ムービー

ドリフトしまくりで街を走りまくるケン・ブロックの新作ジムカーナムービー公開


ハイパワーなラリーカーで強烈なタイヤスモークを残しながら市街地を爆走するムービーシリーズ「Ken Block's Gymkhana」の新作が公開されました。今回のムービーでは、カリカリにカスタマイズされた1965年型フォード・マスタングを駆ってロサンゼルスの市街地をドリフトしまくっています。

[HOONIGAN] KEN BLOCK'S GYMKHANA SEVEN: WILD IN THE STREETS OF LOS ANGELES


ケン・ブロックはWRCなどで活躍しているラリードライバー。YouTubeに「Gymkhana(ジムカーナ)」と題してそのテクニックを余さず収めたムービーシリーズを公開し、人気を博しています。今回はこれまでのシリーズとはちょっと違う、ダークな色調のレーシングスーツに身を包んでいます。


フォード・マスタング伝統のエンブレムがつけられていますが……


ボンネット上には巨大なエア・インテーク


今回のマシンは、1965年製マスタングをベースに作られたカスタムマシン。ただならぬ威圧感を放っています。


マシン後部にワイヤーがつながった状態で……


フルスロットル!タイヤを温めるバーンアウトですが、ここで注目は4つのタイヤ全てからあがる白煙。


本来のマスタングは後輪駆動ですが、このマシンはラリー仕様の4輪駆動にカスタマイズされています。


激しくタイヤスモークを上げながら猛然とダッシュ


今回の舞台は、アメリカ・ロサンゼルスの市街地


ケン・ブロックらしく、深いドリフトアングルでコーナーをクリア。というか、普通はこんなことできません。


ケン・ブロックのジムカーナ名物、「8の字ターン」が早々に登場。フロントノーズで「ちょん」と障害物に触れる絶妙のコントロールが見事。


直線ドリフトから……


「えいや」とばかりに左の超鋭角ターンもクリア。


前方にパトカーを発見!


華麗な270度ターンで見事に回避。


そのまま水路へ突入。


片輪を水に落とす絶妙のコントロール


ドーナツ店にやってきたと思ったら……


ドーナツターンを披露。ドーナツ店でドーナツターンとは、これいかに。


チャイナタウンに突入


この狭いエリアでもドーナツターン。見事というほかありません。


前輪をバッコンバッコンとホッピングさせるローライダーが出現。


なんと前輪があがっている間にその下を通過


普通の人なら、ここで踏みつぶされて終了のパターン


そして最後はロサンゼルスの山をヒルクライム。派手なドリフトだけでなく、きちんと早いヒルクライムができるのもケン・ブロックのすごいところ。


ロサンゼルスの街を舞台に繰り広げられたケン・ブロックの新作ムービー「GYMKHANA SEVEN」でした。


ケン・ブロック氏のブランド「HOONIGAN」のスペシャルサイトでは、これ以外にもさまざまなムービーなどが公開中。

Hoonigan Racing
http://www.hooniganracing.com/


今回のムービーで登場したニューマシン「HOONICORN RTR」の詳細なスペックも公開されていたので、ファンは必見です。

HOONICORN_RTR - HOONICORN_RTR.pdf
(PDFファイル)https://webcube-general.s3.amazonaws.com/hoonigan/media/mediaupload/14/11/13/HOONICORN_RTR.pdf

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界初の「自動でドリフトできる車」をBMWが開発してCESにて公開中 - GIGAZINE

頭の動きで運転でき体が不自由でもドライブ可能なレーシングカー「SAM」 - GIGAZINE

新型アウディRS6アバントとパルクールの名手が対決する「THE DUEL Man vs Machine」 - GIGAZINE

余裕はわずか26cm、縦列駐車の車間の狭さ世界記録更新ムービー - GIGAZINE

片輪走行での「サウジ流タイヤ交換」は自分でも試そうと思わない方がベター - GIGAZINE

ハチロクが秋名を攻める「新劇場版 頭文字D Legend1-覚醒-」場面写真をWEB初公開 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.