ハードウェア

Samsungの新フラッグシップ機「Galaxy S6」と「iPhone 6 Plus」のカメラを比較するとこうなる

By Kārlis Dambrāns

Samsungがモバイル市場の命運をかけて投入するといわれている新フラッグシップ機、「Galaxy S6」と「Galaxy S6 Edge」は、共に素材にメタルとガラスを多用した高級感重視デザインであり、S6 Edgeには画面の端が湾曲したSamsung独自のディスプレイが搭載されるという作り込みが行われています。一方ではiPhone 6にそっくりという感想も漏れているGalaxy S6ですが、The Vergeはライバル関係にあるともいえるGalaxy S6とiPhone 6 Plusのカメラ性能比較を行っています。

Camera test: Samsung’s new Galaxy S6 versus the iPhone 6 Plus | The Verge
http://www.theverge.com/2015/3/31/8312125/galaxy-s6-iphone-6-plus-camera-comparison

The VergeはGalaxy S6とiPhone 6 Plusでそれぞれ同じ風景を同時に撮影し、その違いを浮き彫りにしています。なお、いずれのモデルも撮影時にはHDR設定をオンにしているとのこと。


まずはiPhone 6 Plusで撮影した画像がこちら。


これに対し、Galaxy S6の画像はこんな感じ。色味がやや黄色側に寄り、全体的に明るい画像に仕上がっているようです。


部屋の隅に置いたライトを撮影。iPhone 6 Plusでは明部と暗部の違いがはっきりとしています。


一方のGalaxy S6は、明暗の差が抑えられて全体的にフラットな印象。HDRをオンにしてあるため、撮影後の処理が行われている点に留意してください。


暗い場所での撮影は、iPhone 6 Plusに軍配が上がった様子。The Vergeが「スマートフォンでベストなカメラ」と評するiPhone 6 Plusの画像は、ノイズがあまり気にならないレベルに押さえられているといえそうです。


Galaxy S6になると、ややノイズが目立つ印象で、カラーバランスも黄色と赤色に寄り気味。本の背表紙の文字がにじみ気味であることにも気がつきます。


緑の多い画像をiPhone 6 Plusで撮影するとこんな感じ。


Galaxy S6だとこう。両者を比較すると、iPhone 6 Plusがコントラスト強めなのに対し、Galaxy S6の画質はフラットに仕上がる傾向があるようです。


以下の画像は左がiPhone 6 Plus、右がGalaxy S6。日中の明るい場所になると、ほとんど違いは感じられず、Galaxy S6のほうが「少し明るいかな?」と感じるレベル。


しかし、ひとたび暗い場所に入ると、Galaxy S6はやや劣勢な印象。ギターの表面に貼られたステッカー模様が、左のiPhone 6 Plusでは比較的パシッと写っているのに対し、右のGalaxy S6は全体的にボヤッとした印象を受けると言ってよさそうです。


以下のThe Vergeのページでは、2枚の写真をシームレスに切り替えて比較することもできるので、気になる人は要チェックです。

Camera test: Samsung’s new Galaxy S6 versus the iPhone 6 Plus | The Verge

・関連記事
ついに出た最新鋭フラッグシップ端末「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」のウリはどこなのかまとめ - GIGAZINE

サムスンがモバイル事業の復活をかけた「Galaxy S6」の詳細が徐々に明らかに - GIGAZINE

サムスンがApple製品に真正面から挑むスマホ&タブレットの比較CMを公開 - GIGAZINE

SamsungがiPhone 6 Plusに対抗してGalaxy Note 4の耐久曲げ試験を敢行 - GIGAZINE

なぜサムスン製品のデザインは評判が悪いのか? - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log