取材

ニコニコ超会議でお腹も心も満たされること間違いなしの「超フードコート」「超休憩所」


ニコニコ最大のイベント「ニコニコ超会議」は、2015年4月25日(土)・26日(日)に開催される「ニコニコ超会議2015」で4回目となり、「超フードコート」では今回も凝りまくったネタフードを提供予定です。さらにこれまでにはない新たな飲食スペースとして「超休憩所」が設けられるとのことなので、イベントホール内の設営の様子を見てきました。

超フードコート | ニコニコ超会議2015
http://www.chokaigi.jp/2015/booth/cho_food.html

幕張メッセのイベントホールに「超休憩所」と「超フードコート」があります。


イベントホールの中をのぞいてみると、トラックが乗り入れているのがドア越しに見えました。


ホール内は鋭意設営中。


超フードコートの外枠を組み立てているところ。


看板に使われるとおぼしき板がぎっしり。


流し台や調理器具は、屋外で出番待ち中。


イベントホールの2階席はすべて「超休憩所」となっています。


座席はこんな感じ。以前は「フードコートで食べ物を買っても、座る場所が見つからない……」という悩みがありましたが、今回からは席に座ってゆっくりごはんを食べることができます。


頭上を見上げると巨大なテレビちゃん型のスクリーンを発見。


超休憩所に座ると、ちょうどテレビちゃん型スクリーンがこんな感じに見えるようになっていました。雑なコラ画像のようにも見えますが、これは実物のスクリーン。ご飯を食べながらでも超会議の様子を見ることができるというわけです。


超会議当日は、どでかいプロジェクターを使ってスクリーンに映像が映し出される予定です。


そうこうしている間に超フードコートの外枠がほぼ組み上がりました。


流し台もホール内に搬入していきます。


防災シートもしっかり完備。


ブースの裏側には、カップやストロー、お皿などが天井高く積み上げられています。


こちらはせっせと配線作業中。


巨大テレビちゃんの下にもフードコートが増設されていきます。


せっせせっせ


設営途中でドリンク類が到着。


鍋やバケツ。


ラップやゴム手袋も到着。だんだんとフードコートらしくなってきました。


イベントホール内には、JALのブースもあります。


「JALの最高のおもてなし」ということで、キャビンアテンダントやパイロットによるおもてなしを受けることができます。


飛行機から地上に降り立つようなリッチな気分が体験できる「超階段」


超階段は下り専用とのこと。


ステップカー(パッセンジャステップ)がホール内に搬入されました。


超休憩所からステップカーを見下ろしてみるとこんな感じ。ステップカーの最上段は大人が10人以上乗れそうなくらい広く作られています。


超休憩所とステップカーががっちり接続されました。


タラップの上部にJALマーク付き。


さらに、飛行機の座席の試乗コーナーもあります。


ここでは「国際線ファーストクラス」「国内線クラスJ」「国内線新普通席」の3種類の座席を体験できます。


国際線ファーストクラスはほぼ個室のような作りで、ゆったりと空の旅を楽しむことが可能。


イベントホール内では荷物の運搬のためにフォークリフトが大活躍中でした。


設営スタッフたち。


そしていよいよ超フードコートの全貌が明らかに。


NICO BURGER


ニコバーガー+ポテトセット」は800円


ニコドック+ポテトセット」も800円です。


幕張 特製ラーメン ニコニコ製麺


超あっさり塩ラーメン」は800円。チャーシュー、ナルト、ネギのほかに、「超カイギ2015」とイラストが描かれたのりが入っています。


超こってりとんこつラーメン」も800円で、こちらも超カイギのりと、チャーシュー、ナルト、紅ショウガが載っています。


ニコ戸屋 超会議2015本店


プレミアムテレビちゃん牛丼」は700円で、牛肉を覆い尽くすほど大きなチーズはとろりと溶けていて、チーズの上にはテレビちゃん型ののりが載っています。


オクラ、めかぶ、とろろをご飯の上に載せた「超ネバネバ爆弾丼」は700円。とろろの上にテレビちゃん型に切り抜かれたのりが飾られていてキュートです。


向かって左側のコーナーは、設営にやや時間がかかっているようでした。


「ボーイフレンド(仮)」と「ガールフレンド(仮)」のコラボドリンクは1杯600円。全20種類のジュースが日替わりで提供される予定です。


これらのフード・ドリンクの他にも超フードコートでは様々な飲食物を扱っており、メニューは以下のようになっています。

・あんこ入りパスタライス(1000円)
※販売時間:11:00~無くなり次第終了


・クソネミオムライス(1000円)
※販売時間:13:00~無くなり次第終了


・一度は食べたいマンガ肉(1000円)
※販売時間:15:00~無くなり次第終了


・テレビちゃんカレー(900円)


・テレビちゃんまん(500円)


・超唐揚げ(500円)


・台湾のふわふわかき氷 いちごミルク・マンゴ-・チョコレート(各600円)


なお、イベントホール内の「超フードコート」以外にもいくつかのホールにポップコーン(500円)が買えるスタンドがあり、各ホール限定のフレーバーが楽しめるので、お気に入りの味を見つけてみるのもいいかもしれません。


ポップコーン屋台のちょうちんは、ニコニコ町会議で使われていたもの。


さらに「におい亭クンカクンカ」という、超フードコートに「鼻」を添える謎のブースも存在しているので、気になる人はぜひ会場で実物を確かめてみてください。


超フードコート | ニコニコ超会議2015
http://www.chokaigi.jp/2015/booth/cho_food.html



・つづき
幕張メッセ全ホール貸し切りでさらに楽しめるようになったニコニコ超会議2015を支えているのはこんな人たち - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ニコニコのすべてを現実世界に再現する巨大イベント「ニコニコ超会議2015」の現場設営に潜入してきた - GIGAZINE

ガチムチ、アルパカなどネタだけでオナカがいっぱいの「超フードコート」 - GIGAZINE

ホモォムライス・ホリエモン弁当・石破カレーなどがそろった「超フードコート」 - GIGAZINE

実寸大イングラムがニコニコ超会議2015の会場に降臨、まさかの特車二課整備班も搬入作業に合流 - GIGAZINE

in 取材,   , Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.