メモ

性教育をよりポジティブにすることで出生率を上げられるという可能性


少子高齢化は日本だけでなく世界中で問題となっていますが、デンマークでは出生率を上げるべく「性教育をより肯定的なものにする」という取り組みを初めとして、国を上げてさまざまな方法が行われています。

Sex Education in Europe Turns to Urging More Births - NYTimes.com
http://mobile.nytimes.com/2015/04/09/business/international/sex-education-in-europe-turns-to-urging-more-births.html

性教育の中では「避妊の方法」といったような、妊娠に対して否定的な事柄が扱われることが多々あります。しかし、デンマークの「Sex and Society」という非営利団体の理事であるマリアンヌさんは「私たちは本当に長い間、避妊の方法について話してきましたが、私たちが実際にすべきことは、妊娠する方法を教えることだと考え始めました」と語っており、少子化を止めるべく、子どもの性教育の機会を増やすとともに、妊娠に対して肯定的な形での性教育を開始。

以下の写真はデンマークの首都であるコペンハーゲンの学校で、13歳から14歳の25人が集められ性について話している様子。子どもたちは気まずい雰囲気で、赤い爪をいじったり、携帯電話をいじったりする子どももいます。自慰行為についての話題に変わったとき、少年が笑いだし、それにつられて反対側にいた少女も口を手で隠しながらくすくす笑い始めると、29歳の男性インストラクターは「笑っても問題ないよ」「私たちは厄介なことを話しているから」と話します。


1970年代初頭には1人の女性が2人の子どもを産んでいたデンマークですが、現在は人口を保つほどの出生率がない状態。またデンマークだけではなく、高齢化は世界的に進んでいます。日本はすでに出生率の問題に直面していて、大人用おむつが子ども用おむつを追いやって販売されています。2015年2月にイタリアの厚生大臣はイタリアを「死につつある国」と述べており、またドイツは少子化防止としてファミリー向けの補助金に多くを費やしましたが、効果はほどんどなかったと言われています。

以下のグラフは今後40年間で、労働可能な20歳から64歳までの100人に対して、65歳以上の人が何人存在するかの変化を示したもの。日本・ヨーロッパ・デンマーク・アメリカ・アジア・世界平均・アフリカの線グラフがあり、2010年の時点で日本は65歳の人が40人近く存在し、ヨーロッパでは28人。しかし、40年後には日本もヨーロッパも2倍近くの人数になっていると予測されています。一方で、デンマークだけが2040年を境に65歳以降の人口が減少していっているのが分かります。


人口統計の影響についての一致した見解はありません。人口問題を高度に発展した社会の自然な成熟だと考える人もいれば、災害と見る人もいます。しかし、事実問題として、少ない労働者と多くの退職者という2つの重荷が、社会を支え続けるための労働の負担となっています。若者は高い失業率によって親になることを断念させられ、そして出生率の低下が労働者の不足を招いて負のループが生まれるわけです。

しかし、社会不安があってもデンマークでは創造性を発揮しさまざまな取り組みを行う人が多くいます。とある聖職者は性とエロチシズムの熱烈な文書を書いて大見出しで報道され、一方で、出産を支持する出会い系サイトを作成した企業家もいます。「デンマークでは休日により多くセックスを行う」として、「セックスはデンマークの将来を救うことができるのか」という問いかけと共に、若いカップル向けにパリのホテルに焦点を当てたキャンペーンを実施した旅行会社もありました。なお、このキャンペーンの反応は良く、デンマークのメディアは「隠すべきもの」としてではなく、「通常」の話題としてキャンペーンを取り上げたと、旅行会社のイーヴァさんは話しています。

これらの取り組みによってデンマークの出生率は4年ぶりに上昇。この件についてマリアンヌさんは「我々の行いが原因かは分からないわ」と笑って語りましたが、デンマーク文部大臣は「これからも健康と性について積極的にアプローチしていく」としています。

・関連記事
「出生数が2014年に過去最多を記録」という国際連合の予測が間違っている可能性 - GIGAZINE

2026年にはインドが中国を抜いて人口世界一の超大国になる見通し - GIGAZINE

人口の男女比が寿命に影響、思春期に女性をめぐる競争が激しいと男性は短命に - GIGAZINE

インドの人口が爆発的に増えているのを一目で簡単に理解できる写真いろいろ - GIGAZINE

世界の人口、2011年10月にも70億人を突破へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log