乗り物

Appleによる「自動運転カー」自社開発計画「タイタン」のウワサまとめ


2015年2月ごろから「Appleが自社で自動車を開発している」というウワサがシリコンバレー周辺の動きをもとにささやかれるようになりましたが、複数のメディアが報じている内容を集めるとその流れはどうやら確実なものとなっているようです。

Apple’s Titan Car Project to Challenge Tesla - WSJ
http://www.wsj.com/articles/apples-titan-car-project-to-challenge-tesla-1423868072

Apple is working on an electric car, Wall Street Journal reports | The Verge
http://www.theverge.com/2015/2/13/8037083/apple-is-working-on-an-electric-car-wall-street-journal-reports

ウォール・ストリート・ジャーナルが2月13日に報じたところによると、Appleは「プロジェクト・タイタン(Project Titan)」と呼ばれる開発プロジェクトで電気自動車の自社開発を進めているとのこと。このプロジェクトはおよそ1年前にAppleのティム・クックCEOがゴーサインを出したもので、およそ1000名規模の従業員がかかわるプロジェクトになっていると報じられています。

このプロジェクトは、元フォードのエンジニアでこれまでにiPhoneなどの開発に携わってきたスティーブ・ザデスキー氏によって率いられており、ここ数か月の間には、Appleの従業員が過去にメルセデスやBMWといったメーカーの車両を製作していた企業「マグナ・シュタイアー(Magna Steyr)」を訪問していたことがわかっています。

Appleが自動車の開発を進める理由は明確にはされていませんが、The Vergeはその理由について「これまでAppleを爆発的に成長させてきたコンシューマーエレクトロニクス分野の大成功は、新たな分野への参入を続けないと維持できないと考えているためだろう」としています。

事の発端といえるのは、2015年2月上旬に報じられたAppleが関連する車両でした。

Appleがカメラ満載の車両をテスト中、自動運転カーの開発か? - GIGAZINE


この車両はAppleによってリースされたもので、屋根には複数のカメラやレーダーらしき装置が取り付けられています。その姿がGoogleの開発する自動運転カーとよく似ていることから、Appleが自社で何らかの車両を開発していることが推測されていました。

その動きを裏付けるように、The Mac ObserverはAppleが新鋭電気自動車(EV)メーカーのTeslaからエンジニアを引き抜いていることを報じています。

Apple Is Working on a Car - The Mac Observer
http://www.macobserver.com/tmo/article/apple-is-working-on-a-car

The Mac ObserverのBryan Chaffin記者は、独自の取材ソースからの情報をもとにAppleがTeslaのエンジニアを引き抜いていることを2月10日の時点で報じています。Appleでは移籍を決めたスタッフに対して25万ドル(約3000万円)ともいわれる移籍金と60%の給料アップを提示していることも伝えられています。

Appleから優秀な人材がイーロン・マスク率いるテスラへ流出しまくり - GIGAZINE


これまでAppleでは車載用iOSともいえる「CarPlay」を発表していた事がありましたが、Chaffin記者はさまざまなソースからの情報を総合した上で、Appleが自動車そのものを開発していることは「ほぼ100%だ」としています。

「iOS 8.3」でCarPlayワイヤレス接続・Google2段階認証・新絵文字が追加、さらに「iOS 9」の内容も - GIGAZINE


さらにロイターは業界筋からの情報として、Appleが開発を進めるのは単なるEVではなく、自動運転カーであるという予測を報道しています。

Apple studies self-driving car, auto industry source says | Reuters
http://uk.reuters.com/article/2015/02/14/uk-apple-autos-idUKKBN0LI0IN20150214


匿名を条件に自動車業界に詳しい人物は「自動車メーカーは今後、ネットに接続されて部分的な自動運転を可能にした車両を登場させて自動運転カーの市場を作ることになるでしょう。Appleは自動車を進化させるあらゆる手法について関心を抱いており、その中には自動運転技術も含まれています」と語ったとのこと。Appleのスポークスマンは「噂や臆測に関してはコメントしない」としてコメントを拒否しています。

現時点ではAppleと自動車技術の間に明確な関連があることを認識することは容易ではありませんが、これは2007年の時点で「Appleに携帯電話が作れるのか?」と多くの人が考えていたこととよく似た状況といえるのかもしれません。現時点でスマートフォン業界を支配しているような「Google対Apple」の構図が自動運転カーの世界でも形づくられるのか、そしてTeslaのような別の勢力が台頭あるいは主導権を握ることになるのか、めまぐるしく進化を続ける業界の動きに関心が集まりそうです。

・関連記事
Appleがカメラ満載の車両をテスト中、自動運転カーの開発か? - GIGAZINE

自動運転カーが走り出すと交通渋滞が劇的に悪化する - GIGAZINE

Googleが独自のタクシー配車サービスを開始か、Uberもこれに対抗へ - GIGAZINE

Googleの自動運転カーに試乗してわかった6つのこと - GIGAZINE

Googleの自動運転カーは速度制限をオーバーする能力も備える見込み - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物, Posted by logx_tm