見方によっては「アレ」や「コレ」に見えてしまう世界のロゴデザイン16選


人間の想像力を応用したよく見ると感心させられるクリエイティブなポスターが作られていますが、そんな意図がないにもかかわらず、「別の何か」に見えてしまうという「世界のロゴデザイン16選」が楽しめるムービーが公開されています。

16 Creepy Logo Designs - YouTube


◆01:Instituto de Estudos Orientais(東洋学研究所)
ポルトガルのカトリック系大学の東洋学研究所のシンボル。太陽+建物という図柄なのですが、何かが何かに突き刺さっているようにしか見えません。


◆02:1973年のカトリック教会青少年委員会
司教様は一体何をしているのでしょうか?


◆03:A-STYLE
何のロゴかは不明ですが、アルファベットのAに○が2つついたデザインで、「これは間違いなくAスタイル」というBuzzFeedのコメント付き。


◆04:薬局くだわら
「患者さま第一主義」をスローガンに掲げる日本の薬局。こちらも、もしかすると「Aスタイル」かも。


◆05:Mont-Sat
ポーランドの衛星放送企業のロゴは、機械の世界に警察がいれば逮捕案件なデザイン。


◆06:Dodge of Burnsville
車のディーラーのロゴは頭文字の「d」と「b」を組み合わせたもの。人間の骨盤あたりに似ていなくもありません。


◆07:ダンス教室
男女が踊る様子をロゴ化していますが、じっと見つめていると「違うもの」に見えてきてしまう視覚効果を組み合わせたデザイン。


◆08:The Computer Doctors
PCの修理会社であることがわかるように、社名の一部である「u」をマウスに変えたわけですが……。


◆09:お子様用両替所
「KIDSEXCHANGE」のネオンにはスペースが入っていないため、もしかすると「KID SEX CHANGE(お子様用性別転換所)」という謎の施設である可能性も否定できません。


◆10:スペインの歯医者
横から見た診察中の医者と患者をロゴ化したものですが、BuzzFeedは「No gracias(結構です)」とコメント。


◆11:MEGAFLICKS
どこからどう見ても英語の放送禁止用語が使われていますが、怪しいお店ではないので要注意。


◆12:CAT WEAR
メーン州にあるネコ用の衣類店。ネコもまさか、そんなところを「Aの穴」に使われるとは思っていなかった様子。


◆13:ISLAMIC UNDERSTANDING INSTITUTE
イスラム教の理解を深める機関のロゴ。モスクの先端が2つ並ぶことで、不思議な視覚的効果を生み出しています。


◆14:OGC(イギリス商務局)
単に「O」「G」「C」の3文字が並んでいるだけのシンプルなロゴですが……


縦にすると、「自分を慰めている」ように見えるかも。


◆15:Excellencico
「bursting with solutions(あふれんばかりのソリューションを)」というサブタイトルがついていますが、ソンブレロの先端を見間違えると大変なソリューションがあふれていることに。


◆16:mama's baking(ママのパン教室)
「ママ」と「パン焼き釜」のイラストを合体させたのでしょうか。BuzzFeedの「ママは医者に行く必要がある」というコメント通り、パンを焼いている場合ではありません。

・関連記事
よく見ると感心させられる遊び心にあふれた世界の秀逸なポスター24枚 - GIGAZINE

まるで本物のような立体感でポテチの袋を描いていくムービー - GIGAZINE

写真と見分けがつかない狼の絵を独学で描く女性アーティスト - GIGAZINE

本物のスイーツのようにデコレートされた生肉の写真集「SWEET MEAT」 - GIGAZINE

一見メルヘンだがよく見ると意味深なスノーグローブのアート - GIGAZINE

絶望して首を吊っているかのように見えるバナナ - GIGAZINE

知らないとミニチュアと間違えてしまう事間違いなしのすごい写真いろいろ - GIGAZINE

イギリス商務局(OGC)の新ロゴが「自分を慰めている」ように見える - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by darkhorse_log