ムービー

「攻殻機動隊 新劇場版」最新PV公開、過去の全作品から全ての「はじまり」へつながるファン必見な内容


2015年初夏公開予定となっていた「攻殻機動隊 新劇場版」の公開日が2015年6月20日(土)に決定し、同時にメインビジュアル、プロモーションムービー、ストーリーも公開され、一気にその全貌が明らかになりました。

映画『攻殻機動隊 新劇場版』
http://kokaku-a.jp/

新たに公開されたメインビジュアルがコレ。総監督・キャラクターデザインは「攻殻機動隊ARISE」と同じく黄瀬和哉さん。草薙素子の透けた体は何を意味するのでしょうか……。


また、新たに「攻殻機動隊 新劇場版」のストーリーも明らかになっています。

2029年3月、総理大臣暗殺事件という戦後最大の事件が発生した。被害者の中には草薙素子のかつての上司、501機関のクルツもいた。

バトーやトグサたち寄せ集めメンバーと捜査を開始する草薙。「お前たちは私のパーツだ。パフォーマンスを発揮出来ないヤツはパージする」と言い放つ草薙に、「俺たちはパーツか?」と反発するメンバー。

事件の背後にあったのは、義体開発の行く末を左右する技術的障害【デッドエンド】をめぐる政治的取引。さらに「洗脳・ゴーストへの侵入、・疑似記憶の形成」を一度に行う電脳ウィルス【ファイア・スターター】の存在も見え隠れする。そして、事件を捜査する中で掴んだ手がかりは、草薙の秘められた生い立ちにも繋がっていたのだった……。


暗躍する謎のサイボーグ。総理大臣暗殺の真相。“第三世界”の存在。その先に待ち構える罠。たった1人で己の“戦場”に向かう草薙は、後に残すメンバーに最後の“命令”を告げる。

「自分のゴースト(魂)に従え」。

残された6人が己のゴーストに従う時、はぐれ者の寄せ集め集団は最高のパフォーマンスを発揮するチームへと変化する。

“攻殻機動隊”誕生の瞬間に、世界は震撼する―。

ウェブ先行配信の最新プロモーションムービーは以下から視聴可能です。

6.20全国公開「攻殻機動隊 新劇場版」PV - YouTube


どこかで見たことのあるカットからムービーはスタート。


「今こそ」


「ゴーストの囁きに耳を傾ける時」


これは攻殻機動隊シリーズ最初の映像作品である「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」。公開は1995年で、監督は「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」や「機動警察パトレイバー」の押井守。


「人形使い計画」


「完全義体化」


「ゴーストハック」などがキーワードとなる作品。このギンギンに見開いたような独特の目が非常に特徴的。


光学迷彩はこの頃から登場していました。


トグサ


バトー


素子といった登場キャラクターのデザインは、他シリーズとは少し異なるイメージ


これは2008年に公開された「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」


project2501


「3DCG」


「フルリニューアル」


最新の3DCG技術により、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」をフルリニューアルしたものです。


2004年公開の「イノセンス」


ストーリーはバトーを中心に展開されていきます。


トグサも登場


「暴走したアンドロイド」


「天才クラッカー」


「守護天使」


少女型アンドロイドが暴走するシーン


2002年にはTVアニメシリーズの「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」が公開されました。監督は「東のエデン」や「009 RE:CYBORG」の監督を務めた神山健治。


この作品といえば真っ先に思い浮かべるのがコレ


ストーリーのキーとなるのは「笑い男事件」


「超特A級ハッカー」


「電脳硬化症」の3つ。


劇場版作品と比べるとキャラクターデザインはかなり今風のものに変化しています。


草薙素子を怒らせた海上自衛軍のアームスーツ


人気多脚戦車のタチコマも登場します


TVシリーズ第2弾の「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」


「個別の11人」


「出島問題」


「地下原発」


合田一人やクゼ・ヒデオなど一度見たら忘れられない特徴的なキャラクターが複数登場します。


ハブ電脳


TVシリーズ初の長編作品となった「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」


恐るべき入力技術……


「貴腐老人」


「ソリッド・ステート・システム」


全シリーズにしっかり登場しまくるバトー


傀儡廻


アームスーツとタチコマの戦闘シーンもアリ


「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」は草薙素子が失踪した後の物語で、トグサが公安9課を率いています。


そして2013年から劇場公開された「攻殻機動隊 ARISE」。監督は新劇場版の監督も務める黄瀬和哉。


公安9課設立までの物語で、若かりし頃の公安9課メンバーが見られます。


「擬似記憶」


「陸軍501機関」


「ファイア・スターター」


ARISEで登場する多脚戦車はタチコマではなくロジコマ


「そして2015年」


各作品の光学迷彩使用シーン比較


「新たなる劇場版が起動する」


原作 士郎正宗


さっそく素子が登場


事件現場らしきところへ急降下


今回もど派手なアクションシーンが楽しめそう


素子&イシカワ


トグサ


ボーマ


パズ


サイトー


バトー


ロジコマといったARISEでおなじみの公安9課メンバーが登場


「これが、全ての起源」


攻殻機動隊 新劇場版


・スタッフ
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督:野村和也
総作画監督:大久保徹
アニメーション制作:Production I.G
製作:「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
配給:東宝映像事業部

・キャスト
草薙素子:坂本真綾
荒巻大輔:塾一久
バトー:松田健一郎
トグサ:新垣樽助
イシカワ:咲野俊介
サイトー:中國卓郎
パズ:上田燿司
ボーマ:中井和哉
ロジコマ:沢城みゆき

© 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「攻殻機動隊 新劇場版」の2015年初夏公開が決定、特報ムービー公開 - GIGAZINE

TV版「攻殻機動隊ARISE」の詳細が発表、完全新作エピソードの製作も決定 - GIGAZINE

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版の「草薙素子」役にスカーレット・ヨハンソン - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アニメ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.