尻尾までかわいい黒ねこ型ロールケーキを「シャ・ノワール」で食べてきました


お店の外観や販売されているお菓子など、何から何まで黒猫押しのケーキ屋さんが「シャ・ノワール」です。シャ・ノワールでは催事限定で「黒ねこロール」という黒猫を模したケーキが販売されていたのですが、Twitterで人気となり、ついに全店で販売されることになったので、実際にお店に行って食べてきました。

Chat noir/シャ・ノワール 手作りケーキと焼き菓子のお店【株式会社ドルチェ】
http://chat-noir.net/

シャ・ノワール香里園店に到着。お店の横には猫の看板が掲げられています。


お店の屋根にも黒猫。


入り口の前にも黒猫と、外観からして黒猫まみれ。


店内はこんな感じです。


ショーケースにはケーキがズラリと並べられていますが……


その中には黒猫を模したケーキが。お店全体が黒猫押しになっていました。


シャ・ノワール香里園店はカフェを併設しているので、カウンターでケーキを注文したらカフェスペースへ。


テーブルやイスは白で統一されています。ドリンクはテーブルで注文する方式です。


今回は黒猫を模したロールケーキ「黒ねこロール(税込540円)」と店名が冠された「シャ・ノワール(税込410円)」を注文しました。


黒猫ロールは竹炭のロールケーキにチョコで黒猫の顔がつけられています。


顔はこんな感じ。


おしりや尻尾までついていてキュートです。


おまけに生チョコがついていました。


黒猫ロールとシャ・ノワールの大きさはiPhone 5と比較してこのくらい。


ロールケーキとチョコレートは中に入ったチョコ生クリームでくっついています。


ロールケーキはビニールで包まれており、「どこから剥がすんだろう?」と思っていると、体の下部分に継ぎ目がありました。ということでいったん黒猫の顔をはずしてビニールを剥がします。


ビニールを剥がすとフワフワの生地にたっぷりのチョコ生クリームが包まれていました。


もう一度、顔をつけて……


ぐさりとフォークを刺して頂きます。


食べてみると、ロールケーキの生地は普通のスポンジよりも圧倒的にフワフワでしっとり。生地は竹炭が入ったシフォン生地になっており、ミネラルが豊富に含まれているそうですが、特に竹炭っぽさは感じません。中に入っているチョコ生クリームもなめらかで、クリーム・生地ともに割と甘めですが、甘い物好きならばどんどんいけてしまいます。ケーキにしてはやや大きめサイズなので、女性ならば1個ケーキを食べるだけで十分満足感が得られました。


おしりもモグモグ。


シャ・ノワールは全体をチョコでコーティングされたケーキなのですが、このチョコが非常に柔らかいので、手がちょっと猫に触れるだけでチョコが剥がれてしまうほど。


しっぽもアリ。


食べるのがもったいないくらいにかわいいのですが、いつまでも眺めているわけにもいかないので、ぐさーっ。


中はチョコムースのようなフワフワした軽い仕上がりになっており、非常になめらか。かまずとも口の中でとろけていくタイプで、 中のチョコムースも外側のコーティングもやや甘めになっているため、チョコ好きなら満足すること間違いない1品です。


最後に生チョコもいただき、バレンタインの時期ならではのチョコ三昧が楽しめました。


なお、黒ねこロールはシャ・ノワール全店で販売されているとのことですが、販売時期は店舗によって異なるそうなので、事前確認を行うのがベター。数に限りがあり、人気のケーキとなっているので、食べたい人はお店に予約しておくのが確実です。

・関連記事
猫の日に猫と一緒にいる喜びがかみしめられる肉球&猫形のマシュマロ「CafeCat」を食べてみました - GIGAZINE

ふわふわプニプニの肉球を頬張れる「ねこのて」パンを食べてみた - GIGAZINE

「ネコは液体である」ということの証拠写真15枚 - GIGAZINE

ハローキティはネコにあらず - GIGAZINE

島民15人とネコが100匹以上暮らす島「青島」で大量のネコと戯れてきました - GIGAZINE

510

in 試食, Posted by logq_fa