メモ

イスラム国の「聖戦士ジョン」の正体だとされる男はどんな人物なのか?


日本人2名がシリアで誘拐・殺害された事件で「イスラム国」(イスラミックステート、IS)を称する組織が公開したムービーに写っていた覆面男「聖戦士ジョン(ジハーディ・ジョン)」の正体が、ロンドンに住んでいたプログラマーの男であることをワシントン・ポストが報じました。これまではヒップホップアーティストではないかと噂されてきましたが、正体がこのプログラマーであることはイギリスやアメリカの情報機関は以前から把握していたようです。

‘Jihadi John’: Islamic State killer is identified as Londoner Mohammed Emwazi - The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/world/national-security/jihadi-john-the-islamic-state-killer-behind-the-mask-is-a-young-londoner/2015/02/25/d6dbab16-bc43-11e4-bdfa-b8e8f594e6ee_story.html

How Mohammed Emwazi became Jihadi John: 5 key takeaways - The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2015/02/26/how-mohammed-emwazi-become-jihadi-john-5-key-takeaways/



How the Washington Post unmasked Jihadi John - Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/islamic-state/11438424/How-the-Washington-Post-unmasked-Jihadi-John.html



これまで覆面の男の正体は不明で、ヒップホップアーティストのアブデル=マジェド・アブデル・バリーではないかという説が出たこともありましたが、ワシントン・ポストがその正体として名前を挙げたのはロンドン出身のプログラマー「モハメド・エンワジ」です。

これは海外特派員のアダム・ゴールドマン記者とソアド・メケネット記者が報じたもので、ゴールドマン記者はこの記事を出すはるか以前からこのことを知っていましたが、同じくエンワジがジョンであるということを把握していたイギリスやアメリカの情報機関が発表を控えるべきだと判断していたため、記事が公開できずにいたのだそうです。しかし、もうアメリカ人の人質はいなくなったものと判断されたことで、こうして情報が公開された模様です。

◆クウェート出身
エンワジはクウェート出身のロンドン西部育ちで、ときどきグリニッジにあるモスクへ礼拝に出かけていました。エンワジは「ジハーディ・ジョン」という黒覆面の男の正体であると言われているわけですが、この「ジョン」はビートルズのジョン・レノンに由来するもので、エンワジの言葉にイギリス訛りがあることからつけられた名前だとみられます。なお、エンワジの他にも600人のイギリス人が「戦い」のためにシリア入りしたそうです。

◆中流階級の教育を受けていた
エンワジは比較的裕福な家庭で育ち、「礼儀正しく穏やかな若者」として知られていたとガーディアンは伝えています。ウェストミンスター大学でコンピュータープログラミングを学び、卒業後はクウェートのコンピューター会社で働いていました。ISメンバーのバックグラウンドについては議論があるところですが、メンバーになる理由は必ずしも「貧困」とは限らないと考えられています。

キングス・カレッジ・ロンドンの上席研究員であるシラーズ・マヘル氏は、Twitterでジハーディ・ジョンが中流階級出身で十分な教育を受けている人物であることについて言及しています。

◆数年にわたってイギリスの情報機関の調査対象に
大学卒業後、エンワジは友人2人とタンザニアへの旅行を計画しましたが、2009年5月にダルエスサラームに到着したところで拘束され、国外退去処分によりオランダのアムステルダムへ送還されました。処分の理由は明かされませんでしたが、エンワジはイギリスの情報機関・MI5による妨害で、「イスラム勢力アル・シャバブとの繋がりを持つエンワジが、その勢力圏であるソマリアへ向かおうとしている」と考えたためだと人権保護団体のCageprisoners(CAGE)に主張しました。

このあともMI5はエンワジをマークしていたようで、2010年にクウェートから帰国したときも同じように拘束を受けたエンワジは、CAGEのリサーチディレクターであるアシム・クレシ氏とのやりとりの中で「仕事をしていて結婚も控えているのに、ロンドンにいる時でさえ囚人の気分だ」と心情を吐露。クレシ氏は当局によるエンワジの扱いを非難しています。

◆シリアに到着

by Jose Javier Martin Espartosa

友人らによると、2012年ごろエンワジは英語を教えるためサウジアラビアに向かいたがっていましたが、これは叶いませんでした。しかし、当局の監視をくぐり抜けて姿を消し、シリアへ到達。そこで1度だけ家族や友人と連絡を取ったことがわかっていますが、内容は不明。

次に名前が出てくるのは2013年で、イギリス訛りでしゃべる「ジョージ」という男ら2人とともに、シリアのイドリブ県にある捕虜収容施設で欧米人の監視をしていたことを元人質が証言しています。元人質によると、ジョージが3人の中のリーダー格で、ジハーディ・ジョン(エンワジ)は静かで知的な印象だったとのこと。この施設でエンワジは欧米人の人質4人に対する水責めを行いました。収容施設は2014年初頭にシリア北部のラッカへ移動。ここでもジョージら3人組が人質の監視を担当していて、IS内での地位が上がった様子だったそうです。

◆なぜモハメド・エンワジが「ジハーディ・ジョン」だと特定されたのか?
2015年2月にエンワジに関する報道が行われるまでに、彼についての情報はほとんどインターネット上にありませんでした。SNSのアカウントもなく、ようやく見つけたのは選挙人名簿の記載されている名前くらいでした。インターネットの時代に不自然なぐらいに情報がなく、これはあえての行動だと考えられます。

また、ワシントン・ポストはジハーディ・ジョンの映像を見たエンワジの親しい友人から「彼と私は兄弟のように親しかった。彼に間違いない」という証言を得ました。CAGEのクレシ氏も覆面の男のムービーを見せられた後に「エンワジがジハーディ・ジョンということはありえるか」と尋ねられると、「非常によく似ている」と答えたとのこと。

さらに、当局も人質へ聞き込みを行うとともに、音声分析を含めたあらゆる技術を駆使してジハーディ・ジョンの身元を特定していき、エンワジのこれまでの経緯と、上記のような証拠から、ワシントン・ポストは「モハメド・エンワジはジハーディ・ジョンである」と結論づけたわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「イスラム国(ISIS)」の活動拠点は一体どこにあるのかをGoogle Earthで丸裸にする方法 - GIGAZINE

「ISIS愛してる」とFacebookに投稿した女性が逮捕される - GIGAZINE

イスラム国が日本人2人の身代金2億ドルを72時間以内に支払わなければ殺害すると警告 - GIGAZINE

イスラム国が日本人1名を殺害したとする画像・動画がネット上に投稿される - GIGAZINE

イスラム国が「残された時間は24時間」として「捕虜の後藤健二から2番目で最後となるメッセージ」のムービーをネット上に公開 - GIGAZINE

イスラム国が人質交換期限を1月29日日没だとする音声メッセージを公開 - GIGAZINE

イスラム国が後藤健二さんを殺害したとする映像をYouTubeに公開 - GIGAZINE

イスラム国に拘束されていたヨルダン人パイロットが焼き殺されていたことが判明 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.