メモ

サムスン電子は2015年第1四半期に前年同期比で30%以上の減収、今後の見通しは?


サムスン電子が発表した2015年第1四半期(1月~3月)の決算報告によると、営業利益は前年同期比で30.5%の減収となったことが明らかになりました。市場予想を踏まえた今後の見通しをMarketWatchが報じています。

Samsung Electronics Announces Earnings Guidance for Q1 2015 – Samsung Electronics Official Blog: Samsung Tomorrow | Samsung Electronics Official Blog
http://global.samsungtomorrow.com/samsung-electronics-announces-earnings-guidance-for-q1-2015/


Samsung expects 30.5% decline in operating profit - MarketWatch
http://www.marketwatch.com/story/samsung-expects-305-decline-in-operating-profit-2015-04-06

サムスン電子の2015年第1四半期の営業利益は5兆9000億ウォン(約6477億円)となり、前年同時期に比べて30.5%の減収となりました。サムスン電子は2014年に当時のフラグシップモデルとなるGalaxy S5を発売していますが、AppleのiPhone 6や中国製の格安スマートフォンらの好調により、スマートフォン販売台数No.1の座を奪われる結果となってます。


ただし、ダウ・ジョーンズの8人のアナリストは当初、前年同期比で35%営業利益が減収すると予測していましたが、この予測を裏切る結果となっています。よって、サムスン電子の減収は今期で下げ止まりとなり、第2四半期からは上昇傾向に転換するのではないかとも予想されています。


なお、2015年4月10日にはサムスン電子の未来を占う期待のスマートフォン、Galaxy S6シリーズが発売されます。

・関連記事
2014年第3四半期にスマホは全世界で20%増、特にXiaomiは300%成長 - GIGAZINE

ついに出た最新鋭フラッグシップ端末「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」のウリはどこなのかまとめ - GIGAZINE

Samsungの新フラッグシップ機「Galaxy S6」と「iPhone 6 Plus」のカメラを比較するとこうなる - GIGAZINE

「Galaxy S6 EdgeはiPhone 6 Plus以下の耐久性」という試験にSamsungが公式に反論 - GIGAZINE

Samsungが中国の製造工場での「ブラック工場問題」を解決すると発表 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log