蹴られてもめげない小型四足歩行ロボット「Spot」をボストン・ダイナミクスが公開


ボストン・ダイナミクスは不気味な動き方が特徴的な四足歩行ロボット「ビッグドッグ」などを制作してきました。新たに小型の高性能四足歩行ロボット「Spot」が完成となり、てくてく歩いたり、蹴られても倒れない様子がムービーに収められています。

Introducing Spot - YouTube


ボストン・ダイナミクスの本社玄関でしょうか、4体のロボットが展示されています。


と思ったら左端のロボットが歩き始めました。これが新しく開発された小型四足歩行ロボットの「Spot」。


オフィスをてくてくと歩いて行きます。さすがロボットを扱う会社だけあり、従業員はロボットが隣を歩いても気にしていません。


モーター音が鳴っているため「多少は気にならないのかな?」と思っていると……


突如として男性がオフィスから飛び出してきてSpotに蹴りを入れました。


ところが、倒れるどころか傾きすらしない高性能っぷりを見せつけるSpot。そのまま歩いて行きました。


場面が外に切り替わり、またしても思いっきり蹴り飛ばされるSpot。


さすがにぐらりと傾いてしまいますが……


わたわたと4脚を使ってバランスをとっています。なんというか、かなり犬っぽい感じ。


何事もなかったかのように元通りに立つSpot。これまでの四足歩行ロボットに比べると、動きの気味悪さが少なくなっているのですが、そのせいか蹴られるシーンを見るとかわいそうな気分に。


坂道の上り下りもスイスイとこなします。


木の枝やゴツゴツした石が散乱する山肌でも、問題なく登っていくことができます。


小型なので狭い木と木の間をすり抜けることも可能。


階段を上っていくところ。たまに足を踏み外すのですが、バランスは崩すことなく上っていくのが驚き。


トナカイのツノを着けて走るSpot。鈴も取り付けられているようで、りんりんと鈴の音が聞こえて楽しそうに見えます。


2台での走行テストでは途中で衝突してしまいましたが、どちらも倒れることはありません。


足並みはコピーしたかのように完全に一致。


初期に作られた大型四足ロボットと坂道で競争すると……


上り坂で減速してしまう大型ロボットに対して、Spotの速度は変わらずに圧勝でした。


なお、このビデオの制作にあたって、ロボットが壊れたり、損傷したりすることはなかったそうです。

・関連記事
驚異のバランス感覚、絶対に転ばない犬型ロボット - GIGAZINE

Googleの不気味な四足歩行ロボット「ビッグドッグ」が登場する映画「Young Ones」予告編 - GIGAZINE

MIT開発のチーター型ロボットは完全に自立走行可能で、障害物を飛び越えることも可能 - GIGAZINE

Googleが歩行ロボットメーカーのボストン・ダイナミクスを買収 - GIGAZINE

荒ぶる鷹のポーズ・鶴の構えで脅威のバランス感覚を見せつけるGoogleのロボット「Atlas KarateKid」 - GIGAZINE

優勝賞金2億円以上のロボットコンテストのベースロボ「ATLAS」をDARPAが公開、75%のパーツが新設計という進化が明らかに - GIGAZINE

183

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log