ムービー

ついに出た最新鋭フラッグシップ端末「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」のウリはどこなのかまとめ


Samsungがモバイル事業復活をかけて市場に投入するという最新鋭端末「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」が、2015年3月2日(現地時間)から開催のMobile World Congressに先駆けて行われたイベント「Samsung Galaxy Unpacked 2015」の中で発表されました。

Unpacked 2015は全編がYouTubeのSamsung Mobile公式チャンネルで配信されています。

Samsung Galaxy Unpacked 2015 Live Stream (Official) - YouTube


Galaxy S6とGalaxy S6 edgeのデザイン面に関しては別のムービーが用意されていて、これを見ればどこにこだわって作られているのかがわかります。

The all-new Samsung Galaxy S6 and Galaxy S6 edge - Design story - YouTube


チラッと姿を見せたのは……


Samsungが送り出す「THIS IS WHAT'S NEXT」


向かって右側のカーブが「Galaxy Note Edge」を思わせる端末


しかし、Galaxy Note Edgeとは異なり、画面は片側ではなく両側がカーブしています。


背面には「SAMSUNG」のロゴ


「これがまったく新しいSamsungのGalaxyだ」


「NEXT IS NOW」


ということで発表されたのがGalaxy S6 edgeとGalaxy S6です


こちらは公式のイントロダクションムービー。Galaxy S6とGalaxy S6 edgeがどんな機能を搭載していて、どんな特徴があるのかが端的に把握できます。

Samsung Galaxy S6 and S6 edge - Official Introduction - YouTube


発表された端末はGalaxy S6と……


Galaxy S6 edgeの2つ。edgeはディスプレイ側面がカーブを描いているので、裏返して置いていてもこのようにディスプレイ端部を確認することができます。


edgeの使用イメージはこんな感じ。エッジスクリーンであることを活かし、よく連絡する相手を5件設定して、まるで付箋のように置いておくことができます。


とてもスマート


クリアビューカバー


これはGalaxy S6、「シンプルで直感的」。


画面は5.1インチのクアッドHD スーパーAMOLEDディスプレイ


リアカメラは16メガピクセル、フロントカメラは5メガピクセル。


カメラは0.7秒で高速起動


トラッキングAFを搭載


リアルタイムHDRで、どんな明るさの場所でも撮影時のミスを減らします。


ムービーはUHD(ウルトラHD)で撮影可能


カメラレンズはF値が1.9で、光量が乏しい場所での自撮り写真も明るく撮れます。


また、世界初の14nmモバイルプロセッサ・64ビットアーキテクチャ・LPDDR4メモリを搭載し、低消費電力でパワフルなゲームを楽しめます。


充電面に関しても大きな進化がありました


急速充電に対応し、10分間で4時間分の充電が可能。


もちろんワイヤレス充電もOK


正面と背面に「ゴリラガラス4」を採用して割れにくさを向上させ、デザイン性も高まった一方で、これまでのようにバッテリーを取り外すことができなくなったため、別売のポータブルバッテリーパックが用意されています。本体内蔵のバッテリー容量はS6が2550mAh、S6 edgeが2600mAhだとのこと。


「Samsung Pay」も利用可能


お店でクレジット決済を行うときに、カードをスキャナーに通さなくても、Galaxy上のアプリを使ってNFC通信経由で決済が完了します。


「NEXT IS NOW」


Mobile World Congressの会場には実機が出展されており、ニュースサイトのThe Vergeがその感触をムービーでレポートしています。

Samsung Galaxy S6 hands-on from MWC 2015 - YouTube


こうやって見てみると、わずかに出っ張ったカメラがちょっと気になるかも……。


Samsungはスマートフォン市場でのシェア減少を食い止めるべくこの端末を用意していて、その意気込みは相当なもの。ムービーには「Samsungのいいところが帰ってきた」と応援するようなコメントも見られました。スマートフォンが売れないため日本から撤退するのではないかという見方も出ている中、Galaxy S6とGalaxy S6 edgeはSamsungの救世主となるのでしょうか。

・関連記事
なぜサムスン製品のデザインは評判が悪いのか? - GIGAZINE

Xperiaの次期フラッグシップ「Xperia Z4」のスペック情報が早くも流出 - GIGAZINE

サムスンがApple製品に真正面から挑むスマホ&タブレットの比較CMを公開 - GIGAZINE

SamsungがiPhone 6 Plusに対抗してGalaxy Note 4の耐久曲げ試験を敢行 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt