試食

おさわりOKな「横浜亜熱帯茶館」で中国茶を満喫しつつ自由すぎるハ虫類たちと触れ合ってきました


ハ虫類を動物園で見ることはあっても、飼っていない限りなかなか触る機会はないもの。ねこカフェ・うさぎカフェ・ふくろうカフェなど、動物たちとの触れ合いをコンセプトにしたカフェはいろいろありますが、全国でも珍しいのがリクガメやトカゲなどハ虫類たちを眺めるだけでなく触れ合えるカフェ「横浜亜熱帯茶館」です。どんなところだろう?と思って行ってみたところ、モフモフ感はないものの自由すぎるハ虫類たちの姿を見て触って非常に癒される場所になっていました。

横浜亜熱帯茶館 Top
http://www.reptilescafe.net/yokohama/heng_bang_ya_re_dai_cha_guan_Top.html

横浜亜熱帯茶館の住所は神奈川県横浜市中区長者町8-133 冨森商事 2F。


京浜急行線日ノ出町駅から徒歩5分ほどで冨森商事に到着。


階段を上って2階に看板を発見しました。


これが入り口。


お店の中はこんな感じです。


入店すぐにハ虫類と戯れたいところですが、まずは着席と注文を促されます。


これがメニュー。食べ物にはカップケーキやクッキーなど軽食があり、飲み物は中国茶のメニューが豊富でした。今回はクッキーと桂花緑茶というキンモクセイが使われたお茶を注文。


メニューと一緒に利用の手引きも受け取ります。席料やチャージ料はなくワンドリンク制で、全席禁煙、写真撮影は可能ですが、フラッシュは使えません。


注文を終えて周囲をきょろきょろしていると、窓辺にトカゲの置物を発見。よくできているなあと眺めていると……


動きました。こちらはフトアゴヒゲトカゲです。


お店の中には区分されたスペースがあり、そこでハ虫類たちと触れ合えるようになっていました。注文した食べ物がやってくるまでの間、さっそくハ虫類たちと触れ合ってみます。


入り口にアルコールが置いてあるので、スペースに入る時と出る時には消毒を行う必要があります。


中に入ると、さっそくカメの密集地帯を発見。


基本的にハ虫類たちは人間に無関心で、猫カフェの猫よりもずっとクールな印象です。


時々交流をはかっているように見える瞬間もありました。


自由に生きるカメたちの様子は以下から。

は虫類カフェ「横浜亜熱帯茶館」で自由に動くカメさんたち - YouTube


見ていると、大きなカメはひたすらムシャムシャごはんを食べており、小さなカメになるほどちょこまか動いている様子。持ち上げは禁止ですが、おさわりOKなので食事中のケヅメリクガメをナデナデしてみます。


いかついフォルムの足は硬いのかと思いきや、予想以上に皮っぽい感触がありました。


小さいヒョウモンガメはやや大きめのヒョウモンガメについて回ったり進路を邪魔したりと構ってもらいたそうで、仲良しな姿は見ているだけで癒されます。


カメは物語の中で怠け者として登場しますが、むちゃくちゃアグレッシブに動いていました。


一方、のんびりしていたのは、トカゲのエリア。


水槽の中でじっとしているものもいれば……


木の上でじっとしているものもいました。


目を閉じてお休み中のところをそっとなでることができます。


そうこうしているうちに注文していた桂花緑茶とクッキーが到着。アルコール消毒をすませて席にもどります。なお、トイレには水道もあるので気になる人はしっかり手を洗うことも可能です。


米粉で作られたハ虫類型のクッキーと……


桂花緑茶。お湯の中で花がゆっくり開くお茶で、見ていても楽しい上に、キンモクセイのものすごくいい匂いも堪能できる工芸茶です。


実際に飲むときは茶葉を引き揚げてから。1つの茶葉で6杯ほどお茶が飲めるとのことで、おかわり用のお湯が入ったポットも一緒に届けられます。


おさわりできるエリアだけではなく、店内のいたるところに水槽が設置してあり、のんびり暮らすハ虫類たちの様子を見ることができます。それぞれのハ虫類たちの居場所は図示されているので分かりやすいです。


窓の横にある水槽の中にはニシキカタトカゲ。


別の水槽には……


ギアナカイマントカゲ


タイガーサラマンダーもいました。


別の場所には複数のケージが1つになった巨大なケージ。


すごくふくよかなアルゼンチンレッドテグー


さらにもう1つ大きなケージにはグリーンイグアナ


グリーンイグアナのものすごくアクロバティックな食事風景がこちら。


横浜亜熱帯茶館はハ虫類や両生類と中国茶が好きな店長さんが作ったカフェ。客層は若い女性が多く、休日に訪れたところ、自由に動き回るカメやトカゲ・イグアナたちを眺めつつおしゃべりをしたり、実際に交流したりしつつマッタリ過ごしている人がたくさんいました。なお、お店は火曜・水曜が定休日で、営業時間は11時から21時までですが、お店に行った時は放し飼いエリアが17時で終了していたので、実際にカメやトカゲと触れ合いたい人は早めに訪れましょう。

・関連記事
うさぎと触れあえる下北沢の「うさぎカフェ おひさま」に行ってきました - GIGAZINE

心ゆくまでフクロウと触れあえる「フクロウのみせ大阪店」に行ってきました - GIGAZINE

黒猫だらけの空間でまったりしたり猫と遊んだりできる黒猫専門カフェ「cat cafe ねこびやか -黒猫cm-」に行ってきました - GIGAZINE

島民15人とネコが100匹以上暮らす島「青島」で大量のネコと戯れてきました - GIGAZINE

ネコ好きを世界中で増やして爆速拡散していったおそるべき23匹のネコ - GIGAZINE

in 試食,   動画, Posted by logq_fa