試食

モス史上最高の高さを誇る東京タワー店限定「東京タワーバーガー」を食べてきました


ハンバーガーチェーンのモスバーガーが2015年3月13日に東京タワー店をオープンしました。東京タワー店のみでの限定販売となる「東京タワーバーガー」「東京タワーチーズバーガー」が、東京タワーをイメージしたモスバーガー史上最高の高さとのことなので、どんなハンバーガーなのか確かめてきました。

モス史上最高の高さのハンバーガー『東京タワーバーガー』 『東京タワーチーズバーガー』~「モスバーガー東京タワー店」限定販売~
(PDFファイル)http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_150309_1.pdf

東京タワーに到着。


雲ひとつない快晴。


東京タワーフットタウンへはホールBから入ると近道です。


自動扉を通ると即フードコート。


一番手前のお店が「モスバーガー東京タワー店」。この日は2015年3月13日(金)でオープン日でした。「あれ、ここってマックじゃなかったっけ?」という声。モスバーガー東京タワー店は、以前はマクドナルドが入っていた一等地にあります。


今回のお目当てはこの「東京タワーバーガー(税込800円)」「東京タワーチーズバーガー(税込860円)」。ともに東京タワー店限定のメニューで、言うまでもなく東京タワーの「高さ」を表現しています。


さすがに2品同時にやっつけるのは無理と判断。東京タワーチーズバーガーを注文しました。


席でしばし待機。


オープン記念にファイルと「モスの日 ありがとう」という案内をゲット。


案内の中にはペチュニアの種が入っていました。3月12日は1号店の成増店がオープンした日とのこと。創業記念日翌日のオープンということからモスバーガーの東京タワー店にかける意気込みが伝わってきます。


しばらくして東京タワーチーズバーガーとジンジャーエール(Lサイズ)が到着。それぞれ860円(税込)と290円(税込)。


さすがに自立できないのでしょう。ヤツはカップに入れられてやってきました。しかし、カップからはみ出さんばかりのボリューム。


フォークが置いてあります。一体、どうやってこれを使えと言うのか……。


こいつをフォークで……。謎解きには時間がかかりそうです。


心を落ち着けるために、「お重」の数を数えましょう。1層目が「バンズ」、2層目が「レタス」。


3層目が「ホットチリソース」、4層目が「みじん切りのオニオン」、5層目が「マヨネーズ」。オニオンとマヨネーズを「層」に数えるのはずるい気がしないでもありません。


しかし、6層目は「スライスチーズ」。チーズは2枚なので、ここは2層分カウントしてもよさそうですが……。


7層目が「パティ」、8層目が「輪切りのトマト」、9層目が「ホットチリソース」、10層目が「オニオンフライ」。


11層目が「ケチャップ」、12層目が「みじん切りのオニオン」、13層目が「パストラミベーコン」。


そして14層目が「パティ」で最後が「バンズ」の全15層。


考え込んでも仕方がないので、まずは巨大バーガー攻略法の王道である「押しつぶしながら食べる」という手法を試します。なお、これは、片手ではまず無理。両手でしっかりと押しつぶしましょう。


しかし、力を込めるとホットチリソースが爆発。王道が通じない……。


そこで作戦変更。包装紙を使い上半分を押し出す「オフセット作戦」を敢行することにします。


思いっきり口を開けて、がぶりと一噛み。なんとか8層目くらいまでは斬り込めました。ホットチリソースの辛みはかなり強く、マヨネーズ、オニオン、チーズの味がいまいち分からないほど。


がぶり、がぶりやっていると、なんだか自分が肉食獣になったような気がしてきます。


フォークは、はみ出た具をすくい取るのによさそう。


いよいよ下半分も攻略開始。しかし、かぶりつくたびに鼻にホットチリソースがついてしまうというワナつき。


東京タワーバーガーには紙ナプキンを2枚以上つけるべきです。


ついに1層目のバンズが姿を消しました。


そして上半分が完全に消滅、しかし下半分にはパティが2枚。この状態になって初めてホットチリソースの悪夢から開放されて、厚切りジューシーなパティやしっとりホクホクのオニオンフライを楽しむことができました。


なんやかんやで完食。


東京タワーチーズバーガーは想像通りのボリューム。しかし、ホットチリソースが辛すぎて他の具材を堪能できないので、できればモスバーガーの特製ミートソースバージョンもあればよいなぁと感じました。

東京タワーバーガー&東京タワーチーズバーガーに挑戦できるモスバーガー東京タワー店は、朝9時30分から夜21時50分までの営業で、年中無休となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
モスのとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」はあまりにもたまねぎが多め - GIGAZINE

すさまじいボリュームと濃厚な肉が味わえるクア・アイナ「ハワイアイランドキラウエアスパイシーバーガー」 - GIGAZINE

鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

ソーセージを挟んだフレンチクルーラーなど「モスとミスドのとりかえっこ」を行った新商品4種類を食べてきた - GIGAZINE

マクドナルドやバーガーキングで広告写真とかけ離れたハンバーガーを作り直してもらうとどうなるのか? - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.