ウェブアプリ

Tカードが個人情報を提供する企業を通知してくれる「Tカード個人情報提供先新着bot」

By Karl Baron

2014年11月1日から、Tポイントサービスを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)はT会員規約の改定を発表し、個人情報が自動的に提携企業に提供されてしまう「第三者提供」を開始しました。手動で「個人情報提供の停止手続き」を行うことで個人情報が勝手に引き渡されることはなくなりますが、手続き後も随時増えていく新規提携企業には自動的に個人情報が提供されてしまいます。そこで追加企業を監視してチェックできるTwitterアカウント「Tカード個人情報提供先新着bot」が登場しました。

Tカード個人情報提供先新着bot(@ccc_privacy_bot)さん | Twitter
https://twitter.com/ccc_privacy_bot


新規で追加された提携企業は、CCCのウェブサイト上にある「個人情報提供の停止 対象企業一覧(PDFファイル)」に追加されていきます。CCCからはPDFファイルの更新時や提携企業の追加時に通知が来ることはないため、個人情報の流出を防ぐには毎日PDFファイルを確認して停止手続きを行わなければいけない、ということ。

ありえないほど面倒な作業を強いられるわけですが、「Tカード個人情報提供先新着bot」をフォローしていれば、PDFファイルの更新を、逐一ツイートで知らせてくれるわけです。

開発者の@sue445さんによると、具体的には「30分に1回、提供先企業一覧のPDFをダウンロードできるページ(http://qa.tsite.jp/faq/show/2512)にいく」→「PDFをダウンロードして提供先企業一覧を取得」→「新着があればボットでつぶやく」という作業を繰り返しているとのことです。オプトアウト作業は手動で行う必要がありますが、とりあえずフォローしておけばムダな労力を割かずに済みます。

Tカード個人情報提供先新着botを作りました - くりにっき
http://sue445.hatenablog.com/entry/2014/11/19/000836

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Tポイントカードを持っていないことを知らせる「Tポイントお断りマーク」 - GIGAZINE

店員の機先を制して買い物を円滑にする「Tポイントもってないよカード」誕生 - GIGAZINE

「初音ミク×Tカード」公式サイトが503エラーで撃沈 - GIGAZINE

流出したパスワードや個人情報をハッカーたちが1件約4300円で販売開始 - GIGAZINE

楽天市場から個人情報がスパム業者に流出か、実名の記載された迷惑メールが楽天でしか使っていないメールアドレスに届き始める - GIGAZINE

こどもちゃれんじ・進研ゼミなどの個人情報が最大約2070万件も漏えいしたことが判明、ベネッセがお詫び - GIGAZINE

KDDI「au one ショッピングモール」全サービス停止、個人情報流出の可能性あり - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.