ゲーム

地図の中に隠れたウォーリーを探す「ウォーリー マピオン地図へおでかけ」


地図検索サービス「マピオン」がリニューアルしたのを機に、絵本「ウォーリーをさがせ!」のウォーリーを地図上から探し出すゲームキャンペーン「ウォーリー マピオン地図へおでかけ」を期間限定で始めました。なお、リニューアルはPC版なので、このゲームもPC以外のデバイスでは遊べません。

ウォーリーマピオン地図へおでかけ
http://www.mapion.co.jp/special-w/

サイトにアクセスすると、ウォーリーから手紙が届いています。マピオンの地図がリニューアルしたのでお出かけしてきたから探してくれ、というもの。

TM & ©Classic Media Distribution Limited.

たとえばステージ1だとウォーリーと巻物が地図上に隠れているので、両方探し出すことに成功すれば次のステージに進むことができます。


絵本と同様に、地図上にはウォーリーとそっくりな格好をした「ザ ウォーリーウォッチャーズ」たちがいます。制限時間があるので、だまされないように注意。


目標物をすべて見つければクリア。難度はじわじわ上がっていきます。


ちなみに、ウォーリーが旅したこのマピオンの地図は、細かい更新や改善は行われてきましたが、大規模リニューアルは2009年以来。

まず、Webメルカトルを採用し、測地系を世界測地系(WGS84)に変更したことで、これまでは10段階だったズームレベルが14段階に増え、中間部分や最詳細の地図面が増加しました。また、この変更によって近年のWEB地図の国際標準を取り入れることになったので、外部連携や外部ライブラリの活用も視野に入れつつ、サービス改善につなげていく予定だとのこと。

もう1点は地図デザインの改善。配色や情報量はそのままに、建物の色彩情報や地図アイコンの変更、交差点・一方通行などの表記の色やデザインを変更することで、重要な情報がより見やすくなりました。

「ウォーリー マピオン地図へおでかけ」キャンペーンは3月31日(火)13時ごろまで実施されます。

・関連記事
仁義なきウォーリーのコスプレ戦争、雨の中3657人のウォーリーが本気で集結 - GIGAZINE

ウォーリーが探しきれないほど集まって世界記録に - GIGAZINE

江戸開府以前から昭和後期までの貴重な古地図をブラウザで見まくることが可能な「ゼンリンバーチャルミュージアム」 - GIGAZINE

ウクライナのクリミア半島が編入されたロシアで販売されている最新版の地図 - GIGAZINE

地図サービスの王Googleマップをじわじわと追いかけるOpenStreetMap - GIGAZINE

なぜ地図は「北」を上にして描かれるのか? - GIGAZINE

地図にしかない町「著作権トラップ」は本当に存在するのか - GIGAZINE

存在しない架空の町がいつのまにか実在、そして再び消え去っていたことが明らかに - GIGAZINE

特定地点の最新気象状況を調べられるアプリ「マピオン超ピンポイント天気」 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   ゲーム, Posted by logc_nt