試食

サイフォン、スモークマシン、遠心分離器などの様々な機材を使って作るお酒が飲める池袋の「Bar LIBRE」に行ってきました


バーといえばバーテンダーがシェイカーを振り、美味しいお酒が飲めるロマンあふれる空間ですが、味や演出にこだわるあまりバーではまず使わない機械をそろえまくったバーが池袋にある「Bar LIBRE」です。今回様々な機械を動く様子を見せてくれるとのことで、お店に行って様々な技術を使ったお酒を飲んでみました。

池袋のオーセンティックバー【Bar LIBRE】
http://bar-libre.jp/

PIN FRITO and WINE BARON | 日本初のピンフリート専門店 ピンフリートアンドワイン バロン 池袋
http://bar-baron.jp/

Bar LIBREは「東京都豊島区西池袋3丁目25−8相馬屋ビルB1F」にあり、池袋駅から歩いて5分ほどの場所にあります。


Bar LIBREに到着。


紫色っぽい看板が目印です。


地下に下り、お店に向かいます。


店内はカウンター席とテーブル席があり、ジャズが流れていました。


技術にこだわるだけではなく、お酒の本数も生半可ではない量が置かれています。


まずは変わった味のカクテルを注文したところ、パイの実を使い、遠心分離器と液体窒素を使いカクテルを作ってくれるとのこと。


パイの実を容器に移し……


アルコールも投入。


機械を使いミキシングします。


その後容器にミキシングし終えた液体を入れ……


フタをして……


遠心分離器に7分ほどかけます。


遠心分離器が動いている様子は以下のムービーから確認できます。

Bar LIBREの遠心分離器が回る様子 - YouTube


7分間遠心分離器に液体をかけると、上から色素・液体・繊維に分離します。


上から見るとこんな感じ。


これらの液体を、さらに濾過します。


パイの実・牛乳・アルコールからできた純粋な液体が完成しました。


さらに液体窒素を用意。


パイの実などから作った液体に液体窒素を混ぜ、数回かき混ぜます。


完成形はこんな感じ。今回やや液体窒素が少なかったものの、水分がカクテルに入らないため水で薄まらずお酒を飲むことができます。


同じようにイチゴをミキシングし、遠心分離器にかけたものがこれ。


上の部分には色素が残っています。


今回はいちごの甘味を生かすために、液体窒素を入れずにカクテルを仕上げてくれました。


完成系はこんな感じ。クラッシュしたいちごのつぶつぶ感じはないものの、イチゴのエキスだけ取り出されており独特の味と香りがしました。


続いてはこのお店のオリジナルスモークカクテル「スモーキーラムマティーニ」を作ってもらいます。


マティーニにはコーヒー豆が入っており、エキスがしみ出しています。


まずはコーヒー豆をポットの上に置き……


アルコールも上からかけます。


さらに火で直接コーヒー豆をあぶり、香ばしさをプラス。


次に、スモークマシンに桜の木のチップをセット。


チップを入れた所を炎であぶると……


煙が勢いよく出てきました。液体と煙をポットの中で合わせ……


煙の香りがカクテルについたら完成。


スモーキングカクテルを作る様子は以下のムービーから確認できます。

スモークカクテルを作る様子 - YouTube


提供の直前に火を入れたり燻製をかけているので、香りの良さが段違い。コーヒーの味だけでなく、アルコールとのバランスも良くとれていました。


続いてはバーなどでは定番のアイリッシュコーヒーを作ってもらいました。


アイリッシュコーヒーを作る様子は以下のムービーから確認できます。

アイリッシュウイスキーを作る様子 - YouTube


クリームを上に浮かべれば完成。


燻製の入ったマティーニとは違うものの、ウイスキーの味が砂糖やコーヒーと良くマッチしていました。


続いてはサイフォンで入れるホットワイン。


まずはビーカーにワインを入れ……


下のアルコールランプに火をつけます。


上のロートの部分には果物・砂糖・スパイスをセット。


時間がたつと、ワインがロートに上ってきました。


サイフォンでホットワインを作る様子は以下のムービーから確認できます。

サイフォンでホットワインを作る様子 - YouTube


火を落としたら完成。少しやり過ぎな気もしますが、直前にワインとフルーツを合わせているので、香りが良く出ていました。


近所にある2号店のバロンにも行ってみました。


お店はスペインの串揚げ「ピンフリート」の専門店で、細かい衣が油を吸いすぎず、素材の旨味も逃さない画期的な技法で日本初のお店とのこと。


揚げ油が素材の表面に浮いているように見えますが、これは肉の中の油。実際食べてみると、揚げ物のような油っこさはあまりなく、素材の旨味がしっかりと串揚げの中につまっていました。


こちらのお店では、シェリーを注文すると「ベネンシア」という特殊なシェリーのつぎ方を見ることができます。今回はバーテンダーの川久保さんが世界大会に出品したジントニックをベネンシアを使って作ってくれました。


この機械はCORAVIN SYSTEMというワインを開栓しないで抽出できる魔法のような機械。現時点でこの機械を導入しているお店は日本ではほとんどないそうです。


Bar LIBREは18時~翌2時までの営業で年中無休。演出だけではなく味にもこだわったバーになっているので、デートなどにも良さそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
500円のチャージとドリンク注文で2時間駄菓子が食べ放題の「駄菓子バー」に行ってきました - GIGAZINE

おいしく酒が飲めるのか疑問に感じる肛門バー - GIGAZINE

Apple社員が「未発表のiPhone」をまたしてもバーで紛失したと報じられる - GIGAZINE

サイフォンで鰹だしを取るラーメン店魚雷で「本枯中華そば」を食べてきた - GIGAZINE

串かつ食べ放題1Dayパスで100本の串かつに挑戦してきました - GIGAZINE

in 試食,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.