サイエンス

土星の第6衛星タイタンに謎の「進化」が見られたことを探査機カッシーニが記録

by Gray Lensman QX!

NASAとESAによって開発された土星探査機カッシーニが、土星の第6衛星タイタンにある海で巨大な何かが出現し変化し続けている様子を観測しました。

Cassini Watches Mysterious Feature Evolve in Titan Sea | NASA
http://www.nasa.gov/jpl/cassini/cassini-watches-mysterious-feature-evolve-in-titan-sea/#.VCs2NzmAZ0p

これが記録された写真。2007年4月26日には何も写っていませんが、2013年7月10日になるとタイタンにある炭化水素の海に白っぽいものが写ります。この「何か」は260平方キロメートルほどの大きさがあったのですが、数カ月後に姿を消したため科学者らは困惑。「過渡現象ではないか」という声もあがりましたが、2014年8月21日に撮影された写真では再び姿を現し、しかも以前とは別の形だったとのこと。正体不明の「進化」が起こっているわけです。


科学者らはこの「何か」がデータの欠陥など人工的に引き起こされたものではないと確信しており、また炭化水素の海が蒸発したわけでもないと考えています。現在のところ最も可能性が高いのは「季節の変化によって現象が引き起こされたのではないか」という可能性で、チームは一体この現象が何なのかを突き止めるべく調査を行っています。

カッシーニのレーダーチームのStephen Wall氏は「科学には謎がつきものであり、この不可思議な現象はタイタンにおいて現在進行形で起こっているワクワクする例の1つだと言えます。これからも変化を観察し続け、宇宙にある『海』で何が起こっているのかを明かにしたいです」と語りました。


なお、これまでにカッシーニは土星の巨大な渦の「目」を観察しており、2014年8月にNASAは宇宙のスケールの大きさを実感する写真を公開しています。

The Eye of Saturn | NASA
http://www.nasa.gov/jpl/cassini/pia18273/



カラーで見るとこんな感じです。


さらに近寄ってみると、秒速150mのスピードで回転する直径2000kmほどの「目」がハッキリと分かります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
地球外知的生命体に解読されるのを待ちながら宇宙を漂う「ボイジャーのゴールデンレコード」の内容を確認できる「Voyager Golden Record」 - GIGAZINE

銀河をグリグリ動かして宇宙を感じることができる「100,000 Stars」 - GIGAZINE

宇宙の存在は別の「パラレル宇宙」からのホログラムであるという研究結果が発表されています - GIGAZINE

無人惑星探査機ボイジャーに搭載された宇宙人向けの音や画像 - GIGAZINE

我々の知っている宇宙の姿を見ることができる超美麗ムービー「The Known Universe」 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.