台本5冊セットは23万円まで価格が上がり、オークション終了後に相談する、ということに。


カフェ用に制作したという遠坂時臣のクレイ人形も25万円に到達。時臣さん関連の品は、閉会式後に価格を相談するという形になりました。


ニュータイプ30周年記念として提供された「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」10色複製原画セットは奈須さん&武内さんのサイン入りで、2枚目の奈須さんのサインの位置がポイントとのこと。価格は50万円オーバーとなり、こちらも閉会式後に価格を相談することになりました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「マチ★アソビ vol.14」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

激レアグッズが登場し50万円突破のアイテムも出た「チャリティーオークション」 - GIGAZINE

声優・スタッフのサイン入り激レアグッズが出品されたチャリティーオークション - GIGAZINE

10万円超えのレアグッズが続出したマチ★アソビのチャリティーオークション - GIGAZINE

ウェイバー&ライダー直筆色紙に20万円の値がついたチャリティーオークション in マチ★アソビ vol.8 - GIGAZINE

in 取材,   アニメ,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.